スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ったら余計に分からなくなった不思議の国、イスラエル@エルサレム[day463]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※エルサレム安宿情報下段にアリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1イスラムシュケル=約30.3円


2014年12月14日(day463)


イスラエル2日目。
昨日泊まった部屋は快適やったけど、通常のドミ部屋へ移動しないといけない
みたいな話になったので快適な宿を求めて散歩がてら旧市街へ。



そこは聖地エルサレムの中心。


なにがややこしいって、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という名だたる3つの宗教
全ての聖地なんですよね、ここ。


ユダヤ教からしてみれば、かつての信仰の中心エルサレム神殿が置かれていた聖地。
キリスト教からしてみれば、イエス・キリストが教えを広め、処刑され、復活した聖地。
イスラム教からしてみれば、預言者ムハンマドが昇天したとされる聖地。




おお、ややこしい。
これは取り合いどころか戦争になるわ。



第一、その3つの宗教って極端に言えばもともと同じ神を信仰してるんですよね。


自分も含め無信教な人が多い日本人にはあまりにも遠い世界。
日本人にとっての聖地は?って聞かれても答えられへんし。



ダマスカス門から旧市街に入ったんですが、そこは見た目イスラム圏のバザールに
近い光景。パレスチナ系の人が圧倒的に多い気がする。


うーん、分からん。
TVのニュースとか見てたらパレスチナ系の住民は自治区に押し込められてるって
印象しかないから。
人々も明るくて陽気で悲壮感とかは全く感じられない。




イスラム色強いなーって思ってたらキリストが磔刑に処される際通った道が
当たり前のように出てくる。
「え?こんな路地が!?」ってとこ。


そしてユダヤ人っぽい人はあまり見当たらない。



宿を求めてウロウロしてたら“嘆きの壁”に出てしまった。
絶対見たいって思ってたからもっと満を持して行きたかったけど、せっかくなので
見てみることに。

嘆きの壁1



男性は右側、女性は右側というふうに分かれてる。
中に入るにはユダヤ教特有の“キッパ”っていう小さな白い帽子が必須みたい。
入り口付近で配ってたのでそれを頭に乗せて壁の方へ。

嘆きの壁2




ユダヤ教と見られる男性。初めて見た。
調べてた通りの黒い服装。

嘆きの壁3



曜日なのか時間なのか、思ってたより人は少ない。
それでも人々が熱心に祈ってる(嘆いてる?)姿と高い壁の存在感は圧倒的。

嘆きの壁4



この“嘆きの壁”。


人々が壁に向かって、決して手に入らないものを嘆いてるぐらいの知識しか無かった。
知識は無いけどその光景を見たい、って思ってた。



調べてみると、これがまたややこしい。
かつては壁の向こうにユダヤ教の聖地であるエルサレム神殿があった。


でも現在はムスリムしか入ることのできないイスラム教の聖地である
岩のドームが建っている。

嘆きの壁5

※別角度からの撮影。嘆きの壁からは見えません。
 旧市街をさまよってると岩のドームへのゲートにぶつかってしまいましたが、
 軍人の方にがっつり止められました。「入るつもりはなかったんです…」。



ユダヤ教の人々はかつての自分達の聖地への帰還を祈り、嘆いてるらしい。
(ちなみにキリスト教徒からみてもキリストの処刑時に起こった出来事により
聖地とされている)


あー!複雑すぎてもうわけ分からん!


自分の書いてること全部曖昧で申し訳ないですが、分からなさすぎて下手に詳しく
書くと絶対間違うことになるから書けないんです…。


だいたい、無宗教な人間が宗教について書くのは無理!!




ヨルダンが征服してたときはイスラムのものになったんやろうけど、ユダヤ教である
イスラエルが奪還したのになんでユダヤの人が入られへんの?
そういうの武力で解決してきたんじゃないの?イスラエルって?


ユダヤ教徒の国を非難されながらも建国して、他の民族を虐げてまで守ってきたのに
一番の聖地はまだイスラムのもんなん?



