スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレー半島バスで南下、目指すはペナン@バンコク〜ハジャイ〜ペナン(day41-42)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年10月19日(day41)


前日の晩、バンコク最後やから、と贅沢に欧米人向けの店で初めて
飲んだ。生歌(弾き語りのシンガー)アリの店はやっぱりいいですね。

今日はハジャイ(ハートヤイ)移動日なので夕方までぼけーっとする。
バスチケットを予約した旅行会社にチケット受け取りがてらバックパックを置かせて
もらった。

チケットはこんな感じ。

DSC_0291.jpg

バスのグレードは行き先にもよるがバスオフィスによって7〜8段階ぐらい
値段の設定がある。(値段は550B〜1150Bぐらい)今回は、バスの設備、
ハジャイ到着時間を加味して下から3番目の747Bのものにした。
リクライニングの角度表示もあっておもしろい。
安いやつは150°、VIPは165°みたいな。

南バスターミナルはとにかく広くてごちゃごちゃして迷うから1時間前には行っておいた
ほうがいいと言われた。
安い市バスで行きたかったが、バンコクは夕方は渋滞がひどい。
それはまだしも満員状態のバスにバックパック背負って乗り込むのは気が引ける。
タクシー使うしかないか。


ビビりなので余裕を持って1時間半前に着く感じでタクシーに乗ったのだが、
渋滞のない道を飛ばしてくれて20分程で着いた。

道中、腕時計に着いているコンパスで方角を見ていたのだが一向に南に行かなかった。
どうやら南バスターミナルはカオサンより北にあったみたい。
地図ないしわからん。

ターミナルはすごい人、と店。
建物内表示も分かりづらく確かに迷う、というか迷った。
着いてすぐプラットホームだけは確認した。自分たちは29番だったが、
なんと90番まである!事前チェックは必須です。

DSC_0295.jpg

夕暮れのバスターミナル。まだ待機中のバスは少ない。

DSC_0284.jpg

落ち着いたところで建物内部見学。

行き先ごと、グレードごとに無数のブースが並んでいる。
みんなおそらくお気に入りのバス会社で買ってるんかな。
写真撮ってたらノーフォトって注意された。すみません。

DSC_0286.jpg

DSC_0287.jpg

この規模のバスターミナルって日本にないなー。
なんか今までツーリストバスを乗り継いできたからこういう公的なバスターミナルを
味わう機会がほとんどなかった。
ツーリストバスはピックアップ付きやし楽やけどこういうのもいい!
旅してる感じがぼわーっと湧いてきます。

歩いていると、突然歩いているのが自分たちだけだと気づいた。
周りの人は時間が止まったみたいに静止している。
耳を澄ますと国歌らしき音楽が流れていた。

「あ〜これか〜!」

テレビで見たやつや。1日に何回か決まった時間に国歌が流れてその間はみんな
動きを止めるってやつ。
バンコク最後の日にやっと見られた。

もちろん自分たちも動き止めましたよ!(笑)

そんなこんなで出発時間が近づいたので再びプラットホームへ。

DSC_0294.jpg


夜行バスがどんどん集結しにぎやかになりました。
日本人も含めてツーリストの姿はあまり見かけず。見かけても島行きのバス。
みんなマレー鉄道かなー、ちくしょー!

停まってるバスを見るとグレードの差をあからさまに感じます。
VIPは飛行機のファーストクラスみたいなシートでキャビンアテンダントもいる。

自分たちのバスはこちら。

DSC_0293.jpg

一応2階建て。1階はVIPシートだった。
でも、座席は広くてものすごく快適。しかも一番前のパノラマシート!
旅行会社のおばさんが「前の方って言っときました。」って言ってくれてたけど
まさか一番前とは。足が自由でさらに快適でした。事故ったら死ぬけど。

DSC_0296.jpg

バスは定刻ちょっと過ぎて出発。
配られたものは水、そしてこの小箱。

DSC_0297.jpg


夕食付きと聞いていたので晩飯は抜いてきた。これが晩飯か?
どう考えても軽い。開いてみると、

DSC_0298.jpg

あんぱん1つ。おいしく頂きました。

バスは快調に進み、午前0時ごろサービスエリアへ到着。
他のバスも停まっており食事している人もいる。

なるほど〜、バスの中で食べるんじゃなくてここで食べるんや。
しかもどうやらチケットの半券がミールクーポンになっているらしい。
引き換えに行け、と言われたので引き換えに行くと、直径5cmのドーナツ
2つとヤクルト。

笑うしかないので笑いました。

様子を見ているとVIPなバスから降りてきた客は同じようなミールクーポンで
ビュッフェ形式の晩飯を食べていた。
ある意味、値段の差をハッキリつけていて潔し!しょうがない!

