こんな贅沢他にない!!ペンギン!アシカ!イグアナ!と泳げる海@ガラパゴスイザベラ島[day259-262]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月24-27日(day259-262)



ついにガラパゴスの動物達と一緒に泳ぐ日がやってきました!


おばちゃんの言葉を信じて港近くのシュノーケルスポットへ。
貼り紙と立ち入り禁止のテープは変わってへんけど…。


躊躇しているとそこにレンジャーらしき人が来て、


「そこは向こう1ヶ月補修のため入れない」


というお言葉を頂いた。




ガーーーーーン。


なんてこったい。


自分らの計画が根底から覆された。。。


いったい何のためにイザベラ島まで来たんや…
意気消沈とはこういうことを言うんやろうなぁ。あと4日何をすれば…。



しばし呆然としたけど、港周りは泳いでいいみたいやからとりあえずそこへ。



途中のベンチで何か寝てる。

イザベラシュノーケル1


アシカ!


酔っぱらいのおっさんが公園で寝てるみたいになってる(笑)


この身体の丸みがたまらなくかわいい。




他のベンチも。

イザベラシュノーケル2


イザベラシュノーケル3


どうやらイザベラ島のベンチはアシカ専用のようです。




ベンチにあぶれてしまったその他アシカは雑魚寝状態。

イザベラシュノーケル4


というよりもこっちのほうが自然(笑)
わざわざベンチで寝るってことは寝心地がいいんかなー?



海へと続く階段にも。邪魔やけど気持ちよさそうやからいいや。

イザベラシュノーケル5



港でもどうやらアシカは豊富にいるみたい。




と思ってたら目の前の海をシュコー!っと横切る物体が。

イザベラシュノーケル6


イザベラシュノーケル7


イザベラシュノーケル7a


あ、ペンギン!おるやん!


下がりきったテンションがグワーって上がる!




遠くの方にもこんな大家族がいました。

イザベラシュノーケル8



寝てへんアシカも泳いでる。

イザベラシュノーケル9


ガラパゴスシュノーケル補足2




アシカとペンギンのコラボも!

イザベラシュノーケル10



おおおーーー!


立ち入り禁止になってた場所しか動物おらへんと思ってたけど港でも普通に
いっぱいいるやん!


ついでみたいやけどイグアナもたくさんいます。

ガラパゴスシュノーケル補足1



もうここでいいよ。こんだけおったら一緒に泳げるでしょ!水もキレイやし。


目の前にこんな光景が広がってると辛抱たまりません。
早速シュノーケリングしてみました。

イザベラシュノーケル11


イザベラシュノーケル12




魚はいるけどボチボチ。

そして、気温や見た目は南国ムードやけど、ガラパゴスの海は冷たい!
赤道直下のエクアドルやのに南極からの海流を受けてるから。
なんせペンギンが暮らしていける海。
(ちなみにガラパゴスペンギンは世界で一番北に暮らしてるペンギン)




なので動物達と泳ぐことに集中。
追っかけて身体を温めながらじゃないとすぐに寒くなるし。


ペンギンは人慣れはしてるんやろうけど警戒してくるので近づくのが中々難しい。

イザベラシュノーケル13



でも動きが結構速いので油断してるとこうやってすぐそこを通り抜けたりします(笑)

イザベラシュノーケル14



それでもそーっと近づいて接写!

イザベラシュノーケル14a


イザベラシュノーケル14b


イザベラシュノーケル15


ああ、目の前50cmの距離にペンギンがいる。
手を伸ばしたら届きそう(触ったらダメです)。


ペンギンによっては近づいても何にもしなければそのまましばらく周りを
泳いでくれる。


なんじゃいこりゃぁぁぁぁぁ!!!


感無量!何この多幸感!


ペンギンフリークとしての夢がまた1つ叶った!


