スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア上陸、イミグレが厳しい!@バリ〜ダーウィン(day61-62)

リアルタイムではついにイースター島上陸!
本土ではないけど初の南米。
タヒチではフランス語、ここではスペイン語。
もうわけが分かりませーん。

オーストラリア編は1豪ドル(93〜95円)換算で読んで下さい。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月8日(day61)


自分達を乗せたエアアジアは夕暮れのダーウィンに到着。

ついに新大陸に上陸〜!
国としては8ヶ国目!

(イミグレ情報)
食べ物の持ち込みは噂通りものすごく厳しい!
入国時X線検査有り。
近くに居たアジア系家族は何か持ち込んで申告しなかったのが
バレたらしくカバンがっつり開けられ厳しく尋問を受けていた。
餞別にタカヤマからもらった梅干し、ウブドで食べといてよかった〜!
ほんまはずっと持ってたかったけど、ウブドでビンタンビールと共においしく
頂きました。ありがとう!
日本から持ってきた「本だし」や「鶏ガラスープの素」はヒヤヒヤしたけど
おとがめ無し。

書き忘れてたけど、バリの空港でのチェックイン時、オーストラリアからの出国航空券
提示はありませんでした(エアアジア)。

なぜにオーストラリア入りをダーウィンにしたか。

①旅友達のスザーンとロックランが住んでるから(旅行中で不在だが)
②バリから一番近い&安かったから
③この旅で行かないとたぶん2度と行かへんと思ったから
④オーストラリアのど真ん中を縦断したくなったから
⑤「ダーウィンが来た」を愛する視聴者として

日本にいるときはオーストラリアで何をするかなんか考えてなかった。
ただ漠然とコアラとか見るんかなー、と思ってただけ。
なんやったら1週間ぐらいでスルーしようと思ってた。

でも旅先での出会いやそこで得られた情報で旅のルートが定まった。
まさにツアーではない旅の醍醐味。
世界一周航空券買わんくてほんまによかったな〜と思う瞬間。

てなわけで通称「トップエンド」、ダーウィンからオーストラリアの旅スタート!


空港でエアポートシャトルを捕まえた。
マイクロバスに荷物用の車が牽引されている。
ホテル名を告げると目の前まで送ってくれる。

2人で2,600円。2人だと多少の割引があります。

お客さんがある程度集まると出発。

本日の宿は「ルマルマアパートメント」。
オーストラリアは物価が高くてどうしてもドミ生活になるとすれ違った先輩達に聞かされ
てたけど、慣れない土地で初っぱなからドミに泊まる勇気がなかったヘタレ夫です。

こっちで言うアパートメントはキッチン付きの部屋。

1泊8,300円ぐらい。1泊で。

はい。ウブドでの5泊分余裕で超えます。

事前に予約してたから知ってたけどキツい!!

街を歩くと色んな値段表示が目に入りますよね?

手始めにホテルの目の前にある何てことない庶民的な喫茶店。
ブレークファーストセット(トースト&コーヒー)が12ドル!

「・・・・・。」

ジャブどころかストレート&ボディ&アッパーな値段。
街中の飲食店でもメニューを見ると目が痛くなる。
とてもじゃないけど外で食べられへん!

ということで、自炊しかない!!

スーパーに移動。
値段はまぁまぁ、日本より高いものもあれば安いものもあるって感じ。総じて言うと
日本より高い。
卵1パック3.5ドルとか。

でも久しぶりの自炊、というかスーパーでの買い物、楽しい〜。
「何買う?」「あ、それちょっと高いわ!」「これむっちゃ安なってるやん!」
などなど。

テンションが上がる。

偶然入ったこのスーパーは「コールズ」というチェーン。
オーストラリアでは「ウールワース」と覇権を争っている。
自分達は断然コールズ派!
だってどう考えても安い。
その後も街にどちらもあれば絶対コールズ行った。

盛り上がって遅くなったのでこの日は宿帰ってスパゲティ作って食べた。
気軽に作れるからパスタはこの日から心の友になりました。

キッチン付きの宿にして良かった!
smileが言わないと自分は気づかなかったので危ないところだった。



2013年11月9日(day62)


この日こなさねばならないこと。

①YHA(ユースホステル)の会員になる
②カカドゥ国立公園の安いツアーを見つける
③メルボルンまで行くバスパスを買うこと
④できれば南米行きの航空券を探すこと

まず①。

オーストラリアに来る前に旅で会った先輩達に言われていたのが、
オーストラリアではYHAに泊まる機会が多いこと、そしてYHAメンバーなら移動や
宿泊など各種割引を受けられること。

そんなんあるんやったら入らなあかん!
というか、知ってる人はちゃーんと日本で作ってから旅立つらしい。

オーストラリアで作れるのか?

