スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汐見荘を出る日@ビーニャ・デル・マル〜カラマ/バス移動[day125]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月10日(day125)



汐見荘を出る日がきてしまった。


沈没を繰り返してる諸先輩方からすれば短い期間だが、
自分らにとってこの旅最長の8泊。


出たくねぇ〜!めんどくせ〜!


でも、あまり引っ張るとウユニ到着が2月に入ってしまう。


そう。ここから北上するんです。


ほんまはパタゴニアに向けて南下したいのに。


なぜなら、2月に入るとウユニの村が日本人村と化すらしいから。


自分達が学生の頃は考えられないが、今の卒業旅行のトレンドはウユニ塩湖に
鏡張りを見に行く、ということになっているらしい。


もちろん大多数の学生さんはそんなことないが、一部の学生が乱痴気騒ぎすることで
ウユニでは日本人が嫌われている


※もちろん学生さんだけが悪いのではなく、他の旅行者も含まれる。


だから1月中に済ませておきたい。


やっぱり出んとアカンなぁ。


前日までに宿の精算は終わってるし、バスのチケット買ってるし。


よし、行こ!


最後に名残惜しいのでバスの時間までシャケおにぎり作り。



しゃけおにぎり



※撮り忘れたのでカズさん提供の写真です。





これで長距離移動も安心!


南米の長距離バスは初めて。


その初めての移動が乗りっぱなし22時間(泣)。


南米では普通な感覚やけど、飛行機使ってもいいぐらいの時間。


やけどブラジルを除く南米にはLCCが存在しない


どう考えてもおかしいが、理由は不明。


でも後々自分の中で理由を結論付けた。


南米は20時間、30時間の距離でもバス移動が当たり前。
中には60時間、70時間という常軌を逸したルートもある。


そのぐらい昔から移動手段としてポピュラーな乗り物。


そこにLCCが就航するとどうなるか?


恐らく関連会社を含むバス会社から何万人(もっと?)という失業者が出る。



ストライキやデモ、暴動に発展する。



ただでさえ良くない治安が輪をかけて悪化する。



政府が頭を抱える。



「そうなったらお互い困るでしょ?」と業界団体から圧力がかかる。



という流れが出来上がってるのではなかろうか。


余談はさておき、


目的地であるサン・ペドロ・アタカマへはビーニャからの直行便は無く、
カラマでの乗り換えになる。


なのでプラス1時間半。。。


途中、“ラ・セレナ”という関西ではバーゲン時期によくCMで耳にする名前が
ついている街があって、ちょっと興味はあったが今回は飛ばすことに。
(地名と大阪にあるショッピングモールはもちろん関係ない)


バス会社は“TUR BUS”。


チリでは最大手らしい。


カラマまでの運賃は約7,300円/pax。


高い、、、高いで!チリのバス!


チリのバスは会社、日、曜日、時間で価格が結構変動し、中にはプロモーション(安売り)
チケットも出ている。


安い日・時間・会社を選んだのにこの値段。


時間に余裕がある人は早めにバスターミナルでプロモーションを探した方がベター。


夕方、ビーニャのターミナルで無機質なバスに乗り込みカラマへ向け出発。


これまた無機質な景色を見ながら暇つぶしに励むのでした。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×19



関連記事
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

動く木箱有り〼、これがアセンソール@バルパライソ(day122)

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月7日(day122)


汐見荘での怠惰な暮らし。


朝漁港行って海鮮料理作って昼寝してビール飲んで…


ぬるま湯につかるっていうのはまさにこのこと。


でも、近くに世界遺産である“バルパライソ”が存在する。


チッ。


そんなものが無ければ出かけなくて済むのに(笑)。


そう思ってしまうぐらい出られなくなってしまっていた。


でも観光らしい観光を全くしてない。


だから行かなければ、


と思って数日後、


重い腰をあげて行くことにした。


※大層に書いてるけど電車で15分ぐらいの距離。


このバルパライソ、どうやら“天国の谷”と訳するのだが、その訳とは裏腹に
ちょっと治安が悪い。


裏通りに入るとスリ、ひったくり、強盗なんかが出てくるらしい。


情報ノートにも被害例が載っている。


完全に名前負けしてるやん。


少なくとも天国に犯罪は無いはず。


世界遺産で天国の谷なのであれば、もうちょっと治安を整えて下さい、チリ政府!!


というわけで用心も兼ねて5人で出かけた。



バルパライソ1



※メトロはsuicaのようなカードが必要だが山岸さんが貸してくれます。


バルパライソの駅に着くと、もちろん危なくない方(出て左)に歩き出す。


主要な場所は思ったより観光客が多く危険は感じませんでした。


始めは特に目指す場所は無くそぞろ歩き。


適当に歩いていてもたくさんのアートが迎えてくれます。



バルパライソ2



バルパライソ3



バルパライソ4



バルパライソ5


バルパライソ6



バルパライソ7






丘の上からは世界遺産な街ではなくチリ最大の港町であるバルパライソの景色が広がる。



バルパライソ8



バルパライソ9


電車から見えたんやけど「大阪行き」、もしくは「大阪から来た」船もあった。


積み荷とか期間とか航路とか想像するだけでワクワクする。





さらにアート。



バルパライソ10



バルパライソ11



バルパライソ12



バルパライソ13


バルパライソ14



バルパライソ16


バルパライソ18



バルパライソ19







カラフルな街並。



バルパライソ20


バルパライソ28






レトロなバス、現役です。



バルパライソ17





そして探すのに苦労した“青空美術館”。


確かに秀逸なアートが多いけど、街中にアートは溢れてるので無理して
来なくてもいいかも。



バルパライソ21



バルパライソ22



バルパライソ23



バルパライソ24



バルパライソ25



バルパライソ26



バルパライソ27






この時はいろいろ見て「ほほぉー!」と思ったけど、カラフルでアートな街並は中南米の
どこにでもあるんですよね。。。


アートな街もそう。


「バルパライソが一番か?」って聞かれたら、「そうではない」って言うかな。


という冷めた意見を言ってしまったけど、バルパライソにはあまり他に無い名物があるのです。


それが“アセンソール”!!