再びバスは出発し、そのままハジャイ(ハートヤイ)へ向かう。
おやすみなさい。

色々書きましたが、東南アジアに有りがちな冷凍バスではなく総合的にみて
非常に快適なバスでした。




2013年10月20日(day42)


翌朝9時前ハジャイのバスターミナルへ無事到着。
降りるなり「どこ行くんだ?」と聞いてくる客引きに囲まれてうっとうしい。
自分で探したいので全て断る。

ターミナルの前はこんな感じ。
旅行会社が何軒か並んでいた。

DSC_0299.jpg

写真真ん中ぐらいの旅行会社をまず訪ねたがペナンまで500B。
相場が分からなかったが、スタッフの人相が明らかに悪い。

旅してて思うことは、人相ってほんまに大事やな、と。
今までほとんど大部分快適な旅をしてこられたのもいい人相の人の助けや関わりが
あったから。
もちろん悪く見えていい人やその逆もあるけど、「あ、この顔はあかん。」って
思うことも多い。ピン!と来ます。
ここはまさにそうだったので、後ろからの「いくらならいいんだ?」という声を
無視して次へ。

そこは人の良さそうなおばさんが1人でやってるとこ。
ペナンまで400Bとのこと。しかも15分後ぐらいに出るらしい。
ここに決定。

DSC_0301.jpg

ターミナルを出て左手に見えます。
おばさんの説明もめっちゃ分かりやすくておすすめです。

来たのはハイエースタイプのいいミニバン。運転手もいい人。
客は自分たちとマレーシア人夫婦と台湾人の一人旅ツーリストのみ。

これまた快適にタイーマレーシア国境を目指して出発!

寝てたから定かではないが1時間半ぐらいでタイ側イミグレ到着。
出国時はいつも荷物チェックがないのでパスポートのみで通過。
全然印象に残っていない。

すぐにマレーシア側のイミグレへ。
ここは各自バックパックなど荷物持参で並ぶ。

DSC_0305.jpg

ちょっと混んでる。でも管理官がサクサク仕事するので時間はさほどかからなかった。
頭に肌を隠すスカーフ?を巻いている女性がたくさんいてイスラム教徒が多い国に
来たことを実感。ちなみに管理官もスカーフ巻いてました。

こちらも全く問題なく通過できた。

5ヶ国目、マレーシア入国!!

浸る間もなく再びバンで移動。
途中休憩でドライブインに立ち寄った。両替所がありレートがよかったのでタイバーツを
マレーシアリンギット(RM)に交換。おっちゃんいい人でバーツの小銭までRMに
換えてくれた。
国境付近ということでまだまだレートはよくなるだろうと思い、全てのBを換えなかった
のは失敗だと後に知る。ペナンでもマラッカでもここ以上のレートはなかった。。。