ダーウィンのYHA行ったら即時発行してくれました。
40ドル/pax。日本で作ったら2,500円。

不覚!

でも作れたから良かった。
後々、このカードの力を知ることになる。

次に②。

全く計画になかったが、ダーウィン来たなら行くべき場所らしいカカドゥ国立公園。
アボリジニの残した壁画があるところ、で世界遺産。
そう言えばテレビで見たことあるような…。

せっかくここ出発やから行っとこう、ということで安いツアーを
探して観光案内所へ。

安いツアー??

そんなんありません!!

というか1日ツアーが少ない。
どうやら1泊、2泊でゆっくり回るぐらい広大らしい。

結局色々見た結果、YHAに貼ってあったツアーが一番安かったので再びYHAに戻りその
ツアーを予約。

185ドル/pax。(割引前は205ドル/pax)

たっけーーーーー!!

しかし仕方がない。
YHA会員になったおかげで入会費の半分返ってきた。

翌日に空きがあってよかった。

次に③。

オーストラリアの真ん中を縦断してアデレードを経てメルボルンまで行くという行程を
漠然と考えていたので、お得だというグレイハウンド(バス会社)のバスパスを見に行くことに。

行ってみると、日曜日で休み。。。

日本にいると各種サービス業って土日がかきいれ時ですが、こっちの人は土日に
平気で休みます。
旅行会社であったりレストランであったり、図書館だったり…

「休みの日はあちらへどうぞ」と看板に書かれていた観光案内所のようなところで
話を聞いた。

結論からいくとメルボルン行きのバスパスは750ドル/pax(うろ覚えやけどもっと高かった
かも)もした。

頭がクラクラする。

タカスギナイデスカ??バスデスヨネ??

しかもエアーズロックへの中継地点アリススプリングス〜エアーズロックは運休中で
グレイハウンドは使えないことが判明。

意味ないやん!

意気消沈している自分達を見て、おばちゃんがあれこれパソコンで調べ始めてくれた。

すると、途中のアデレードまでならバスパスが405ドル/paxでいけるらしい。
距離の関係でメルボルンを含めると大幅に高くなるようだ。
(アデレード〜メルボルン間はLCCで100ドル以下で行ける)

また、出発を2日遅らせれば有名な大陸縦断鉄道、ザ・ガン号の一番安い席がとれて
さらに安くなるらしい。

ここは要相談ということで後でもう一回来ると告げ一時避難。

どうするか?

アデレードまでだとしても高すぎる気がする。
もちろんバスパスは3ヶ月ぐらい有効でタイムテーブルを見ると
アデレードまで自由に乗り降りできるところが40ヶ所ぐらいある。
(観光地かどうかは別にして)
だからフルに使う人にとっては安いんやろうと思う。

でも、自分達はアリススプリングスとアデレードでしか降りない。
ましてやエアーズロックまで行けない。

飛行機を調べてみた。
ここはLCC王国のオーストラリア、飛行機の方が安いかも!

…安くない。

というかダーウィン〜アリススプリングス、アリススプリングス〜アデレードは両方とも
LCC(ジェットスター、バージン、タイガー)が飛んでいない。

飛行機を使うと500ドル/paxは平気で超える。

大陸縦断鉄道は興味あるけどさらに2泊する宿泊代を考えると
やっぱりバスパスが安くなってしまう。

仕方ない(オーストラリアで100回以上言ったなこれ)。
アデレードまでのバスパスを購入。
ベトナムのシンで買って以来のバスパス。

唯一嬉しかったのがYHA会員だからこの料金であること。
50ドル/pax安くなってる。

と言うことでYHA会員になる費用2人で80ドルはその日中に
元が取れたのでした。

続いて④の南米航空券と行きたいところだが、それまでの作業で疲れたので本日はこれで終了。

翌日はカカドゥツアーで早いので。

あぁ、ダーウィンの街を楽しむ余裕がまるで無い。

スーパーだけは行って楽しんだけど。

今回は旅行記始めて初の写真無し。
載せられるような写真を撮ってなかった。。。


↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×8
世界遺産 ☆×11

関連記事
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

インドネシア最終日=東南アジア最終日(day60-61)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月7日(day60)