そして、この旅行でリトル・マゼラン・ジェンツー・キングと4種類、
野生ペンギンを見て来れましたが新たにガラパゴスペンギンという仲間が加わりました。




遠くの岩の方でかっこよく立ってるのを見つけたので撮りに行ってみた。

イザベラシュノーケル20


イザベラシュノーケル21


ペンギン愛があれば潮の流れ(ここほんまに速い)とかウニに刺さるとか
岩で手の皮が剥けるとか全然大丈夫です。




ペンギン部門はこのぐらいで次はアシカ部門。


橋とかベンチでふてぶてしく寝てるのがほとんどやけど、やる気のある
アシカは海の中にいます。


そして、人懐っこく寄ってきてくれるのは比較的小さいやつ。
子供なんかな?


ペンギンは「一緒に泳ぐ」って言っても向こうはそんな気ない感が強いけど
アシカは「一緒に泳ごうよー」って思ってくれてる気がする。


フワーって寄ってきてくれたり、こっちが回転したら向こうも回転してくれたり、
顔上げたら向こうも同じようにしてくれたり。

イザベラシュノーケル16


イザベラシュノーケル17


イザベラシュノーケル18


イザベラシュノーケル19


と、ペンギンと比べて冷静に文章にしてるけどアシカと遊ぶのめーっちゃ楽しいです!
楽しさで言えばペンギンよりもアシカのほうが勝ちかも。


ガラパゴスでアシカの概念が変わりました。




残りのイグアナですが、ウミイグアナのくせにやつらはなかなか海に入りません。
なので一緒に泳げた機会は最終日の1回のみ。
動きが遅いのでずっと付いて行けます。向こうは嫌やろうけど。




こんな感じで4日間、動物達と毎日泳ぎました。
旅行してて楽しいなーって思う順位が、
動物>自然>人>街>>>>>遺跡という順番なので幸せすぎる日々。



もう間違いありません。
南米で一番楽しかった場所、それはガラパゴスです。
今まで全部でって言ってもベスト5に入ります。


これから南米に行く人によく聞かれます。
「イースター島かガラパゴスか、両方行けないのでどちらがおすすめですか?」と。


自分達は即決で「ガラパゴス」と答えます。


でも、イースター島好きな人の方がたぶん多いんですよね。
価値観によるものなので何とも言えませんが、動物好きなら迷わずガラパゴスかな。


面白いところ、面白くないところ、期待以上のところ、期待外れのところ、
色々出会えるけど、「ここは!」ってとこに出会えたときは旅行してて
よかったって思えますよね。


あ、ガラパゴス行こうって思ってる人は最低2週間はみといたほうがいいです。
自分達は分かってたけど、10日間で全く足りませんでした。
実際サンクリストバル島行かれへんかったし。
3週間は居れたなーって感じです。


今回、水中カメラを快く貸してくれたミサキちゃん、ほんまにありがとう!
そして何度も言ってますが、世界一周を考えている人はサブでもいいから
水中カメラを持って行ってくださいね!



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×18
世界遺産 ☆×34
テーマ世界一周 ジャンル旅行

サンタクルス島からイザベラ島への移動と宿@ガラパゴス[day258]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月23日(day258)



ガラパゴス第2の島、イザベラ島へ向かう日。


ボートのチケットは前日予約しておいた。
サンタクルスーイザベラ往復50ドル/pax


片道やと30ドルかかるので往復割引かな。特にそこまで交渉しなくても普通に
50ドルでした。あ、でも1軒目とか2軒目は交渉後も55ドルやったなー。




朝8時の船なので早起きして港へ。


船はどこかな…?


どうやら船は港に接岸しておらず、沖合にとまってるみたい。
そこまでの小舟が0.5ドル/pax。

このシステム必要?ちゃんとした港やから大きめの船も接岸できると
思うんやけど…。


そしてほぼ旅行者で満載になった船でイザベラ島へ!

