海とシーフードと冠水+安宿情報@ダラット〜ニャチャン/バス移動(day18-20)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年9月26日(day18)


高原の街ダラットを後にし海辺のリゾート、ニャチャンへ。
VIP待遇だったホーチミン〜ダラット間とは打って変わってミニバスに
定員いっぱいいっぱい。
ま、定刻より2時間も!早く着いたからいいんやけど。
agoda予約の「Tuyet Mai hotel」(ツィェットマイホテル)へ。
レビューでは
・隣が大型ホテル建築中でうるさい→間違いない
・蚊が多い→間違いない
・水が流れにくい→間違いない

と、評価に違わぬ感じだったのですが、女性マネージャーを始め従業員さんみんな
対応が◎だったので居心地は全然よかったです。部屋はめっちゃ広いしね。

どよーんと曇り空で寒かったダラットから太陽がまぶしいニャチャンに着いたので
とにかく海へ。

ニャチャン海


DSC_0407.jpg

海やーーーーー!この旅初めて。白い砂が目にしみる!



晴れてるうちに入りたいね、ということで宿に戻って準備。
していると、豪雨。なるほど、こういうパターンか。
スコールやろ?と待っていたがいっこうに止まない。夕方近くになってきたので
あきらめる。

となるともうひとつの楽しみ、シーフード!!
店を探してうろうろ。海沿いにあると聞いていたが全然ない。
後から調べてみると繁華街から徒歩ではキツいくらい北にあるらしい。

結局、宿の斜向いのシーフードレストランへ。地元客で混んでる店は安くて旨いが
定説なのでいける気がする。

ニャチャンシーフード屋

シンツーリストの並び。10軒隣ぐらい。

エビは絶対食べたかったので店頭に並んでいる大エビの値段を聞くと、
450,000vnd/kg(2,250円)。やっぱり高いので逡巡していると1/2kgで
半分の値段でいい(当たり前だが)というのでとりあえず入る。

エビはシンプルに塩焼きで!あとはハマグリとホタテもどきのネギナッツオイル焼き。

夜のエビ

夜のシーフード

全てめちゃくちゃ旨い!!!
やっぱりいいなーシーフード!エビが旨いのは間違いないけど、貝のオイル焼きが
香ばしくてほんまにいい感じ。
他にタコの唐揚げと青菜炒め、瓶ビール5本で2,400円。
普通に考えたら安いんやけど、旅行中ってこと思ったら贅沢かなー。
ま、たまにはいいね!

大満足で宿に帰宅。蚊がちらほら湧いていたので日本産蚊取り線香で一掃して就寝。



2013年9月27日(day19)


朝起きたら晴れ。やはり午前中は晴れて午後から豪雨のパターンかも。
ってことですぐに用意して海へ。
昨日値段は確認しておいた貸しパラソル&ベッド屋でそれらを借りる。
400円/day。

欧米人に混じってしばし海と戯れました。気持ちいい!
何か体に付いている雑菌が死ぬ感じがする。(あくまで感じです)

ブロンド美人
隠し撮りしたブロンド美人とそれを口説くナイスガイ。

パラソルの下で休んでいると色んな売り子がやってきます。
日用品・絵・煎餅・フルーツ・サングラスなどなど。
それらは適当にあしらいますが自分たちが待っていたのは伊勢エビの売り子です。
前に何かで見て、是非ビーチで伊勢エビを食べたいと思っていたので。

待っていると本当に来ました。エビと伊勢エビと七輪を持ってやってきます。
隣のパラソルの欧米人が値段を聞いていたのですが、伊勢エビは300,000vnd。

高いなー。というかお金足りひん。

海に行くので最小限のお金しか持っていない。その欧米人はエビを頼んでいた
様子。ついに自分たちのところに来た。
やはり言い値は300,000vnd。

本当にノーマネー。これしかないんだ、と手持ちのvndを見せる。
所持金150,000vnd。
おばちゃんがそれでいい、みたいな感じでお札を受け取った。

お!まけてくれるん?よかったー。
と思ってたら、おばちゃんが担いでる伊勢エビ(8匹ぐらい)の中で
一番小さいやつが七輪の上に乗せられた。

あ…で、ですよね〜。
言い値の半額やしまぁいっか!