ウブドに丸1日居られるのは今日で最後。
とは言っても前日バイクを返したので翼をもがれた鳥状態。

ウブドの街で1日ゆっくりすることにしました。

この日したこと。

①オセアニアの物価を考慮してスーパーで生活必需品をまとめ買い
②オセアニアの物価を考慮してビンタンビール飲みまくり
③オセアニアの物価を考慮して街一番のシャレオツなカフェでお茶
④オセアニアの物価を考慮してタバコ屋でタバコ物色

うーん。物価を考慮してばっかり(笑)
アジア出たくないー!物価とかネイティブ英語とか怖いー!

マジで!!

あと、ウブドで旨いもん食おう!ってことで初めて来た時も
食べなかったバビグリン(郷土料理)を食べにイブオカという有名店へ。

早朝に豚を〆て丸焼きして店に運んで11時には狭い店が地元客で満員になる…
とネットに書いてたので11時前には行ってみた。

店が無い。

看板を見ると位置が変わったようだ。

その場所へ行くと、想像してたのと違う大型のキレイな店舗があった。
地元客、誰もいーひんし観光客もチラホラのみ。

イブ岡2

あ!これ儲かってもうて店大きくしたら味が落ちて常連客が離れてしまった
パターンちゃう??
日本でもあるよなー、こういうパターン。

値段も40,000IDR(360円)って結構するし。
でもせっかく来たからには食べねば。

ご飯の上に豚の色んな部位が乗ってる。
丸焼きにしてるから中のお肉がジューーーシーーー!

イブ岡1


あれ?旨いな(笑)

一気に食べました。肉汁滴る肉なんて久しぶり。

前は知らんけど値段はともかく旨かったです。

翌日はついにオーストラリアに向けて出発!!


これで2ヶ月、60日が終了!
ということで恒例の旅の経費発表!

2ヶ月目の使用経費は…

195,965円也!

ギリギリ20万割った〜!

2回のフライト(シンガポール〜ジョグジャ、バリ〜ダーウィン)買って
45,000円使ってること考えたら割といいかも。

丸2ヶ月で40万切る事ができました。
この時はいいペースやったけど、3ヶ月目に旅行続けられるか不安になるぐらいの
恐ろしい金額をたたき出してしまうのだった。。。
それはまた別に書きます。はぁ。



2013年11月7日(day61)


いよいよほんまにアジア最終日。
空港までのピックアップは前日お別れを言うときにニョマンさんに頼んだ。
55,000IDR。プラマより5,000高いけどアレ乗りたくないし。
実際、新車のバンで快適移動。

空港着。
リニューアルしたばかりのングラライ国際空港。
というか現在もリニューアル中。

なので、国際空港なのに中入っても免税店がほんのちょっとあるだけ。
10分でパトロール終了〜。
2013年11月初旬現在、空港で時間は潰せません。

あと、飲み物などを売るブースも仮物の屋台状態。
そして劇的に高い。
500mlの水が300円越えるやと〜!?

自国の物価水準分かってんのか!!

でもエアアジアは飲み物サービス無しなのと、余りルピア使う為に2本買いました。

これが失敗。

エアアジア乗る際、この水取り上げられました。
搭乗手続きとかイミグレとか保安検査とか全部終わった後に買ったやつですよ??

何で取り上げられるのか意味不明。
封も開けてないのに。

あと、書いてて思い出した。

出国税。

インドネシアは出るとき出国税がかかるようで、1人150,000IDRも取られます。
IDRほぼ使い切ってたのでもちろん持ち合わせ無し。
ガイドブック無しの弊害が…

USドルで払わせてくれ、って頼んだら18USドル/pax!?

全然為替レート違うやないか!!