イザベラ宿1



噂通りの揺れ!
縦波横波に翻弄されてグワングワン揺れます。


隣のsmileは早くも虫の息。その点、前のイッケイ君は音楽聞いて爆睡。
自分はというとipadで漫画読んでました。
ここまで揺れると逆に大丈夫。中途半端なバスよりマシです。




3時間弱ぐらいでイザベラ島到着。
この時間は波とかに関係するみたいやから運です。
早い人は2時間ぐらいで着いたみたい。


でも正確に言うと、ここでも船は沖合でストップ。
どうすんのかな?って思ってたら小舟がスイーッと近づいてきた。
港まで1ドル/pax。


これ(小舟)絶対必要じゃない!
だって実際大きめの船、普通に港にとまってるし。


組合が強いんですかね…。


港に着くとアシカやイグアナがお出迎え。
いいですねー!サンタクルス島よりひなびた感じがしていい!


今回なぜイザベラ島に来て、5泊も時間取ったかというと、ここでは
無料のシュノーケルスポットでアシカやペンギンと
泳げるって聞いたから♪


もう毎日彼らと泳ぎまくる!って意気込みで来たんですよね。


その無料のスポットももちろんチェック済みです。
名前は“Concha de perla”ってとこで港近くにあるみたい。


荷物持って歩き始めてすぐ、先人達のブログに載ってた看板が見えた!

イザベラ宿2

ここが入り口かー!



……………。


おや?


何か目立つ貼紙がしてありますね…。



んー、スペイン語読まれへんからよく分からんけど雰囲気的には
「立ち入り禁止」って書いてるっぽいな…。


入り口にもテープ貼ってあって入られへんようになってる。


そんなわけないよね!!


あー!何も見てない!見えへん!


これ目当てで来てるのに入られへんとか不幸すぎるでしょ!?


ひとまず忘れよう。何かの見間違いと信じて…。




20分ぐらい歩くとやっと町っぽくなってくる。
宿を探さねば。途中声をかけてきてくれた宿はあったけど日本人にすこぶる
評判のいい宿があったのでスルーさせてもらいました。


その宿は“La Isla del Descanso”。


設備とか雰囲気とかめっちゃいい感じやん!と行ったのですが、ブログに
書いてた1人15ドルを想定して行ったら1人20ドルに値上がりしてた。
3人で最低4泊はするからって言っても値下げはできず。


別にそれだけやったらよかったけど、対応してた兄ちゃんがヘラヘラ笑いながら
小馬鹿にした感じやったからやめました。
めっちゃうっとうしかったです。


なので道すがら声をかけてくれたおばちゃんの宿にお世話になることに。
結果的にこれが正解!
港に近いし、言い値15ドルを10ドルに値引きしてくれたし、A/Cなくても
風通しが抜群で涼しいし。キッチンもちゃんと付いてるし。


聞いてみるもんですねー。

詳細は下段に書きます。


その後島内を散歩したり自炊の材料買ったり料理したりでこの日は終了。




肝心のシュノーケルスポットはどうやら最近工事が始まったみたい。


最近って…どれだけ間悪いの?(涙)


でも宿のお母さんは「入れるわよ。明日行ってきなさい」と気軽に言ってたので一安心。
翌日に期待することにした。


ま、これがフリで明日どうなるかはお約束ですけどね…(泣)


サンタクルスみたいに魚市場は無いけど肉屋はあります。
と言っても冷凍やけど、豚肉は旨い!
ただ、八百屋とか肉屋とかは閉まってるように見えて夕方から開け出すのでご注意を!




【イザベラ島宿情報】★★★★★★★☆☆☆安くておすすめ!


“Hotel Brisa del Mar”

イザベラ宿4


イザベラ宿5


イザベラ宿3


ツイン個室20ドル/room/day。

シャワー(水)・トイレ部屋付き、朝食無し、タオル付き、ファン付き、
洗濯手洗い可、干し場有り、wifi有り(速度は△、受付周りのみ)、
共有スペース有り(おもに庭)、キッチン有り(家族と共用)

文中にも入れましたが、セントロよりも港よりなのでシュノーケル行くときとか
荷物持って移動するとき楽!
港からセントロに行く道の途中なので絶対分かります。
ファンしか無いけどつける必要がないぐらい風が通って気持ちよかった。
昼寝には最高!
キッチンは家族と共用やけど全く嫌な顔されないです。
シングルも同料金。
強く推す材料はそこまで無いけど居心地は◎でしたー!