伊勢エビ焼く夫婦
こんな感じで焼いてくれます。

海の伊勢エビ
完成品がこちら。

ええ。食べるまでもなくビジュアル的にもう旨いです。
食べたらやっぱり旨い!
1匹750円で、物価考えたら高いけど、ビーチで伊勢エビデリバリーがあるのは
ここぐらいではないでしょうか。ニャチャンに来たら是非!

肝心の海ですが、見た目はキレイやけど、透明度は福井のボロ勝ちです。
雨が降りそうやったから昼過ぎに退散。
午後からやっぱり豪雨。

ニャチャンは水はけが悪くてすぐに道路が冠水します。
自分の宿の道は大丈夫やったけど、悲惨やったのがシンツーリストそばの
交差点から南側に行く道。夕方から夜にかけて毎日ふくらはぎの下ぐらいまで
冠水してました。3日連続。
キレイなホテルとかもあったので、ニャチャンでホテル予約するときは
気をつけてください!晩飯食いに行けません、というかホテルに戻れません(笑)

ニャチャンは欧米人が多いです。ただ、ほとんどがロシア人。
イメージがなかったけど、ロシアではニャチャンは人気のリゾートらしく、
街にはロシア語があふれています。看板も英語はなくてもロシア語表記はある。

ニャチャンロシア語

DSC_0419.jpg

ヒョードルみたいなガタイのロシア人がいっぱい歩いています。
ただ、女性は抜群にキレイ。こんなんも知らんかったなー。

晩飯は前日も行ったシーフード屋へ。
2日連続贅沢はできないので安く済ませる。ただ、ハマグリは頼みました。

DSC_0417.jpg


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年9月28日(day20)


ニャチャン最後の日。
ニャチャンの海岸は真東を向いているので朝日がキレイとのこと。
見に行ってみた。

DSC_0420.jpg

DSC_0421.jpg

確かにキレイ。

びっくりするのがベトナム人の多さ。この人たち昼間どこにおるん?って感じ。
夜も明けきらない時間から大勢泳いでるし、ジョギングしてるし、音楽ガンガンで
エアロビクスしてる。

ベトナム人は朝早く色々嗜むのが流儀なようです。

晩にはこの旅初の夜行バスでホイアンに向かわなければならない。
チェックアウト12時のバスは19時。どうしたもんかと思っていると宿の女将さんが
半額出せばバスの時間まで部屋に居てもいいとのこと。

何かと商売上手な女将。ただ、別のとこ行って金使うよりいいかも、と思い
その申し出を受ける。

ベトナムの夜行バスは寝台バスで寝る体勢で乗ると聞いていた。
3列2段のシートだと。初の夜行、シートなのでドキドキしているとバス到着。
まさに噂に違わぬ仕様。

DSC_0428.jpg

自分のシートから撮った絵。1Fのシートでよかったー!分かりにくいですが、
前の人の背中の下に下半身を入れます(カプセルの中)。背もたれは
リクライニングで160°ぐらいには倒れる。

DSC_0432.jpg

ニャチャン寝台


思ったより寝心地は悪くない、が手荷物を持ち込むと置く場所がないので
抱いて寝るスタイルになりちょっとしんどい。自分は隣がトイレの壁で隙間が
あったのでそこに差し込むことで安定しました。
やたら「手荷物に気をつけて!」との貼紙アリ。盗難とかあるんかな。
南京錠&ワイヤーでガッチリガードしときました。

さぁこれから12時間、ホイアンまでの旅。早く寝て起きたら着いてたらいいな、
と思ってたら20時半には消灯。

寝るしかない。おやすみなさい。。。

あ、写真取り忘れましたが、ニャチャンのシンがある通りにある豚丼屋台、
めっちゃ旨いです。値段も200円しーひんぐらいやったかな。
夜は出てないので昼に是非ご賞味あれ!