もうこの地点はATMに行くことができない場所なのでしぶしぶ払いました。

せっかくインドネシアいい印象ばっかりやったのに最後出国の時にぶち壊して
くれました(笑)

まぁ知らなかった自分が悪いのですぐ怒りは収まりましたが。

今でもインドネシア、総合的にはかなりいい印象です!!
人もいいし、冒険的要素も多いし。

そんなこんなでついにアジアを出ます。

同じ飛行機でダーウィンに向かう乗客は9割が白人の皆さん。
もう何かが違う!
ホームシックは全然無いけどアジアシックにはかかるな、これは。

さようならアジア!!



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×7
世界遺産 ☆×11
関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行

レンタルバイクでバリの世界遺産を訪ねてみた@ウブド(day58-59)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月5日(day58)


ニョマンさんに朝一バイクを借りてウブド近郊を散策。
色々調べてたら2012年にバリに世界遺産が誕生したらしい!

名前が「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック
灌漑システム」。

名前長っ!

どうやら「水」に関連する遺産らしい。
バリ島全土で5エリア認定され、ウブド近郊にも1エリアあった。
1エリアの中に5ヶ所の見所があるらしい。
目的がある方がおもしろいのでそこを制覇することにした。

道が分かりにくいのでgoogleマップを写真に撮ってレッツゴー!

まず1ヶ所目、「ティルタウンプル」。

バイクで50分ぐらいかかった。1回道に迷ったが地元のおばさんに聞いて
事なきを得た。

看板にもある通り聖なる泉が湧くお寺。

ティルタウンプル門

ティルタウンプル世界遺産看板

参拝する地元の人も正装している人が多い。

ティルタウンプル人々

ティルタウンプル人々2

ティルタウンプル人々3

みんなの目的は聖なる泉から湧き出る水で水浴びをすること。
中に進むと沐浴場みたいなところがあった。

ティルタウンプル水浴び1

みんな順番に並んで水を浴びる。
浴びる前にはちゃんと手を合わせてお祈り。

ティルタウンプル水浴び2

ティルタウンプル水浴び3

がっつり浴びてます。


家族総出で来ている人が多い印象。
宗教行事とは思うが、みんな笑顔で和気あいあいとしていて
見ててこっちも楽しくなる。

両親と2人兄弟の家族。弟くんが水が怖くて入れないのを家族みんなで説得。
最終的にお父さんがおんぶすることで落ち着いた。
何とも微笑ましい。

ティルタウンプル水浴び子供

日本人の観光客が「入れると思ったから水着着て来たのに〜」と日本語ガイドに
言っていた。その後の説明は聞けへんかったけど、観光客は入られへんのかな??

さらに奥に進むと聖なる泉の大本があった。
水が下からどんどん湧いている。しかも水めっちゃキレイ!

ティルタウンプル泉1

泥水みたいな川ばっかりな東南アジアでこんな透き通った水は新鮮。
魚もいっぱい泳いでいて天然のアクアリウム。

ティルタウンプル泉2

日本の三島で見た柿田川湧水群みたいや!

テンションあがる〜!

これやったら頭からざぶざぶかぶってもいいかも。

寺を見下ろす高台にはスカルノ大統領の別荘があった。

スカルノ別荘

入り口付近にある大きな木。


これもなんか神聖な感じで圧倒されます。

ティルタウンプル木

これにて1ヶ所目終了。結構長い時間いたな〜。

もう既にボロブドゥールよりも楽しい(笑)
値段1/7以下やのに。

次行ってみよう〜!

ティルタウンプルからちょっと街の方へ戻ったところにある「グヌンカウイ」へ。

門のところにある注意書きを読むと不思議なことが。
「生理中の女性の立ち入りはご遠慮ください」と書いてある。
理由は分からないし、チェックがあるわけでもないのだが行かれる際はご注意を!
(他の遺跡にもこの注意書きありました。)

グヌンカウイ看板

ここは門の前にサロン屋が並んでいて、「入るにはサロンを巻かないといけない」と
言って売りつけてきますが入場料を払えば無料で貸し出ししてくれるので買う必要は
全くないです。(他も同様です)

グヌンカウイ川

グヌンカウイ田んぼ

グヌンカウイ石段

門をくぐるとすぐにずーっと下りの石段。
ライステラスの横を通りながら下って川を渡ると遺跡が見えてきます。

グヌンカウイ渓谷

グヌンカウイ遺跡

グヌンカウイ遺跡2

この遺跡もやはり水にまつわるところ。
もっと奥にも遺跡があり見応えはあります。
ただ、情報が無いので何の遺跡か分からない(笑)

帰りは全て登りなのでしんどい。。。

グヌンカウイ石段上り

次行ってみよう〜!

