スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカカ湖、、、世界には琵琶湖以上の湖があった@コパカバーナ[day229]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※宿情報下段にアリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年4月24日(day229)



朝一ラパスを出発し、向かうはボリビア最期の地、コパカバーナ。


【ラパスからコパカバーナへの移動情報】

バスは前日、Hotel Miltonで予約しておいた。
おっちゃんやと料金を上乗せしてポケットに入れるという噂を聞いていたので
おばちゃんorお姉さんのいるときに頼むのがいいと思います。
手数料は取られてるのかもやけど適正料金。30ボリ(約445円)。
宿まで迎えにきてくれるらしい。


朝ロビーで待ってるとバスの職員が迎えに来てしばらく歩いてバスに乗り込む。
なるほど、迎えに来てくれるのはほんまやけどバスがここまで来るんじゃないのね。


値段にしては悪くないバス。
さようならラパス!


近づくにつれてチラチラとチチカカ湖が見えてきた。
まだ大きさは分からない。

コパカバーナ1




途中湖に道を阻まれるので乗客はボートで移動。
バスは個別に船で渡る。

コパカバーナ2


なかなか古風な渡しっぷりですね。



湖の中に差し掛かるとバスの重みで若干の傾きを見せてます。
というか沈没しかけにしか見えへん。

コパカバーナ3





乗客は見た目安全、しかし定員を大幅にオーバーしたボートで渡る。
沈むなら岸近くでお願いします…

コパカバーナ4




対岸はちょっとした村になってた。

コパカバーナ5




朝一じゃないので活気はなかったけど魚市場があったり。
トゥルーチャ(鱒)のブースがたくさん。

コパカバーナ6



外ではワカサギみたいな魚が山盛りで。旨そう!
天ぷらにビールでいきたいところ。

コパカバーナ7




対岸から再度バスに乗って移動。
もうこのあたりからは車窓からチチカカ湖が完全に見える。
でもまだまだ大きさは分からない。

コパカバーナ8




4時間後コパカバーナ着。

標高はさらにあがって3,814m!!
高い!あからさまな空気の薄さを感じる!ちょっと歩くだけで身体が重くて
しんどい。。。


そして、ここでは泊まるのを楽しみにしてた宿があったんです。
数々の情報ノートやブログで目にしていた“HOSTAL FLORENCIA”。

コパカバーナ9


大の親日家であるおばあちゃんのホスピタリティとかチチカカ湖ビューの部屋とか…


でも、最近不幸な事件があってつぶれてしまったんです。
それを知ったのがつい2日前…
コパカバーナに行く楽しみが半減してしまいました。


その他色々宿情報はあったけどラパスで同じ宿だったイッケイ君が先乗りして
いい宿を調べてくれてたのでそこにチェックイン。


標高の高さで高山病が再発気味のsmileを残してコパカバーナを散策。




小さい村でメイン通りも閑散としてた。

コパカバーナ12



ただここの目玉はチチカカ湖なので湖畔へ。

コパカバーナ13


コパカバーナ14




寂れてはいるけど港町って風情。
1人でスワンボートに乗る勇気はないので座って湖を眺める。


いい天気、いい眺め、とくればいいビールですよね!
近くの商店でビールを買ってボーッとしてた。

コパカバーナ15



するとどこからともなく1人の女の子が寄ってきた。
インディヘナの子にしては他にない人懐っこっさ。

コパカバーナ16



偶然イッケイ君も来たので撮影タイム。

コパカバーナ17


もじゃもじゃ頭の2人を前にして動じないハートの強さを持ってる(笑)。


しかしほっぺたが赤くてかわいいなぁ…


ほっぺた赤い人好きなんですよね。
大学の頃からチークが濃いめの人が好きです。
ま、チークは人工的なもんやけど全然それでもいいです。
スノボなんか行くとやっぱり寒いからナチュラルにほっぺた赤くなる
じゃないですか?
もうたまらないですよね。よく雪山マジックとかいうけどあれは間違いない…


余談が過ぎるますね。やめましょう、こんな話は。




イッケイ君が夕日を見に近くの丘に上がると言うので付いて行くことに。

コパカバーナ18



……………。


標高が高くてただでさえキツいのに、丘にあがるなんて拷問です。


smileも誘ったけど道半ばにして棄権。


でもゼイゼイ言いながら登って行くととんでもない景色が見られました。

コパカバーナ19


コパカバーナ20



「こんなにキレイやったっけ!?」


って思える程素晴らしいコパカバーナの街並。


湖・山・街のパーフェクトな組み合わせ!




そしてちょっと荘厳な雰囲気の通路を渡って湖側に行くと、

コパカバーナ21



チチカカ湖がどーん!!!