もう宗教のことに言及するのはやめよう。



来る前も調べれば調べるほど分からんくなったけど、来たら余計に
分からへんくなった。
1つ言えるのは、日本の報道だけ見たり聞いたりしてもここは決して
理解出来ないってこと。




モヤモヤするけど…、なんておもしろいところなんやろう。
こんなに宗教を味わえるところって世界にあるんかな?
もちろん1つの宗教だけをどっぷり味わえるところはいくらでもあるんやろうけど、
3つ同時っていうのはなかなかないんじゃないんやろうか?



なんかワクワクしてきた。今までにない感覚。
宗教に興味なくても身体の中からわき上がってくる感じ。


イスラエルは未知の世界への入り口。もうこの時点で楽しい!



って言ってる前に宿を確保しないと。
結局旧市街にはいい宿がなかったし。
なによりも前日のスニッカーズ以来何も食べてへんから腹減りすぎて歩く気力がない。


こうなったら…


旅行者の間で有名なあの宿行ってみよう。
そこは“イブラヒムピースハウス”


平和活動家のパレスチナ人、イブラヒムさんが運営してる宿
(厳密には宿ではないのかもしれない)。
ドネーションという名の宿代は結構かかるけど、3食付きなのは魅力的。
ご飯が高すぎていちいちレストランの前で悩むのはもう嫌や!



その宿はパレスチナ人居住区にあって、最近まで泊まってた人が「夜に銃撃戦あったよ」
とか「住民(子供)が石投げてくる」とか「地図を売りつけながら財布をポケットから
抜いてくるやつがいて実際抜かれた」とか色々いわくつきの場所ではありますが、
腹の減りがそれを忘れさせました。




嘆きの壁からそっち方面にあるくことに。
オリーブ山の方に行けばあるらしいという曖昧な情報を元に。
歩いてたらオリーブがちらほら見えてきたので方向はあってるのかな?

嘆きの壁6




ま、そんな曖昧な情報で行けるはずもなく、5シュケルで連れて行くと言った
タクシードライバーを信じてタクシーで行くことに。



着いたそこは、あれ?ネットで見た景色と違う。。。
そこは“アブラヒムハウス”という名の場所(実際宿でもあるみたい)。


うーん、微妙に合ってる!でも違うんだなー。
ドライバーに悪意があったわけじゃないのでしょうがない。



ただ、ここがオリーブ山であることは看板とか見る限り間違いなさそう。
目印となる“万国民の教会”もあった。

嘆きの壁7



ただ、このまま歩き回って治安の悪い地域に迷い込んだら怖い。
誰かに聞くか、改めてタクシーに乗るか…。


ダメ元で教会の前にあったツーリストインフォメーションで聞いてみると
知ってると言う。
教えてもらった方向へ、そしてダハブでもらった手書きの地図を見ながら急な坂を
上がっていって、さらに近所の人に聞きまくったら着きました。


着いてよかった…。
ベッドは空いてるみたいなので一旦引き返して昨日の宿で荷物をピックアップして
再度イブラヒムピースハウスへ。今度はもちろんバスで。




着くなり「冷蔵庫に残ってるもの何でも食べていいよー。」



とまさに福音のようなお言葉。



遠慮もせずにガツガツと食べさせて頂きました。
ああ、ご飯ってこんなに旨いもんやったんや…。ご飯万歳。

嘆きの壁8


嘆きの壁9


嘆きの壁10


夕食も食べきれないほど出してもらって大満足。



本来、ここは平和活動家でもあるイブラヒムおじいちゃんの話を聞いてみたいって人が
多いと思いますが、完全に食目的で来てしまいました。
ごめんね、おじいちゃん。

嘆きの壁11

いつもはバシッとムスリム系の衣装で決めてることが多いけどこんな写真しかなかった。
さらにゴメン!



