スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテンアメリカ最終日@サンホセ[day361]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1コロン=約0.19円


2014年9月3日(day361)



コスタリカ最終日。
中米も最終日。
中南米と続いたラテンアメリカも最終日



2013年の12月24日にイースター島に上陸して、この日2014年9月3日まで。
8ヶ月と1週間ぐらいお世話になりました!
長かったー!と思うけど、あっという間。
しかも南米ではコロンビア・ベネズエラに行けず、中米でもベリーズ・パナマを逃し、
という中途半端な感じ。
ブラジルも2回入ったけど両方とも1週間ぐらいしかおられへんかったし。
それ以外にも興味はあるけど行かれへんかったところ多数。


沈没型でない我々がこうなので、中南米を本当の意味で満喫するためにはここだけで
1年ぐらいかかるんでしょう。




全行程18ヶ月の中の8ヶ月費やしたラテンアメリカ。
やっぱり世界で一番楽しい地域であることは間違いありません。
明日からスペイン語が聞かれへんくなると思うと寂しいなぁ…。
良くも悪くもラテンのリズムに慣れてしまった。
それもそうやし、次は恐怖の英語ネイティブな国、アメリカ。怖いなぁ。。。


いつかまた戻って来よう!
サラリーマンの休みで来られるかどうかは別にして!





さて、サンホセ市内から空港に向かいましょう。
空港バスを出してる会社のターミナルまで行きます。
市バスを探したのですが、サンホセの市バスは中々手強く見つけられませんでした。


なのでタクシーで。2700コロン(約520円)/台。
目指すはTUASAバスターミナル。


ここからAERO PUERTO(空港)行きのバスが頻発してます。
このバスは安い。約500コロン(約103円)/pax。





空港に着いてまずすることは…

サンホセアウト1


出国税の支払い。

たぶん旅行しててベスト5に入る納得出来ない行為。
なぜに航空券に含ませてくれない??
そうしたらお互い何の感情もなく出国出来るのに…。
コスタリカは高いです。29USドル/pax。ちくしょー!!


まさか…アメリカまでの航空券が若干安いパナマから飛んだ方が結局安かったんじゃ…。
いや、安いというのはありえないけど、この出国税でバス代とかペイ出来たとしたら
パナマ行けたんじゃ…。


出国税って本当に嫌なもんですね。





空港は非常にキレイ。

サンホセアウト2




さあ、いよいよ出ますよ。出ますよ中米を。
次なる国はU・S・A!!!
しかもアメリカ旅の始まりは不夜城ラスベガスから。
楽しみですなー。


ただ、言語の違う国にフライトする時はいつもですが、登場ゲートをくぐった瞬間、
高揚感よりも胃の辺りがグワーってなるのでした。。。




忘れへんでー!コスタリカ!!!

サンホセアウト3




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×25
世界遺産 ☆×50







スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

スーパーがびっくりするぐらい高い街@サンホセ+宿情報[day359-360]


※約8ヶ月遅れの更新になります。



※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1コロン=約0.19円


2014年9月1-2日(day359-360)



コスタリカで順調にミッションをこなし、首都サンホセでフライトまでの時間調整。
しかし、このサンホセ、街に見どころがなさすぎるんですよねー。
『歩き方』によると、誰が言ったのか「中米のスイス」と呼ばれているらしい。


えーっと…、スイス行ったこと無い僕でも言えます。
スイスは決してこんな街ではない、と。




そして、コスタリカは物価が高い!とは聞いてたけどその通り。
宿とか乗り物とかは許容範囲ではあるんですが、自炊派パッカーの味方に
なってくれないと困るスーパーがめっちゃ高いんです(泣)。
宿替えした時の近くにあるスーパーは北欧並みの高級スーパーで。。。


手に取っては戻し、手に取っては戻し…。
いつも以上に主婦なみのお買い得品探しをしなければなりません。





いいところがないサンホセの街ですが一応様子を紹介します。



まず、国立劇場。

サンホセ街歩き1


よし!見た!