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





テーマ世界一周 ジャンル旅行

コーヒー嫌いでも飲める!ダラットコーヒー@ホーチミン〜ダラット/バス移動(day15-18)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年9月23-25日(day15-17)


ホーチミン7:30のバスでダラットに向けて出発。
シンツーリストでチェックインしたのだが、なぜか従業員にクスクス
笑われる。何かついてるかな?と確認しても何もない。
原因が分からぬまま、ニャチャン行きのバス(大型観光バスタイプ)を見送った。
すると、待ち合いにいた客全てが乗ってしまい、ダラット行きはどうやら
自分たちだけのようだ。
確かにチェックインするとき「only you」と言われた気がする。

自分たちのバスが来てびっくり。普通のバン。
ドライバーやポーターに「you are VIP!」と口々に言われた。

だからか!!

バンとはいえ、まさかの車1台貸し切りで出発。
足伸ばせるしリクライニングがっつり倒せるしでめっちゃ快適。
大手旅行会社のオープンバスでもこんなことはあるんやなー。

DSC_0381.jpg



定刻1時間ぐらいを過ぎて15時半ダラット到着。
降りてみると涼しい!さすが高原。

お互いちょっと体調もよくないのでしばらく静養しよう。

「Uyen Vy hotel」(ウエンビーホテル)チェックイン。この旅で初めて
agodaで予約した。ホーチミン行きのバスで出会ったフォトグラファーから
その便利さを聞いていたので。
確かに長距離移動の後にバックパックを担いで宿探しする手間は省ける。
こういう方法もあるんやなぁ。

宿探しも旅のおもしろさの1つであることは分かってはいるが、若くないので
バックパックの重みはキツいからいいかも。

宿で昼寝した後に夕方から外出。
この旅で初めてまともな夕焼けを見られた。

ダラット夕焼け


DSC_0382.jpg

しかし、寒い!

東南アジアで開けるとは思っていなかった暖かい服用の圧縮パックを開けて
フリースと長ズボンを取り出すほどに。

晩飯は屋台風のところへ。
一応メニューはあったので見てみると結構高い(fried rice 50000vndなど)。
店舗風なところはたくさんあったが、さらに高いのでここで妥協。

メニューを見せてもらって入ってるので料金には納得していたが、ここでも
あからさまにベトナム人用メニューとツーリストメニューの2種類が存在していた。
メニューファイルの色が違うのでバレバレです。

軽めに食べてスープ屋台で温かい飲み物を飲む。
コーンポタージュが飲めるとの前情報だったが無いようなので豆乳を頼む。
完全無調整の豆乳で苦手な部類だったが、地元客にならって砂糖を入れて飲むと
おいしかった。
次の日同じ屋台でコーンポタージュ風な鍋が追加されていたので頼んだが、
ポタージュというよりもとうもろこしの絞り汁といった感じ。
砂糖入れて飲んでもキツかった。。。

DSC_0384.jpg

結局ダラットには予定外に3泊もしてしまった。
しかも滝や山など見所には一切行かずに。
やはり気候がいいのもそうやし、街もこじんまりしてて居心地がよかった。
フランス人が植民地時代に開拓し、その当時のかわいい建物もたくさん残っている
のでただ散歩してて楽しい感じ。

DSC_0402.jpg

名産のダラットミルク。道中看板がバンバン出てたのにも関わらず、売ってる店が
少ない。東南アジアの牛乳はなぜか冷蔵庫に入っていない怪しいものが多いけど
これはしっかり冷蔵庫に保存されていたので安心して飲めました。おいしい。

DSC_0406.jpg

あと、苺とアーティチョークが有名だそうです。
生は食べられなかったけどカフェで出てくるアーティチョーク茶はうまかった。
市場は野菜が豊富で見てて楽しい。

ダラット市場


市場の子猫。

ダラット子ネコ


パン屋はたくさんあります。

ダラットパン屋


その中でも一番のヒットだったのがダラットコーヒー!!
ローカルな店に恐る恐る入って現地人が頼んでいたものを注文したのだが、
抜群のおいしさ!!もう感動しました。
何と言っても味が濃い!コーヒーのおいしいとこだけ濃縮って感じ。
今いるニャチャンのコーヒーがどこで飲んでもおいしくないので後から余計に実感しました。