ここを拠点に不思議の国、イスラエルを満喫したいと思います。
明日はパレスチナ自治区であるベツレヘムに行きます。



ちなみに、普段連絡をあまり取らない自分としては珍しく気を遣って、母親に
「今イスラエル」ってメールしたんですが、「イスラエルだけは行ってほしくなかった」
って言われました。
それだけ日本人からするとステレオタイプに危険な街ってイメージがあるんですね。




【エルサレム宿情報②】★★★★★★☆☆☆☆


“イブラヒムピースハウス”


ドミでも個室でも85シュケルor25ドル(約2,577円)/bed/day。

シャワー(日中のみお湯、水圧○)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝・昼・晩飯付き、洗濯手洗い可、
干し場有り、wifi有り、共有スペース有り、キッチン有り、


かつてはドネーション形式だったが、一銭も払わない恥ずかしい旅行者が何人か
いたらしいので今は決められた金額を納める方式。
ご飯もおいしいし、wifiも早い(3階のみ)けどシャワーのお湯がソーラー頼みなので
日が照っている時間しかお湯が出ないのが難点。
冬は辛すぎる。シャワーを浴びたいとなると明るいうちに帰って来なくてはならないので。
行き方に関してはとても説明出来ないので他の方のブログを参照してください。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×38
世界遺産 ☆×60(エルサレム旧市街とその城壁群追加!)

スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

【やっぱり難関】エジプトーイスラエル陸路国境越え@ダハブ〜エルサレム[day462]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※エルサレム安宿情報下段にアリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1エジプトポンド=約16.9円
       1イスラムシュケル=約30.3円


2014年12月13日(day462)


この日はエジプトから陸路でイスラエルに入国します。
かなり厳しいと噂のイスラエル入国審査、切り抜けられるんかなぁ?


同じ宿にいたミキちゃんとイスラエルまでの予定がかぶったので一緒に行きます。
彼女は僕がヨルダンへのフェリーを1人ストライキすることに決めたときに賛同
してくれた貴重な1人。
英語ができるので国境でもめたとき心強い道連れができた。



まず宿からダハブのバスターミナルまで移動。
タクシー10ポンド/台(約164円)。
1人10ポンドって言ってくると思いますが、すぐ値下げしてくれる。


ターミナルで国境の街、ターバーまでのバスを探す。
値段も時間も調べてたのと違ってた。誤差範囲やけど。45ポンド(約756円)
別途荷物代1ポンド。
ちなみに時間は11時発。でも11時を待たずに突然発車!ターミナルへはお早めに。



バスは始め殺風景な岩山を縫うように走るけど、しばらくしたら紅海沿いに出る。
これがまたキレイなんですよね。
茶色とグレーしか色が無い陸地と真っ青な海の対比が素晴らしい!!


紅海やっぱりすげー!!


写真撮っとけよ、って感じですよね。
ええ、写真ありません。まぁ写真撮る事に夢中で景色楽しめないのもダメですよね
(言い訳)。目に焼き付けました。




バスが紅海沿いの街、ヌエバに近づいてきました。



あっ!

ダハブエルサレム1


ダハブエルサレム2


あのフェリー、ヨルダン行くやつちゃうかな??


ヨルダン行きのフェリーはダハブではなくこのヌエバから発着します。
一度はアレに乗ろうと思ったんやけどなー。
ストライキ中なので乗られへん。



バスは3時間ほどで国境の街、ターバーに到着。
タクシーが声をかけてきますが、歩ける距離なので徒歩で。



ここはちょっとだけ緊張しました。
と言うのも、2014年の2月にイスラム過激派が「この声明以降にシナイ半島にいる
観光客を皆殺しにする」って声明出したんですけど、本当に韓国人観光客が乗った
ツアーバスを爆破したんですよね。3名死者が出ました。


その事件が起こったのがまさにここターバー。
そして、国境に行くためにはその事故現場を通って行かなければならないんです。


キレイな道で、そんな気配は微塵もなかったけど1年以内にそんなことが起こってるから
ビビってました。
そんな情報もエジプト入ってから知ったんですけどね…。




イミグレに入る前に出国税?2ポンドの徴収。


イミグレの建物に入る前にはランダムな荷物チェックがありました。
僕はまた捕まって荷物全部開けさせられた。
トラベルクッカーについてあれこれ聞かれるのはもうお約束です。



エジプト国境は聞いていた通り両替屋があったんですが、かなりレートが悪かった。
ほんの少額やったから我慢したけど。
未確認ですが、イスラエル国境にも両替屋があるらしいです。
そうは言ってもレートが不明なのでエジプトポンドは使い切るのがベストですね。



さて、エジプトを出国。
次に難関と呼ばれるイスラエルの入国がやってきました。
早速武器を全身にフル装備した軍人さんが。
既に無言のプレッシャーがかかります。



まずは、小手調べ。
イミグレに入る前に質問コーナー。ガラス越しの問答です。


「イスラエル初めて?」
「なんでイスラエル行くの?」


などという簡単なやつで扉が開きました。
第1関門通過!!