えーーーっと…、こんなもんかな(泣)。





名所以外に見たものいきます。





斬新なスタイルのチャリダー。

サンホセ街歩き2





大きな国旗がはためく歩行者天国(日本もこうなってほしい…)。

サンホセ街歩き3





こんなふざけた写真を撮ってはいけないかもしれない銅像達。

サンホセ街歩き4





民芸品市場。

サンホセ街歩き5




思わずジャケ買いしたミネラルウォーター。

サンホセ街歩き7





動物モチーフのかわいいお札達。

サンホセ街歩き8





宿にいた後ろ足の投げ出し方がかわいいウサギ。

サンホセ街歩き12


サンホセ街歩き13




後半趣旨が変わってきましたがサンホセはこんなもんです。



グアテマラのアンティグアから多くの時間をともにした直輝くん&リエちゃんカップルとは
ここでお別れ。
カルボナーラおいしかったよ!また日本で会おう!!

サンホセ街歩き6


最後まともな写真で良かった。





コスタリカは首都以外で楽しみましょう!!


最後に安宿情報載せときます。



【サンホセ宿情報②】★★★★★☆☆☆☆☆


“Hostel Bekuo”

サンホセ街歩き11

サンホセ街歩き9

サンホセ街歩き10


6人2段ドミ10USドル(約1,041円)/bed/day。

シャワー(熱い、水圧○)・トイレ部屋共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(まぁまぁ)、共有スペース有り、キッチン有り、
ビリヤード台有り、


Hostelworldで予約。こちらもサンホセでは安い方。
広々してて過ごしやすい。部屋がちょっといわゆるドミ臭い。
キッチンは広くて使いやすい。ただ、近くのスーパーは高級志向なやつで
ただでさえ高いのに輪をかけて高い。買い物はセントロで。
若干パーティーホステル気味。たまたまかもしれないが夜はちょっと騒がしい。
部屋までは聞こえないのでいいけど。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×25
世界遺産 ☆×50

テーマ世界一周 ジャンル旅行

奇跡!密林の奥に潜む幻の鳥ケツァールを追え!後編@km70[day358]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1コロン=約0.19円


2014年8月31日(day358)



前記事の続き。


しばらく待ってたらボスが帰ってきた。
今日の成果を聞いてみると「5匹見つけたぜ!」との力強いお言葉!!


俄然やる気出た!俄然楽しみ!これは見られるやろ!




いや、待てよ…
釣りでもよくあるんですよね。「さっきまで釣れてたのになー…」みたいなやつ。
今までそのパターンに何度はまったことか…。


でもお客さんの満足げな表情を見るに、たぶん本当なんでしょう。信じるのみ!






ボスが運転する車に乗ってサンホセ方面に引き返す形でポイントに向かう。


ポイント入り口。
ここは“サン・エスペランサ”ってとこらしい。

km70ケツァール②1





車を停めて林の方に探しに行く。

km70ケツァール②3



このボスはやってくれそうな顔をしてる。大丈夫大丈夫!

km70ケツァール②2





結構歩き回って探すんやろうなー…と思いながら歩いていた直後、
「いたぞ!!ケツァールだ!!!」の声。


えっ!?もう!?




半信半疑で見てみると樹上に鳥の影が。

km70ケツァール②4



あっ!!緑色!まさか…。


望遠鏡で覗いてみると…、



キターーーーーーー!!!


ケツァール!!!

km70ケツァール②6



こんなに早く見つかるなんて!
ボス、あなた本物のプロですね??


つぶらな瞳がかわいすぎる!!


あっ!上向いた!何してもかわいいなぁ。

km70ケツァール②7





でも想像のケツァールと何か違う気もする。
と思ってたらボスが「あれはメスだな。でも早く見つかってラッキーだ。」
とのこと。
そういえばオスとメスで形違ったっけ。


なんにしろケツァールとのご対面は嬉しい!





ボスはメスに満足出来ないらしく、早々に望遠鏡を片付け次を探し始めた。


林の奥に入ると「オスがいたぞ!!」とボス。

km70ケツァール②5





望遠鏡を覗くとさっきと比べて胸が真っ赤なケツァールがいた。

km70ケツァール②8


おおお!!これがケツァールのオスか。
背中の緑、胸の赤、そしてクチバシの黄色がくっきり鮮やかでキレイ!!


ああ、ついに会えたね。幻の鳥、ケツァール…。





あれ?ボスが不満そうですね。なんで??