バイクで小一時間走って3ヶ所目、「テガラランのライステラス」。
いわゆる棚田です。

とりあえずライステラスビューのお店で昼飯。

テガララン0

棚田は歩けるようになっているのですが、昼下がりの時間帯、とにかく暑い!!
次の日朝から来ることにしてこの日は帰りました。

昼の2時半ぐらいだったのですが、ものすごい観光客。ツアーに入ってるんかな?
狭い道がバスと車で大渋滞してました。

入場料はティルタウンプルとグヌンカウイがそれぞれ2人で300円弱、テガラランは
道の通行料に100円弱。
服装は特に気にしなくてもいいです。どこでもサロン無料貸し出しなので。





2013年11月6日(day59)


この日もバイク行動。
前日消化不良だったテガラランから。
朝のテガラランは空いてて気温も低くていい感じ。

ライステラスを散歩。

テガララン02

テガララン1

なんだかんだ言っても「田んぼ」なので日本人にとっては別に珍しい物でもないんですが、
ヤシの木と田んぼが混在している風景はやっぱり違和感があっておもしろい。

バリのこういう棚田ってもっと大規模なもんやと思ってたけど、
そんなに大きくない。
もしかしたら別の場所にあるのかもしれない。

ノリノリな農家のおじさん。

テガラランおっちゃん


続いて4ヶ所目、「ゴア・ガジャ」へ。

ゴアガジャ門


ここにも前日と同じような注意書きの看板あり。

ゴアガジャ看板

ここまで徹底されていると、もし破ったら不幸な事が起きそうで怖い。

やっぱり水の遺跡。
水が出るところがちょっとゴージャス。

ゴアガジャ泉

ゴアガジャ泉2

でも人が水浴びしているのはティルタウンプルだけやったなー。

おどろおどろしい建造物。
見るだけのものかと思ったが、中に入れた。

ゴアガジャ不気味な門


意外に広くて、中には祭壇があり、熱心にお祈りが行われていた。

ゴアガジャ門内部

脱出!

ゴアガジャ門出るとこ


これで終わりかと思いきや、また下の方へ下る階段が。
小さな川が流れていて、そこにゴロゴロと遺跡の欠片(とは言えないぐらいめっちゃ大きい)
が転がっている。

ゴアガジャ崩壊遺跡

ゴアガジャ崩壊遺跡2

ゴアガジャ崩壊遺跡3

ゴアガジャ崩壊遺跡4

ゴアガジャ崩壊遺跡5

上を見上げてもただ山があるだけ。
この遺跡が立っていたスペースはないし、どこから転がってきたのか不明。
不思議やなー。

あまり期待してなかった分、ゴアガジャ、よかった!

もう既にやっつけになってきたけど、最後まで回ろうってことで5ヶ所目
「イェープル」へ。
5ヶ所の中で一番マニアックなここは道がまず分かりにくいし観光客も皆無。
ただ、入場料を払うゲートだけはある。

さすがにマニアックなだけあって見るところほとんど無い(笑)

イエープル泉

イエープルレリーフ

イエープルレリーフ2

最短距離を駆け抜けました。
同じように回ろうと思っている方、イェープルは外してもいいと思います!!(笑)

目当ての5ヶ所を回り、満足したけどせっかくバイク借りてるからということで
夕方までバイクで周辺を散策。
やっぱり中心からちょっと離れた地区はいい感じの宿が多かった気がする。
値段聞いてへんからわからんけど。

写真はないけど、昼飯で食った「ナシアヤム」、ウブドで初めて旨かった!
ご飯の上に5種類ぐらい鶏肉のお惣菜が乗ってるんですが、どれもおいしい。
ただめっちゃ辛いです。
150円もしなかった。場所はウブドのガソリンスタンドの隣です。
中心部から歩いて行くのはちょっと遠いかな。

やっぱりバイクは楽しい!そして安い!
今回行ったところをツアーで回るとそれなりにすると思います。

ウブドはバイクで回りましょう!!
国際免許証は…もちろんいらないです。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×7
世界遺産 ☆×11


関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。