まだまだ建物に入っただけ。
次に荷物チェックゾーンがあるんですが、そこに行く前に第2関門。



そこで僕が捕まりました。



イミグレの職員さんが僕のパスポートを見て明らかに怪訝な表情。
彼の目がパスポートと僕の顔を「何回見んねん!?」ってぐらい往復してる。


言いたいこと分かる!顔が違うんでしょ?
顔が違うとひっかかるって聞いてた!そして心配してたソレ!
だってサラリーマン時代の短髪ヒゲ無しと今のロン毛でヒゲ面、
やっぱりちょっと違うもんね…。




他の職員を呼ばれ、「これ同じやつだと思う?」みたいな会話してる。
後からきた職員も僕の顔を凝視。
僕はというと必死に営業スマイル。
運良くその職員さんは「同じじゃない?」みたいな感じ。


そうでしょ?同じやつなんですよ!


ただ、始めの彼は全然納得してないご様子。
さらに他の職員を呼んで3人目のチェック。


うーむ、念入りやなぁ…。


やっぱり納得出来ないようで、首をかしげる彼。
質問に答えられへんとかじゃなくて顔が違うって理由で入国拒否とかありえるん
かなぁ…?


と弱気になってたら、「他のIDなんか持ってる?」って聞いてきた。
持ってるけどこれも髪の毛短い時のやつなんやけどなぁ、って思いつつ免許証と
国際免許証を見せた。


ここまで来ると職員さんも苦笑い。
「やっぱりこれじゃ分かんねーよ。」みたいな感じ。


それでも数分の熟考の結果、通してもらえました。


よかった…。


パスポートと人相が違うって理由で入国拒否されたらブログのネタになったんですけどね。
めっちゃ煽るタイトルつけてアクセス数伸ばせたかもしれないです。
まぁ無事通れるほうが100倍いいのは間違いないですが。



これで第2関門通過。
次に第3関門、荷物チェック。X線通すやつ。


ここではなぜか僕は不問。完全スルー。
でもミキちゃんが捕まりました。


荷物を全部開けるのはもちろん、ポーチとかまで全てチェックする念の入れよう。
そして、荷物チェックだけでは終わらず質問タイム。


困ったのはホテルを聞かれたとき。
国境越えはいつも『歩き方』とかに載ってるホテルを適当に書くじゃないですか。
イスラエルだけに、あんまり適当なホステルやと突っ込まれるかと思って有名高級
ホテルを書いてたんですよね。


そしたらまさかの、「バウチャー見せて?」がキターーーー!!


これは予想外。普通は予定調和の世界で終わるはずやのに。



焦りましたが、咄嗟に「電話で予約したからバウチャーありません」って苦しい言い訳
したらそれ以上は聞かれませんでした。
変な嘘書くよりも「ホステルやから予約とか入れてません」って正直に言う方がいいかも。


はー、やっと第3関門通過。




これでやーーーーーっとイミグレにたどり着けました。



第4関門、いよいよ本番。
ここでは各種質問の連打を受けるって聞いてた。
ただ、質問は想定内のものばっかりやったからそれなりに答えられたと思う。


以下質問の実例集です。


「イスラエル初めて?」
「なんでイスラエル来たの?」
「イスラエルはどこに行くの?」
「滞在するホテルは?」
「いつまでイスラエル国内にいるの?」
「イスラエルに友達はいる?」
「今までどこの国に行ったことがある?」
「なんでマレーシアやインドネシアに行ったの?(イスラム圏の国)」


などなど。行かれる方はこの辺は最低でも押さえて行きましょう。
また、管理官によっても差があるみたいです。
ミキちゃんはものの5分ぐらいで抜けたのに僕は20分ほどかかりました。
質問が多かったのと、またパスポートと顔が違うって理由で他の職員
呼ばれたりしたから。


あと、「イスラエルはどこに行くのか?」って質問に対して、バカ正直にベツレヘムなど
パレスチナ自治区を言わない方がいいらしいです。



数々の難関を抜けて、38ヶ国目イスラエルに入国!!