海沿いに出て、もうすぐペナンみたいな雰囲気になってきた。

「深夜特急」ゆかりの地、ペナン。
沢木耕太郎は対岸のバターワースからペナンまでのフェリーを香港のスターフェリーに
重ねていた。それだけでもうずうずしてくる。

しかし、爆走するミニバンはそのまま橋を渡ってペナンへ…

「えぇ〜、橋かかってるんや〜・・・」

DSC_0307.jpg

橋の向こうに見えるのがペナン。

スムーズすぎるバンはそのままペナンのジョージタウンに到着。
少なくともフェリーはあるはずやから滞在中に乗らねば。

勝手が分からないので1泊だけ予約していた「ムントリハウス」へ徒歩移動。
ヘリテージエリアにある歴史的建造物をゲストハウスにしたらしい。

確かに趣はある。

DSC_0309.jpg

DSC_0310.jpg

DSC_0311.jpg


ちなみにここマレーシア、ゲストハウスの文化が今まで居た4ヶ国とは大きく
異なります。
まず、基本的に共同バス・トイレ。これが「ここめっちゃキレイなG.H.で値段も
そこそこするなぁ」ってとこでも同じです。
また、そのバス・トイレが同じスペースなところがほとんど。
バス・トイレが同じなのはタイ等どのG.H.も大概そうですが、一般的な大きさのトイレに
シャワーがついてるって感じでかなり狭い。
あと、ペナンは基本的にドミトリーメインのG.H.が多い。
人気があるとこはドミトリーが1,200円ぐらいしたりする。

実際、ムントリハウスもそうでした。
それで窓無しツイン59.4RM(1800円ぐらい)。
(ここのドミは700円ぐらいでした)

物価の上昇を感じる・・・。

オーストラリアの安宿もこんな感じの形式が多いと聞く。
ぬるめパッカーなのでドミは避けていたがこの先どうなることやら。

ただ、2人旅は個室取ってもそう値段が変わらないことが利点やなぁと再確認。

ムントリハウスみたいに歴史的な建造物を活かした安宿はたくさんあります。
自分たちは翌日から宿を移りましたが、こういう場所に1泊だけでも泊まれて
よかったな、と思いました。

長くなったのでペナン編は次回に。
いつも思うのですが、長々とここまで読んでくださった方、ありがとうございます。
自分たちがいつか振り返った時の為、という日記的なブログであると同時に、
自分たちがいつも参考にさせてもらっている先人達のブログのように、後から
来る人の役に少しでも立てばという恩返し的なところもあり詳細に書いてます。

なのでご容赦ください!!!



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×5 new!
世界遺産 ☆×7



関連記事
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

日本人街に潜入!悶絶必死の食べ物達@バンコク(day40)



※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年10月18日(day40)


翌日の晩のマレー半島南下に向けて今日は休息の日。
とは言ってもバンコクではあまりすることがない。
ってことで、バンコク在住の日本人の生活をちょっと覗きに行こうと
いうことに。

どうやら日本人街がプロンポンというところにあるらしいのでそこまで
バスで。511番が行くと調べていたが乗ったとたん車掌のおばさんに「これは
行かない」と言われてしまった。
じゃあ途中のサイアムで降りてMRT(モノレール)で行くか、と一旦は落ち着いた
のだが、「この子達がプロンポン行くらしいからついていったら?」と言われた。
なので、この子達、恐らくバンコクの大学生について行かさせてもらうことにした。
どうやらバスを乗り換えて行くらしい。

一旦降りて次のバスを待つ。
ほんまは何番やったんかなー、と後ろで待っていると511番に乗った!
プロンポンに行く511番と行かない511番があるらしい。
バンコクの市バス、奥が深い。

無事プロンポンに着き、日本人街を探す。
路地を何本か見ながら歩くと明らかにバンコクでは異質の光景が。

路地に日本語があふれてる!


カスタードなかむら、というパン屋。日本人、タイ人問わずめっちゃ混んでました。
翌日の朝食用にパン買ったけど、めっちゃ旨かった!

IMG_0099.jpg


日本にでもありそうな居酒屋。メニューもレパートリー豊富。

IMG_0100.jpg


まさかの鮮魚店。マグロが売りらしい。「鰆の西京漬」や「紅鮭の塩麹漬」など
よだれがダーダーになるものもあった。奥にはなんと米穀店がありました。

IMG_0101.jpg


目が…目が痛い!胸も痛い!腹はもう限界!