コパカバーナ22




滋賀県出身者(偶然にもイッケイ君もそう)として許し難い光景がそこにはありました。


滋賀県出身なんですって言うと、「あぁ琵琶湖があるところね」と95%の確率で
返される我々。
そして“近畿の水がめ”“マザーレイク”など数々の異名を持つ琵琶湖。


もはや滋賀県人のアイデンティティでもある琵琶湖を
超える湖があったとは…。


しかも「船舶が航行できるもっとも標高が高い湖」という肩書きを持っておられる。


でも、ちょっとデカすぎますね。
これは景色的には海です、海!湖って風情があまりない。


琵琶湖は対岸も見えるし比叡山も見えてもっと湖っぽいし…


やめましょう、不毛な議論は。
どっちも素晴らしいのは変わりない。


陽が沈むにしたがって辺りがオレンジ色に染まっていった。

コパカバーナ24


コパカバーナ25


コパカバーナ26


コパカバーナ27


うーん、一言キレイやなぁ…


街も灯りが灯り始めて余計にキレイになってる。

コパカバーナ28




琵琶湖とチチカカ湖、万歳!!!

コパカバーナ23




いやぁ、大満足!
よかったねー!と言いながら丘を下ってると黄色い服来た人が!

コパカバーナ29


smile忘れてた!(笑)すまない!



無事?に合流しチチカカ名物トゥルーチャで〆!

コパカバーナ30



淡白なシャケみたいな感じで旨かった!


もうボリビアに思い残すことはないので翌日はいよいよペルーに突入!


【コパカバーナ宿情報】★★★★★★★☆☆☆特に問題なし、おすすめ


コパカバーナ11


コパカバーナ10


“Hostal Puerto Alegre”


個室ツイン50ボリビアーノ(約741円)/room/day。

シャワー(十分温かい)・トイレ部屋付き、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し(屋上でヒモはって干せる)、
wifi無し、共有スペース無し、キッチン無し

Hostal Florenciaから坂を下ったところにある。
そこから見える位置。看板が出てるので分かりやすい。
できたばかりなのか自分ら以外いなかった。言い値60だったがすぐに
下げてくれた。清潔で特に問題ないし個室でこの料金ならアリ。





↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、応援クリックをお願いします!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×16
世界遺産 ☆×25
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

8ヶ月前のこと覚えてない、特に何もない日は@ラパス[day227-228]

※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年4月22-23日(day227-228)



ルレナバケからラパスに帰ってきました。
また3,000mを超えるところに。


でもエラいもんで、高山病は慣れます。
なので特にめっちゃしんどい!ってことはないです。
smileは多少しんどそうでしたが、自分はウユニで一回洗礼を受けてから
その後は特に問題ありませんでした。



昼過ぎに帰ってきて、やる気のある旅行者は翌日から次の目的地に行けるのですが、
我々は2泊してから次のコパカバーナに向かうことにしました。


さて…、


書くことがないなぁ。


あ!自分達にしては珍しく、ラパスでオーダーメイドのものをいくつか作ったんですよ!
カバンやライターケースなどなど。


全てラパスで一緒だったおけいちゃんに連れてってもらいました。


アンティークな布で作るカバンはサガルナガ通りのそば。
そしてリャマ革で作る雑貨はムリリョ広場を左上にあがった通り。


ラパスにもこんなにいい感じの通りがあるんですね。
探してくるおけいちゃんがスゴい!

ラパス最終日1


ラパス最終日6


出来上がった品々は我ながら非常によくできたと思います。
日本でも使えます。


ただ…写真撮ってないんですよね…。


続きは他の人のブログを参考にしてください!!!
めっちゃ詳しく書いてる人いると思います!


あ、1つ言っとくと、カバンオーダーの店はちょっと高くても古い布で
作ることをおすすめします。
旧ボリビアーノコインをおまけで縫い付けてくれるんですがいい感じに合いますよ!


あと…何したっけなぁ?


あ、スクレで食べてはまったエンサラダ・デ・フルータスをラパスでも
食べに行きました。


サンフランシスコ寺院の側のメルカドでいくつか店が並んでます。

ラパス最終日2


ラパス最終日3


ラパス最終日7


味は…紛れもなく!!別物ですね。
あんまり、いや、全然おいしくないです。


3人で食べてたけどスプーンが止まりまくりでした。
ただ、少年が手伝って作ってくれたので残しはしーひんかったけど。


やっぱりこれはスクレで食いましょう!