そういえばパスポートへのスタンプ押印はありませんでした。
バーコード付きの入国カードみたいなのもらっただけ。
「イスラエルのスタンプあったら入国できない」って国にはもう行かへん予定やったから
もらってもよかったのに。


※他の国境ではサクッと押されてしまった人もいたので注意してください! 



ああ、もう日が落ちてきた。
国境の街、エイラットからエルサレム行きのバスはまだあるんやろうか?
無かったら安宿があんまり無いエイラットに泊まらなあかん。
とは言ってもバックパッカーの習性でタクシーには乗らず市バスを待ちます。


イミグレを抜けて100mも歩けば市バス乗り場があります。
そこからエイラットのバスターミナルまで。16番のバス。
4.9シュケル(約149円)


ターミナルに行って確認したらまだバスがあった!16時半のバス。
エルサレムまで5時間弱かかるから着いたら21時過ぎになるけど、情報が無い街より
行ってしまった方がいいって考えてエルサレムまで突っ込むことに。
82シュケル(約2,486円)。市バスみたいなバスのくせに高い…。


※バスターミナルにATM有り。



しかし、腹が減った。
朝飯代わりに菓子食って以来何も食べてへんもんなー。
国境越えの緊張感のせいで空腹をあんまり感じひんかったけど、緊張からの緩和で
急に腹減ってきた。


バスが休憩のため、ドライブインみたいなとこ入ったから何か買おーっと…




ひーーーーーーーーー!!!



高い!高すぎる!
サンドイッチが800円とか!マクドのばったもんみたいな店のセットが1,000円超えとか!!!


エジプトの物価に慣れすぎてたのでこの価格設定はありえへん!


そりゃー物価高いって聞いてたけどここまでとは…。
でも腹減ったし…。


こんなときはやっぱりスニッカーズですよね!菓子に逃げよう。


移動中も簡単に食べられて、コンパクトで、値段も手頃で、結構お腹が満たされる、
バックパッカーの味方、スニッカーズ。


お値段、6.5シュケル(約197円)…。


くっ…、高すぎる。
大概の国なら4本ぐらい買える値段やん…。


そして、「これいくらするんやろ?」って興味本位で買ったチュッパチャップスが
予想外の2.1シュケル(約64円)


イスラエルの子供は大丈夫!!??
小遣いでちゃんと買える!?



バスの中で35歳男性がスニッカーズをピーナッツがピーナッツバターに変化する
ぐらいまでよく噛んで食べて、チュッパチャップスを名残惜しそうに棒の部分を
丹念に舐めてる姿はさぞ奇怪なものだったでしょう。


車内が暗くてよかった!!!


バスは順調に走りエルサレムに到着。
思ってたより人が歩いてて安心。
バスが一緒やったもう1人の日本人の方と宿探し。


安宿が集まるダマスカスゲート付近までトラムで。7シュケル(約209円)。


いろいろ探すのには時間も遅いので最安って聞いてたホステルへ。
運良く部屋が開いてたのでそこに決めました。


長い1日が終わった。
これでも最短でエルサレムまで来られたと思う。


国境越えに時間はかかったけど、「ただ待たされる」とか「イミグレのやつが
仕事しない」とかではなくて正式な手順を踏んでの時間やったから充実感は
ありました。
別室行きにならんかっただけよかったです。


※イラン入国歴があると高確率で別室行きが待ってるみたいです。



同じルートをたどる人はがんばって質問攻めに耐えてくださいね!