「あれは若いオスだ。尾羽が短いだろ?大人のオスはもっともっとキレイなんだ。」


そうなんや。十分キレイなんやけどなぁ。


ボスのプロ意識では全然満足できないらしい。厳しいお人だ…。
でも見せてくれようとする熱意はうれしいです。





歩くのを一旦やめてボスがケツァールの泣き真似をし始めた。
探し回るのではなくて、こちらに寄せる作戦のようです。

km70ケツァール②9





と、ここで村人Aさんが登場。

km70ケツァール②10



「おーい!あっちにケツァールがいたぞー!」


なに!?


Aさんの案内で現場に急行!
そこで見たものは………!!




大人のケツァール!!!




木の影で見にくいけど風になびく長い尾羽がしっかり見える!

km70ケツァール②11


km70ケツァール②12


km70ケツァール②13


km70ケツァール②14


同じような写真ですみません。
尾羽のふわふわ感を見てもらいたくて…。




まさに火の鳥。

ジャングルの中とかでこの色、このフォルムなら普通に見えるけど、日本の森みたいな
素朴な風景の中で見るとギャップで存在感がものすごい。
もうキレイって言葉では足りないぐらい。神々しいです。




望遠鏡越しに見ると、やっぱり瞳はクリッとしてて吸い込まれそう。
何を見て何を感じてるんやろう。

km70ケツァール②15


ずっと見てられる。というか惹き込まれる感覚。感無量です。


残念ながらこのケツァールはこのあとどこかに飛んで行ってしまった。





いいもん見られたなぁ…って思ってたら、またもや村人Aさん登場。
「あっちにもいるぞ!」
協力的な人やなぁ。しかも発見する能力はガイド並み。




今度はもっとオープンなところに止まってたのでより全体像が明確に見えた。

km70ケツァール②17


km70ケツァール②18


km70ケツァール②20


km70ケツァール②23


km70ケツァール②24


km70ケツァール②25


もう言葉になりません。

だいぶ大げさな文章になってますね。
でも、自分は映画とか本とかスポーツとかじゃない現実の生活の中で涙腺がゆるむこと
って全く無いんですよね。
この旅行でも例えば絶景に涙したなんてことは1回もありません。


でもケツァールをずっと見てたら鼻の奥がツーンってなりました。
しばらく見てたら泣いてしまいそうな感覚のやつ。
実際涙は出なかったんですがそれに近いものはありました。




旅行して色んなものをみて感動することはあります。
でもレベルには色々あって、自分の中での順位付けは、

①「あーすごいなー」っていううわべの感動
②言葉が出ない本当の感動
③鳥肌がたつ
④背筋がゾワゾワする


って感じで上がっていくんですが、「鼻の奥がツーンってする」は初めての体験でした。
そして、リアルタイムで1年半ちょっとになった今でもそれ以降はありません。


なのでケツァールは感動レベルでは最上位なのかもしれません。
「ただの鳥やん」って言われたらそうなんですけど、実際目の当たりにしたら
それでは済まされないものになると思います。





結局文中に登場しなかった1羽を入れると計5羽のケツァールを見ることが出来ました。
コスタリカに来てよかったし、中米ラストをケツァールで飾ることが出来て本当に
運が良かった。


ボスは「いい時期だともっと尾羽が伸びてもっとキレイになるんだー!」って
言ってたけど十分満足です。ありがとう。





ロッジに戻ってハチドリ見ながらお茶をして帰路につきました。

km70ケツァール②26


km70ケツァール②28


km70ケツァール②29




ケツァールの木彫りほんまに迷ったけど結構大きかったので買わんかった。
でも今では買っとけばよかったって後悔してます。(ちなみにボスの手作り)

km70ケツァール②27





帰りは来た道を戻る。


ケツァールを見た後で「BUEN VIAJE」の文字を見ると今後の旅が本当にいいものに
なる気がする。

km70ケツァール②30






道に出て反対側にバス停っぽいコンクリートの仕切りがあります。

km70ケツァール②31


ここで待てばサン・イシドロ発サンホセ行きが通るのでそれを止めて乗り込むんですが、
4台ぐらい止まってくれず…。
焦り始めた1時間半後ぐらいにようやく1台止まってくれました。料金は行きと一緒。






見ると幸せになる鳥、ケツァール。
その通り幸せな出来事が起こることになるんですが、それはまだ先の話。。。





あーーーーーー!見られてよかった!!!
姿を見せてくれてありがとう、ケツァール!達者でなー!



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×25
世界遺産 ☆×50
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。