DSC_0385.jpg

隣がアーティチョーク茶。ダラットではコーヒーとお茶がセットで出てきます。

DSC_0388.jpg

DSC_0387.jpg

これ目当てで行ってもいいんじゃないかってぐらいです。
コーヒーとダラットの街のおかげで何もせずとものんびり楽しく過ごせました。
次はがらっと変わり、海辺のリゾート、ニャチャンに向かいます。

ダラット最後



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×3
世界遺産 ☆×3
テーマ世界一周 ジャンル旅行

カンボジア・ベトナム陸路国境越え@プノンペン〜ホーチミン/バス移動(day13〜14)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年9月21日(day13)


プノンペンを発つ朝。
さようならナイスゲストハウス。いい宿でした。

DSC_0335.jpg


近所のキャピトルツアーから申し込んだツーリストバスで
ベトナムはホーチミンまで向かいます!

DSC_0334.jpg


バスに乗り込むなり車掌さんみたいな人にパスポートを集められる。
国境越えのバスではパスポートを一括管理するとは聞いていたが
こんなにすぐ?って感じ。やっぱり不安。

バスは順調に走る。
途中、メコン川をカーフェリーみたいな船に乗って越える。
人は降りずにそのまま。遠くに建設中の橋が見えた。
完成したらあの橋を渡るのかな。

ホーチミンまでの橋



国境前のレストランで休憩。
終わるとまたバスに乗り込みます。
カンボジア側出国ゲート。

DSC_0341.jpg


名前を呼ばれた順にパスポートを受け取り、バスを降りて
イミグレーションへ。既にスタンプが押されている!ので
指紋認証だけで通過。
パスポートはまた預ける。



再びバスに乗って無国籍地帯を少し走った後ベトナム側入国審査。
ベトナムも帰りの航空券が〜とか言われると聞いていたので
ちょっと心配したけど、イミグレでバス乗客全員のパスポートが
山積みになっており、管理官が無表情でスタンプを押している。

何事もなかったかのようにスタンプが押されたパスポートが帰ってきた。またもやいらぬ心配。

ついに未体験ゾーンベトナムへ!

バスは乗り換えすることなく(これはめっちゃ大事!)ホーチミンを目指す。
なんとなく看板がアルファベット表記になってきて違いを実感。

定刻通りにホーチミンはデタム通りに到着。

DSC_0372.jpg


バスで唯一の日本人だった女性フォトグラファーとランチして
宿探し。

一軒目16ドル、2軒目12ドル、もう一声!3軒目10ドル!
設備はちゃんと整っている。普通に考えたらまぁ安い。

問題点はただ1つ。7階建ての7階だということ。
(無論EVはありません。THE違法建築。)

宿の主人は「エクササーイズ!!」などと呑気なことを言う。

ま、値段に負けた。どうせ2泊しかしーひんし。
宿決定。

DSC_0370.jpg


洗濯やらなんやらしてて夕方から街へ繰り出す。

ここがファングーラオか。
タイのカオサンに次ぐ東南アジア第2のバックパッカー街。
規模は違うけど雰囲気はある。

そういえば、当日は日本とベトナム国交40周年だった
みたいです。こんな看板がありました。
東南アジアの国とは仲良くしてほしいですね!

DSC_0343.jpg


都会はあまり見所がなく、とりあえずベンタイン市場へ。
まぁよくある市場やけど、生鮮食品が少ないな、夕方やからかな、
と考えながら歩いていると、店の人間がやたら触ってくる。

「お兄さん見て、この○○…」と言いながら腕や体を時には
つかむ勢いで触る。

こっちはスリ警戒してんねん!!
紛らわしいから触ってくんな!!!