あとは…ジャッキーチェンですかね。


誰かのブログでおすすめされていた中華料理屋です。
ここは旨いです。2晩続けて行きました。
値段も2人で50ボリ(720円)ぐらい。

ラパス最終日5


ラパス最終日4




あとは…もう無い(泣)。


書く前から分かってたけど内容薄い、というかひどい。


分かってたなら書くなよ、って感じですね。
でもこれに費やした10分ぐらいがもったいないのでアップします。
これだけ読んで「つまんねー!」と思われた方、ごもっともでございます。


できれば前後を御読み頂ければもう少しは内容があるかと存じますので
一度御試し下さい…。


翌日はコパカバーナへ!


↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、応援クリックをお願いします!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×16
世界遺産 ☆×25
テーマ世界一周 ジャンル旅行

ピラニア釣り&野郎達との別れ〜アマゾンツアー最終日〜@ルレナバケ[day226]

※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年4月21日(day226)



なんだかんだイベント盛りだくさんやったアマゾンツアーも最終日。
いやー、あっという間ですね。


最終日は早起きして朝日鑑賞。

ルレナバケ最終日1


ルレナバケ最終日2


ルレナバケ最終日3


無力な人間は季節には抗えません。
雨季なのでこんなもんです。


でもアマゾンの、朝の意外にも冷やっとした空気の中で見る朝日は
なかなかいいもんでした。





そして最後のイベント、ピラニア釣りへ。


針と糸だけのシンプルな仕掛けに鶏肉っぽいやつをつけてみんなで放り込みます。

ルレナバケ最終日5


ルレナバケ最終日6




ガツガツ食ってくるかと思いきやそんなことはありません。
意外と繊細な感じ。


釣れた!

ルレナバケ最終日4



これは確実にピラニア!
テレビで見るのとほぼ一緒。鋭い歯が並んでる。
こんなのが住んでる川で泳ぐなんか正気の沙汰じゃない


ピラニアじゃないのも釣れた。
けど食卓に並ばなかったので不要やったみたい。

ルレナバケ最終日7




最終日にしてやっと写真が見つかったけど、この人が我々のガイドさん。
陽気なおっちゃん。ちなみに英語はバッチリ通じる。

ルレナバケ最終日8



みんなでがんばった結果、最終的にこれだけピラニアが釣れた。

ルレナバケ最終日9



このピラニア達はそのまま昼飯になりました。
ピラニアの唐揚げ。でも写真が無い!
色は揚げても変わらないので想像でよろしくお願いします。


旨いか?と聞かれたら「まぁ淡白な味ですね」と濁すレベルかな。




昼飯も終わって準備してる時にリスザル達が宿に遊びに来てくれました。

ルレナバケ最終日10


ルレナバケ最終日11


ルレナバケ最終日12


これは正真正銘の野生でしょ!
見送りに来てくれたんかなー??


リスザルで始まりリスザルで終わったアマゾンツアーでした。



船着き場までボートで戻り、そして面白くない道をまた3時間以上かけてルレナバケへ。

ルレナバケ最終日13



たったの2泊3日やったけどイベント盛りだくさんで楽しかったなー。
雨季でどうなるかと思ったけど来てよかった。
乾季やったら絶対おすすめ!



メンバーにも恵まれたし。

ルレナバケ最終日14


最後、みんなと別れるの正直寂しかったなー。
今まであまりこんなこと思わんかったのに。
ま、主にジョシュアとですけど。
彼の「へ〜イ!ジュ〜ン!」が聞けなくなると思うと…


その後ラパス、コパカバーナで再会し、あと2回聞けることになるのをこの時は
まだ知らない。


あ、これまで書くの忘れてましたが、ルレナバケ発のツアーは2種類あります。


自分達が参加したツアーは“パンパツアー”です。
もう1つがむしろ“アマゾンツアー”なんですが、そちらはジャングルをひたすら
歩くって聞いたのでやめました。
しかもメインイベントが“タランチュラ探し”って…。


あと、心配してた“蚊”の多さですが、多いのは多くてブワーッて向かってくる
感じやけどなぜかほとんど刺してきませんでした。
だから噛まれたのは2,3ヵ所。


まー、南京虫に刺されたら蚊なんて屁のツッパリにもなりません。



この日もHostal Japonに宿泊。


ここでラパスで会ってたアカネさんと再会。
ルレナバケで評判のイタリアンレストランに連れて行ってもらいました。


出てきたものはものすごい旨くてボリビアを全く感じさせないレベルだったのですが、
この時、南京虫に咬まれた痒みがピークでほとんど集中できませんでした。
アカネさん、ごめーん!!


翌日はラパスに帰りまーす。


↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、応援クリックをお願いします!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×16
世界遺産 ☆×25
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。