スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タヒチの安宿、そして素晴らしい面々@タヒチ島(day105-107)

※7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月21日-23日(day105-107)


タヒチ島のあまりの居心地の良さに、他の島には行かず
ここに居座ることに決めた。



もちろん宿と島の雰囲気もあったんですが、それよりも一緒に泊まってた
メンツがめっちゃよかった。



無口やけど南米情報をいっぱいくれたドイツ人のムック、



超美人で優雅なフランス人のバレンタイン、



豪快で優しいオーナーのラルフ、



タヒチ20




強面やけどお客さんには絶対に吠えない賢い犬のアイト(現地語で“勇敢”みたいな意味)、



タヒチ24




そして中でも「この人がいたから!」的な存在のアメリカ人、ショーン。



タヒチ21




ショーンはアイルランド出身アメリカ人なんやけど、老後年金生活をタヒチで過ごすことに
決めたようで、どの離島にするか物件を探しているそう。



余談ですが、英語で“年金”って“ペンション”って言うんですよ!



「アメリカのボルダーでペンション経営してる」って誤解して中々会話が
噛み合へんかった(笑)



自分らアメリカ行くから泊まりに行くよ!!って言っても「何?」みたいな感じやったし。



ペンションって辞書で引いて初めて意味分かった(笑)




ショーンは語学力が非常に乏しい自分らとも辛抱強くゆっくり会話してくれたり、
毎日夕暮れからワインを振る舞ってくれたり、キレイな貝殻を拾って来ては
「どれがいい?」ってくれたり、家族や犬の写真を見せて和ませてくれたり…



ショーンがくれた貝殻。



タヒチ19



名前忘れたーーー!!
“なんとかオブタイガー”みたいな名前やったと思うけど…
持ってると幸せになれるそうです。



ちょっとブルースウィリスに似てて、優しくてお茶目でちょっとだけ寂しそうなショーン。
(奥さんがタヒチに来てくれるか分からないそうで)



彼のおかげで居心地ほんまにめっちゃ良かった。



写真を撮ろうとするとすぐに隠れるのでアイトと戯れているところをパシャリ。




タヒチ25



お金使われへんかったし、スーパーと海しか行ってへんかったけど、



タヒチ楽しかったーーー!!



タヒチ17



タヒチ18



島と海と夕焼けと酒といい宿といい人がいれば他に何にもいらないんですよ!!



たぶん南太平洋横断ルートを取るバックパッカーは少ないと思うけど、
もし寄れるならタヒチ寄ってみてくださーい!!



タヒチを出る日、玄関に南国ならではのクリスマスツリーが用意されてた。



タヒチ26




明日はクリスマスイブなんやなー。



ついに南米(イースター島)に乗り込みます。



南米ドキドキするけど、島なので大丈夫、、、かな?



午前2時発なので空港で待機。



今日も来た人を迎える準備を整えます。



タヒチ27




イミグレもセキュリティも越えたところに…カニ!?



タヒチ28




南国は何もかもゆるーいですね〜



【タヒチ島宿情報】★★★★★★★☆☆☆雰囲気最高、でも送迎が高い!


“Taaroa Lodge”


ドミもあるが、値段があまり変わらなかったのでシャワートイレ付き個室
(7,000円弱/部屋)。
ドミは確か3,000円/人ぐらい。
エアコン無し、蚊帳有り、キッチン有り、朝食(フランスパンとコーヒー)有り、
シャワーは水だがぬるいので問題無し、洗濯可(干し場有り)
wifiは弱いが我慢して使えるレベル。


アボカド、レモンが庭で取れるのでタダ。


タヒチ22


こいつは自生してるバニラ。初めて見た。何かに使えるかな?



タヒチ23



本当にいい宿ですが、ラルフに送迎を頼んだら空港往復で8,000円ぐらいした。宿の値段は仕方ないけどちょっと高いかなー。
でもタクシーで来たらもっと高いらしい。
物価がフランス並み、はあなどれない。。。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×9
世界遺産 ☆×17
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

バックパッカーがタヒチに行ったらこうなった@タヒチ島(day105-107)

※7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月21-23日(day105-107)


朝起きると外は快晴。


ノープランでタヒチ来て、安宿に泊まってしまった訳で。


どうしようかなー。


でも意外や意外。
宿がすごくいいところだったんです。


テラスやコテージタイプの部屋を抜けると、



タヒチ2




タヒチ3



タヒチ1



裏手は海!!