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×18
世界遺産 ☆×34
テーマ世界一周 ジャンル旅行

亀仙人になりたかった…野生のゾウガメを探しにエルチャトへ@ガラパゴスサンタクルス島[day257]

※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月22日(day257)



そろそろ観光せな、というムードが漂い始めたこの日、
野生のゾウガメを探しに行くことになった。


ダーウィン研究所とかでゾウガメを気軽に見られることは知ってたけど、
それやったら動物園と変わらへん。


やっぱり野生のやつが見たい!ってことでネットを検索したところ、
“エル・チャト”ってところに行けば見られるらしいことが分かった。




行き方はちょっと曖昧やったけどメルカドの近くからエルチャト最寄りの町、
サンタロサまでバスが出てるみたい。


なのでとりあえずメルカドへ。

近くにいた人に聞いてバス停を教えてもらった。
メルカドからプエルトアヨラとは逆方向にもうちょっと歩いたところ。


こんな感じで商店の前にバス待ちの人がいるので分かると思います。

ガラパゴスエルチャト1



バスを待ってたら地元の人がタクシーをシェアしないか?って言ってくれた。
値段はバスと一緒やったからありがたく便乗。1ドル/pax。


なぜかその人はサンタロサの手前で降りてしまったけどタクシーのドライバーは
エルチャトの入り口まで送ってくれた。


島の人は概ねいい人ばっかり。日本だろうが海外だろうが島はいいですねぇ。




…薄々は気づいてたけど天気が悪い。
というか豪雨に近い状態。体育館の軒先で雨宿り。

ガラパゴスエルチャト4



雨はなんとかあがったけど道路はびちゃびちゃ。

ガラパゴスエルチャト2




そしてモチベーションが非常に下がる看板。

ガラパゴスエルチャト3


エルチャトまで4.4kmって…


確かにタクシーのドライバーが「本当に歩いて行くのか?」って聞くレベル。


でも歩くと決めたから歩く!


足下泥だらけになりながら未舗装の道を歩いて行く。
当然のように雨が降ってきますよね。
でも引き返されへん。




目当てのやつも中々姿を見せへんから3人無言気味になりつつ歩いてたら
(この時点で結構時間経ってたけど)遠くの方に動く物体を発見。

ガラパゴスエルチャト5


ガラパゴスエルチャト6


ついに野生ゾウガメキターーー!!


でも狭い道を意外と早く横断してしまったので後ろ姿しか捉えられず。。。


あぁ、もったいない!もしかしたら今日最後のゾウガメかもしらんのに。




と、上がったテンションが反転しトボトボ歩いてたら道の先からヌッと出てきました。

ガラパゴスエルチャト7



よっこらしょ!っと。

ガラパゴスエルチャト8



近くで見たらかわいいーーー!!!
つぶらな瞳にグッときます。

ガラパゴスエルチャト9



その後もポツポツとゾウガメ達が道を横切ってくれます。

ガラパゴスエルチャト10


はー野生のゾウガメ見れたし満足!


ってわけにはいかないんです。


だって小さいでしょ??


全部1mもない小ぶりなやつばっかり。
もちろん姿を見せてくれたことはめっちゃ感謝してるけど、なんかこう、ズドーン!
って大きいやつが見たい!




そして見られないままエルチャト到着。

ガラパゴスエルチャト11



ここがエルチャト?というかここからエルチャト!?