しかしまぁ物価のお高いイスラエル。
先行き不安です…。



【エルサレム宿情報】★★★★★★☆☆☆☆


“New Palm Hostel”


4人ドミ60シュケル(約1,819円)/bed/day。

シャワー(熱い、水圧○)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場有り、wifi有り、共有スペース有り、キッチン有り、
電気ストーブ有り、


おそらくエルサレム最安の宿。
たまたまドミが満室で4人部屋をドミとして3人に開放してもらった。
必要最低限の設備は揃ってる。
値段は実際高いけど、他にないので仕方がないかな。


↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×38(イスラエル追加!)
世界遺産 ☆×59

テーマ世界一周 ジャンル旅行

ヨルダン…、行くべきか諦めるべきか@ダハブ[day456-461]


※約7ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1エジプトポンド=約16.9円


2014年12月7-12日(day456-461)


ダハブからどう動こう?


ダラダラしてたので考える時間はめっちゃありました。
ケープタウンで考えてたのはここからヨルダンに行き、そこからイスラエルに入って
トルコへ、って予定。


エジプトーヨルダンは定番のルートやから特に問題ないやろうって思ってた。



…問題はありました。
2つの国は陸路では繋がっていないので紅海をフェリーで渡る事になるんですが、
色々諸先輩の話聞いてたらその料金が想像の倍ぐらい(US85ドル!!)。

ダハブ地図




おお…、いきなりモチベーション下がった。



しかも遅れるのは当たり前。長い人で24時間待った人もいるとか。
また、実際フェリーに乗っている時間は3〜4時間。
これ世界一高いフェリーじゃない!?


もちろん!ローカルな人達は安ーい値段で乗っている。
完全にツーリストの足下を見た価格設定。


そんなクソみたいなフェリーに金払いたくない!!


私、決めました。
ヨルダンのフェリーをセルフストライキさせて頂きます。
みんな乗るから調子に乗るんですよ。だからストを起こして旅人全員が乗らなくなれば
考えを改めるでしょう。


まぁ、僕の情報発信能力は塵芥に等しいのでどこにも波及しないと思いますけど。
あ!でももう1人ストに参加してくれる人は見つかりました。


ざまーみろ!これで170ドルの損だね!!


…、相手へのダメージが少なすぎて辛い。



フェリーに乗らずにヨルダンに行けないものか…。


色々と調べた結果、まず陸路でイスラエルに入国、そしたらイスラエルとヨルダンの
国境がすぐそこにあるので一瞬でイスラエルを出国し、ヨルダンのアカバに抜ける。


おお!これなら行けそう。
ただ、一瞬しか入らないイスラエルを抜けるときに出国税をまずまず取られ、
ヨルダン側の国境からはタクシーしか無く…


結局結構お金かかる。



そもそもおれヨルダン行きたい??


かの有名な“ペトラ遺跡”あんまり興味ないのに??
死海はイスラエルでも行けるのに??
物価結構高いのに?



よし!!やめとこ!
ここで浮かしたお金で他のとこ行こう!


このまま年末にイスタンブールに間に合うのは絶対条件やからこの地域からあんまり
離れられへんし…


と、地図を見てたらグルジアとアルメニア、アゼルバイジャンが目に入った。
いわゆる“コーカサス3ヶ国”


情報無いけど、それだけにおもしろそう。
魅力的!な気がする。


航空券調べてもイスラエルからそんなに高くない。
ということでイスラエル後はコーカサスの国々で決定ー!!



南部アフリカの予定を大幅に変更して、中東に来たのにまた予定が変わった。
ほんまにこれやから…、予定は未定の旅行って楽しい!!


文にしたらたいしたことないけど、ここに至るまでめっちゃ時間かかった。
時間があるときにできるルートの設定・変更などなど。


この作業結構好きなんですよね。
人によったらめんどくさくて嫌いな人もいるやろうけど。


スカイスキャナーとにらめっこするのも好きです。



ということでヨルダン諦めましたー!!
世界各地で諦めた(前向きに)ところ増えてきたなぁ。


南米でコロンビア・ベネズエラ、
中米でベリーズ・パナマ、
アフリカでナミビア・エチオピア、


そして中東でヨルダンが新たに仲間に加わりました。
これからもまだまだ増えるんでしょう。


これ、もう1回世界一周せなあかんなー。
いつになるか分からんけど行けなかった国々に行ける日がくるのを楽しみにしております。



……………、



数ヶ月経った今ではヨルダン行っとけばよかったかな、ってちょっと後悔してるん
ですけどね。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×37
世界遺産 ☆×59

テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。