タヒチ5



紛うこと無き南国の海!!




タヒチ4



対岸には離島、モーレア島がドーンと見える。
(この時はまだ日帰りで行くかーと思ってた)



おおお!いいんじゃないの?この雰囲気。



予定は無いので太陽の下で酒でも飲もうってことでスーパーへ。



スーパーは徒歩5分にある。



タヒチ7




タヒチ行くまでに唯一期待してた“HINANO”ビール!!



タヒチ8




ロゴかわいくないですか?



ビジュアルだけじゃなくで味も旨い!



タヒチ9




ま、この雰囲気がそうさせるのかもしれないけど最高!!!



この宿朝飯がフランスパン1人1本、ドンってくれるんですけど
バター(無料)とジャム(他の旅人から提供)で食べても飽きる。



そして、フレンチポリネシアンという島の設定上物価がフランス並みに
高い。(パンは激安)


自炊は必須なのだが、何とかこのパンを昼飯まで引っ張れないかと
スーパーで探した食材がこいつ。



味付けツナ缶。



タヒチ10




スーパーに並ぶ食材はフランスからの輸入モノがほとんど。
このツナ缶ももちろんそうなんですけど、



これが旨い!!!



ツナにマヨネーズぶっかけてタマネギとピクルスを刻んで入れたやつ。



さすが美食の国、フランス。



ツナ缶1つあなどれない。



またヒナノビールに合うねんなぁ。



朝飯のフランスパンが見事昼飯に化けた。




肝心のアクティビティというと、目の前が海、そしてシュノーケルキットのレンタルが無料、ってことなので泳ぐしかない!


ちなみにこの宿、シーカヤックも無料です。
やらなかったけど。



そこまでの透明度はないけど、地元の人が楽しそうに泳いでるビーチは
やっぱり楽しい。


魚はほんまにめっちゃいました。



泳いで帰ってくるとこんな虹が見れたり、



タヒチ11




木陰で海見ながら本読んだり、




タヒチ6



夕焼けは当たり前のようにきれいやったり、



タヒチ12



タヒチ13



タヒチ15




タヒチ16




宿を経営してる家族は幸せそうやったり、



タヒチ14




時間の流れがゆるやかで、なんか心地いい。


タヒチマジックか。


何もしーひんくてもいっかー、って気になってきた。
モーレア島も行くのやーめよ。



後編に続く。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×17
テーマ世界一周 ジャンル旅行

南太平洋の楽園へ@ニュージーランド〜タヒチ/飛行機移動(day105)

※7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月21日(day104)


ニュージーランドを後にして向かった先はタヒチ。


タヒチと言えば、


超がつくほどのリゾートアイランド


通常、部屋を飛び出せばすぐ絵に描いたようなブルーの海で、たくさんの熱帯魚が
迎えてくれる海上コテージで優雅に過ごす場所。


もちろん我々にそんな余力はない。


南米直行するのとタヒチ寄って行くのと航空券の値段がそんなに
変わらへんから寄ってみたのだが、


さて、何をしよう。


と考えても答えが出ないまま夜遅くに到着。


ファアア空港ではフラダンサーズがお出迎え。



ファアア



ファアア2




イミグレとかを早く抜けた人にはレイ(花の首飾り)をかけてくれるサービスも
あるそうだが自分達は最後尾だったので後片付けしてるのを見たのみ。


でも島としてツーリストを歓迎してくれているらしい。


タヒチはかの有名なボラボラ島をはじめ、数々の美しい島々で構成されている国
(フランス領なので国ではないが)。


国際空港があるタヒチ島は行政の中心なだけで、ハネムーナー等リゾートを楽しみに
来た人はタヒチ島を素通りして離島に飛んでしまう。


なぜならタヒチ島はそれほど海が綺麗なわけでもなく、リゾート感があまりないから。


しかし、何度も言うが我々にそんな余力はない。


タヒチ島で滞在するしかない(泣)。


まともなホステルも満足にないこの島でせめて人里離れた海の近くに、


ということで、


ネットで見つけたタヒチでは比較的安いロッジである、「Taaroa Lodge」
に滞在することにした。


空港までオーナーのラルフに迎えに来てもらい、もう時間も遅かったのでそのまま就寝。


この楽園は我々を温かく迎えてくれるのか!?


次回、バックパッカー向けのタヒチ情報お届けします。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×10(国ではないけど一応タヒチ追加で)
世界遺産 ☆×17
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。