看板に歩くコースが提示してあるけど…ここまで結構歩いたし…
雨はまた本降りになってきたし、森の中の道は普通の靴では歩かれへんほど
水貯まってるし…




加えて、エルチャトにはゾウガメの甲羅が置いてある施設があるって聞いてたのに、
その施設がどこにあるのか探しても全く分からない。


なんでそこに行きたかったかというと、友人のTOM君が面白いことしてたから。
ちょっと、いや、だいぶ羨ましかったから。


そこに置いてある甲羅はこんな感じで、

ガラパゴスエルチャト13








なんと人間が装着できるんです!!(笑)

ガラパゴスエルチャト12


自分も亀仙人になってドラゴンボールごっこしたい!
しかし、その夢は叶いませんでした…。


詳しくはTOM君のブログ見てみてください。
これ以外にも本当におもしろいことばっかりやってる男です。


↓↓↓ブログはこちら↓↓↓
TOM日記


TOM君、勝手に使わせてもらったけどいいよね?笑




本当の意味でエルチャトがどこを指すのかも分からず、甲羅の施設も見つけられず、
雨に降られて小屋で雨宿りして途方に暮れてた。


その時、


森の奥から犬が出てきて、さらに大きい刃物を持ったおばさんが現れた。


だ、誰??


「何してるの?」


あの…エルチャトに大きいゾウガメを見に来たんですが…
グランデなトルトゥーガを見たいんです。


「付いてきなさい」


展開が読まれへんけどとりあえず付いて行くことに。


どうやらおばさんはこの辺りでオレンジの収穫をしてる最中らしい。
無論畑なんかはなくてその辺に生えてるオレンジです。


なのでオレンジをもぎながら歩いて行きます。




半信半疑で付いて行くとそこにはゾウガメがいました!
しかもほんまに大きいやつ!!

ガラパゴスエルチャト15


ガラパゴスエルチャト16



おおおーーーーー!


これや!このサイズが見たかってん!


悠々と草をもしゃもしゃ食べてる。
やっぱりこれだけ大きいと貫禄があるし、小さいやつみたいにせかせか動きません。




近づくと亀だけにやっぱり顔を引っ込める。

ガラパゴスエルチャト17


驚かして悪いけどかわいいなー。



あ、サイズ分からないですよね。
比べてみましょう。


牛と人とゾウガメ。

ガラパゴスエルチャト18




人とゾウガメのアップ。

ガラパゴスエルチャト19


ゆうに1mを超えてます。高さもあってボリューム満点。


下調べが甘くて苦労したけど、その分野生の大きいゾウガメと出会えてほんまに
感動しました!


ガラパゴスの象徴やしね。


このまま長生きしてほしいなーと願うのでした。




このいかつい後ろ姿が案内してくれたおばさん。
これだけでも親切やのに、サンタロサまで車で送ってくれました。
なんていい人!

ガラパゴスエルチャト14




サンタロサからは町の側を走ってる大きな道であわよくばヒッチハイク、
ダメならタクシーって感じで車を待った。

ガラパゴスエルチャト20



こういう時に限ってタクシーが早く来る。
プエルトアヨラまで2ドル/pax。


入場料はかからないので結局1人3ドルで済ませられました。
時間は使ってしまうけど、時間に余裕がある人にはおすすめ!!




この日の晩飯は2日連続マグロ祭りだったので外に食べに行くことに。
宿の近くにグルメストリートみたいになってるとこ。

ガラパゴスエルチャト21



ロブスター食べたかったけど予算オーバーやったからカレー屋。
カレーに理由は無いけど、雰囲気と匂いとお客さんの入り方で決定。

ガラパゴスエルチャト25




エビカレー。

ガラパゴスエルチャト22



魚カレー。

ガラパゴスエルチャト23



そして牛タンの煮込み。カレーじゃない…。

ガラパゴスエルチャト24



1つ10ドルぐらいとやっぱり観光地価格やけど、全部絶品!
店選びはどうやら間違ってなかったみたい。
ちなみにカレーはココナッツ風味。牛タンも柔らかかった。


たまには外食もいいですね♪



改めて書いてみると観光してますねー!
やればできるんです(笑)。


翌日はさらに重い腰をあげてイザベラ島へ移動しまーす!



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×18
世界遺産 ☆×34
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login