と、イライラしたので退散。
プノンペンのセントラルマーケット楽しかったな…。

市場周りのナイトマーケットもそれほどではなかったので
地元の人にも評判らしいと無料地図に書いてた居酒屋?へ。

適当に頼んだけど、ハマグリっぽい貝の炒め物が超絶おい
しかった!
生春巻きがまさかの手巻きスタイルやったけど。

DSC_0345.jpg


デタムに戻ってシンツーリストへ。
ベトナムはホーチミン〜ダラット〜ニャチャン〜ホイアン〜フエと
周遊するつもりなので乗り降り自由のオープンバスチケットを
入手するのが目的。
ちなみにファングーラオ地区、食べ物屋よりも多いんじゃないかってぐらい
旅行会社があります。

どこでも売ってるんやけど、信頼のシンにしました。
一応別の会社と料金比較はしたけどシンの方が安かった。

1人29ドルぐらい。安い!
乗り降り自由やけど1区間ごとに予約は必要らしいので
明後日のダラット行きだけ予約。

新チケット


これで万全の態勢。
お茶して宿に帰りました。



2013年9月22日(day14)


ホーチミン散策。
都会は…って言ってないで見てみないとね!

ホーチミン、TVで何回も見たことあるけどバイクがすげー!!
信号があるところはまだしも、デカイ交差点でも信号なかったり
するから渡るのに必死になる!
ガタイの大きい欧米人の後ろに張り付いて渡ったり(笑)

DSC_0367.jpg

DSC_0369.jpg


でも慣れてくるとバイクは向こうが避けてくれることがわかった
ので堂々と渡った方がむしろお互いいいことが理解できた。
ただし車はあかん!歩行者無視で突っ込んでくるから車が
来てるときは止まらないと死ぬ!

歩いてるとおしゃれなセレクトショップとかベーカリーがあって
楽しいです。
そこで買ったパンは次の日食べたんですが本当においしかった。
「この味に慣れてしまったらあかん!!」って言いながら
食べました。

中でも多いのがカフェ!
こぎれいなカフェがそこらにあってしのぎを削っています。

DSC_0368.jpg

ホーチミンカフェ1

DSC_0359.jpg

ホーチミンカフェ2


知らんかったけど、ベトナムって世界最大のコーヒー輸出国
なんですね!タイ、カンボジアではあんまりコーヒー飲んでる
人見ーひんかったけどベトナムではあちこちでみんなコーヒー
飲んでます。

自分もベトナム式アイスコーヒー=エスプレッソ+練乳+氷に
チャレンジ。
コーヒー飲めないんですが、、、あれ!?うまい!!

日本で出されたコーヒーって苦くて酸っぱいイメージやったけど、
全然酸っぱくない。苦いっちゃ苦いけど旨味がある苦さ。
何て言うんやろ。
スターバックス入った時の匂いを思いっきり凝縮した感じ?
飲み慣れてないから表現が分かりません。。。

始めはめっちゃ濃いけど氷で徐々に溶かして飲むのが
ベトナム風なようで、1杯で1時間半ぐらい持ちます。

あとはホーチミン像を見たり、サイゴン教会行ったり、
日本人に人気らしいドンコイ通り行ったりしました。
このあたりは内容をめっちゃ端折ってお送りしました(笑)

DSC_0349.jpg

DSC_0356.jpg

ホーチミン肖像画


その後ファングーラオで晩飯。
この晩飯、ブンボー(BUM BO)というものすごいおいしい
麺だったのですが、1杯350円という考えられない値段でした。
現地人ばかりの店に入ったのに。
ベトナムはたとえ地元の人が通う店であっても、現地人とツーリストの
値段をあからさまに変えてきます。
これは次行くことになるダラットでもよく経験することになります。
気になる人は食べる前に値段チェックしましょう!

同じファングーラオで昨日も行った、仕草がキュートな
お姉さんのカフェに行って締めました。

ファングーラオカフェ

変な表情撮ってごめん!

ベトナムは手強くもあり楽しい感触。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login