ちょうど昼飯時、ペコペコの体にはむごい攻撃を両サイドからバンバン受けつつ、
忍の一文字。

追い打ちをかけるように、

「築地から週2回空輸の新鮮マグロ鉄火丼!」

という看板が。
これは一番打ちのめされました。
いや、本当にもうズキューーーーーン!ときました。

ただ、値段が250B(750円ぐらい)。3食食べられる金額。
ここも我慢。

そのままたどり着いたのが一番奥のフジスーパー。

IMG_0097.jpg


入ってみると、日本の食材のオンパレード!
ただ、これは純粋に楽しい!あれだけ日本で見ていたものなのにワイワイ言いながら
店内を歩き回りました。
夢中で見ていたのであまり覚えてませんが、井村屋のあずきバー(6本入り)が
500円ぐらいしてたのは覚えてます。

駐在員の奥様とおぼしき方々が買い物されてました。
食材の相場も相場やし、身なりも本当に綺麗にされてるので駐在員って給料結構
もらってはんねんなー、という印象でした。
日本人向けの不動産屋も見たけど家賃かなり高かったし。

店内の盛り上がりは総菜コーナーに立ち寄ったとき最高潮を迎えた。

理由は…オニギリがあったから!
ペリって破って引っ張るやつ。日本と同じや。
使ってるのも日本米!

恐る恐る値段を見ると、30B(約90円)。
2人の視線が交錯する。「これならいける?」「これぐらいいいやろ、いっとこ!」と。

買ってしまいました〜!
バンコクでオニギリGET!

IMG_0102.jpg


うめとこんぶ。

座って食べるとこがなかったので路地でそのまま食べました。

世界一うまい!!!

噛んで噛んで噛んで食べました。
ビニールに挟まって破れた海苔も見逃さず丁重に剥がして食べましたよ!

いやー、ほんまにうまかったなー。
噛みしめて食べたから昼飯これで済んでしまいました(笑)

日本人街、意地を張らずに行ってみたら、いい息抜きになりました。
1周して最後もう1回、もしバンコク立ち寄ることがあったら、あの築地のマグロ
絶対食べたる!

ちなみに帰りにガイドブックを立ち読みしに行った伊勢丹では「関西祭り」
やってました。日本のデパートの「北海道物産展」みたいな感じ。
我が滋賀県は近江牛が出品されてました。

IMG_0103.jpg


日本dayになった1日でした。


↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×4
世界遺産 ☆×7
関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行

東南アジア4ヶ国1周達成@チェンマイ〜バンコク/バス移動(day38-39)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年10月16日(day38)


バンコクまでの夜行バス18時ピックアップ。
チェンマイで何をしよう。
すぐに何もしないことに決定。観光ばっかりしてても疲れるし。
バンビエンで会った、チェンマイ在住マッサージ師のお兄さんも帰国済みやし。

とりあえず、カオソーイ食べて、前日リサーチしていた古本屋ストリートへ。
(でも3軒だけ。日本語の小説は真ん中のバックストリートブックスにたくさん
ありました)

DSC_0283.jpg


小説は1つ関空で買ったものを持っていたがろくに読まずにシェムリのヤマトG.H.に
寄付していた。荷物を少しでも軽くしたかったから。
でも活字から離れると無償に読みたくなってくる。
10Bから買えたので4冊GETしました。

そんなこんなで18時になりピックアップ。
ソンテウにツーリスト12人満載でバスに向かう。
あーバスは満員かもなー、とか思っていたらバスターミナルと逆方向へどんどん進む。

高速みたいなところも走り始めたところで「まさかとは思うけどこのままバンコク
行くんかな」と心配になってきた。
欧米人も「これでバンコク行くんじゃないの?」と口に出して言っていたので
みんながそう思っていたんだろう。

30分程走って普通のガソリンスタンドに到着。
そこにバスが待機していたので一安心。

バスは予想に反してガラ空き。
めいめい好きな席に座る。バスはボロい。
走り出してもエンジントラブルですぐに止まる。
何度目かの修理でようやく快調に走り出した。

着いたらそこはバンコク。朝を待つだけ。



2013年10月17日(day39)


目が覚めたらバンコク近郊で渋滞に巻き込まれていた。
窓の外は豪雨。ラオス入国〜チェンマイまで1回も雨降らへんかったのに。
やっぱり気候が違うんやな。

既に聞いていた到着時間は過ぎているがそこはアジアなので別にいい。
問題はバスがどこからか雨漏りしているということ。
床に置いておいたおかげでサブバッグが濡れてしまっていた。

結局カオサン徒歩10分圏内に7時すぎに到着。
でも豪雨&雷のすごさに誰も動けず。メルセデスベンツの店頭でみんなで雨宿り。
30分経っても止みそうにないので雨具フル装備で歩き出した。
かっこいいアフリカンパッカーから「Good Luck」と言われる。
ネイティブの「Good Luck」はとてもいい響き。

カオサンにたどり着き、もはや定宿になったサイアムオリエンタル到着。
ここのおっちゃん厳しいけどその時間からチェックインさせてくれた。

帰ってきたで!バンコク!東南アジア1周達成!

IMG_0056.jpg

IMG_0058.jpg


40日余りの行程でした。
もっと時間があればベトナム北部、ラオス最北部・南部なんかも行けるので
心残りはたくさんあるけど、これから長いからそうも言っていられない。
とにかく1つの目標をクリアできたので満足。

バンコクに着いてまずしなければならないことは電車の予約である。
かなり楽しみにしていたマレー鉄道(正しくは国境まではタイ国鉄)南下ルート。
陸路国境越えは徒歩やバスなど色々あるけど電車は経験がない。
まず第一日本でも寝台列車に乗ったことがない。
バスと違って電車はロマンがある。
3重の楽しみがあるこのコース。


ホアランポーン駅に出向けば手数料はかからないが、格安の手数料(50B)で手配
してくれる旅行会社を調べていたので、そこを訪ねた。

「あさってしあさってぐらいでバターワース行き寝台上下段2名で予約できますか?
(下段の方が広く窓があるので人気)」

「無理って言ってる」

「じゃあいつまで待てば?」

「上下段だと24日って言ってるわよ」

なにー!?1週間後!?バンコクでそれだけの日数足止めは痛い。

「じゃあ上段上段でいいです」

「それでも22日ね」

バンコク〜バターワース(マレーシア)線は1日に1本しかなく待つことは
十分想定していた、がこれはかなり混んでるなぁ。
なるべく早く進みたかったので一度電話を切ってもらい、考えていると、

「バターワースはあきらめて途中のハジャイ(タイ南部)まで行ったら?」

と言われた。
ほぼ同じ寝台列車でハジャイまでは1日3本出ているらしい。

うーん。国境越えの楽しみが1つ減るけど仕方がない。
しょうがない。気分だけでも味わうか。

「それでお願いします。(全部寝台やから)何時発のでもいいです」

「分かった。聞いてみるわ。」

タイ語なので分からないが、電話をしてくれているおばさんの顔がどんどん
険しくなっていくのが分かる。

「ハジャイでも22日、しかも上段上段しかないみたい」

「そうですか…あきらめます。。。」

あぁ、マレー鉄道半島南下の夢が絶たれた…
でもこればっかりは仕方ない。
次の策を考えなくては。どうやらバンコクから直接バターワースに行くバスは
ないようで、まずハジャイまで行き、そこからバスを乗り換えて国境を越えなくては
ならないようだ。
そのオフィスは乗り換えに関する情報は持っていなかった。
まぁ何とかなるかな。

ハジャイ行きのバスは南バスターミナルから出ているらしい。
ピックアップはないがバスの手配はしてくれるそうだ。
当日直接行ってターミナルで買った方が安いのは分かっていたけど、
おばさんかなり交渉をがんばってくれたのでそこで買うことにした。
安さは肝心やけど、こういうところは大事にしたい。

無事バスはブッキングできたので一安心。

この時点で15時。
昨日の晩から何も食べてないのでとりあえずご飯。
smileが4ヶ国で1番と言っていたバンコクのカオマンガイを食べに行く。
でも着いたの16時で店は17時からとのこと。

近くでおいしそうに焼き鳥を焼いている店を発見したので
そこでビールを飲んで待つことに。
これがヒット!焼き鳥めっちゃおいしい。マレーシアのサテ風焼き鳥で下味も
ソースも絶妙。

IMG_0095.jpg

IMG_0094.jpg

英語表記がないので何て言う店かわからない。

ここはお勧めです。
BIG C(伊勢丹向かいの大型スーパー)の玄関から右に出て運河を越えて
次の大きい交差点を右に曲がればすぐにあります。
ちなみに絶品カオマンガイはそこをもう少し歩けばあります。

夢が1つかなわなかったけど美味しい晩飯で1周を締めくくれました。

…でも残念やったなぁ。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。