ケーブルカーのような外観。“歩き方”には“傾斜式エレベーター”って載ってた。


バルパライソは傾斜が多く、かつ、車で入れない道が多いので庶民の足として使われている。


現在稼働しているものでも95年〜130年前に作られたもの。


ある意味、なかなかスリリングな乗り物。


アートや建造物にはすぐ飽きてしまう質なので実はこれを一番の楽しみにしてた。


高所恐怖症の人も含めて、みんな文字通りあまり乗り気でなかったけど、
お願いしてバルパライソ最後の思い出に乗ることにしてもらった。


始めに見つけたやつは現在休止中。



バルパライソ29






探した結果ここは動いているらしい。



バルパライソ30



バルパライソ31




中に入ると、改札とかいい感じにレトロな雰囲気。


これはテンション上がる。


それと反比例するかのようにテンションが下がるK君(名前伏せます)。


だって、


思ったより角度がキツい傾斜やったから。



バルパライソ33



ケーブルカーと言うのもおこがましい、木の箱に乗り込む。



バルパライソ32



「発車いたします」


の合図はもちろん無く


ビュンっ、と加速して登っていく。意外と早い。



バルパライソ34



バルパライソ35




何これ、楽しい〜!!!


時間にして20秒ぐらいで上に到着。


ちょっとしたアトラクション


上にあった動力設備もレトロ、



バルパライソ36



って言ってる場合じゃなく大丈夫か!?これ。


一旦リセットして新鮮な気持ちになれたので頂上付近のアートや景気も楽しめた。



バルパライソ39



バルパライソ40



バルパライソ41



バルパライソ42






付近にあったホステル。



バルパライソ37



バルパライソ38




日本人は汐見荘に泊まってしまうけど他国の旅行者はここらへんに泊まるんやろうなー。


かわいくて雰囲気もよかったので泊まってみたい気もする。


帰りももちろんアセンソールで下った。


アートな街もいいけれど、


アセンソール乗らずしてバルパライソは語れない!!


最後の締めも含めてバルパライソ1日観光楽しめました。


あ、各種お酒はビーニャよりだいぶ安く感じた(実際買った)ので酒飲みの方は
帰りに買って帰ることをおすすめします!



バルパライソ43





↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×19(“バルパライソの海港都市の歴史的街並
”追加!)






関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行

海鮮三昧、確実に太った10日間@ビーニャ・デル・マル(day118-124)


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月3日-9日(day118-124)



いやー、食べました。滞在中の10日間。


今エルサルバドルのサンミゲルという田舎町でブログを書いてるんですが、


書いててヨダレが出てきます。


同じく長旅でまともな食事にありつけてない方はイラってするかもしれません。


大丈夫です。


自分も今イラっとしてますので。。。


まずは「海鮮BBQ」



ビーニャ海鮮3



オーナーの山岸さんに頼めば外のBBQスペースを貸してもらえます。


定番アサリ醤油バター。



ビーニャ海鮮1




非の打ち所がないぐらい旨い。




写真撮るタイミングを逃した焼き魚。



ビーニャ海鮮2




毎日売ってるスズキみたいなやつ。白身で旨い。





カズさんがノリで買った化け物みたいな魚。




ビーニャ海鮮5



ビーニャ海鮮6




山岸さん曰くアナゴの仲間のようです。味はまぁまぁ。





そして、汐見荘で食べた魚で一番旨かったアナゴの蒲焼き&白焼き。



ビーニャ海鮮7



市場でアナゴを見つけて、かつ、アナゴを捌ける人がいれば作れます。


ほんまにサイコー!!!


蒲焼きもおいしいけど白焼きの味に目覚めた。ワサビ必須!





そして噂のアワビの偽物“La Paz”。



ビーニャ海鮮8



見た目は旨そうでしょ?


みんなこの日はよく食べたけど唯一最後まで残っていた。


なんかグニュっとしてドロッとして全然旨くない。


市場でアワビっぽいの見つけたときは名前の確認を!





レイネッタ(黒光りする不気味な魚)の刺身。



ビーニャ海鮮4



脂が乗ってて美味。もっと食べたかった。


続いて「手巻き寿司」



ビーニャ海鮮11




ビーニャ海鮮9



酢飯作って、サーモンとアボカドと玉ねぎを海苔で巻いて…



ビーニャ海鮮10



ビーニャ海鮮12



旨くない訳ない!


あぁ幸せ。。。


なんでエルサルバドルではシャケとれへんのやろう。。。


※海苔はビーニャのバスターミナルの前のスーパー、“LEDER”に売ってます。
粉ワサビとかミリンとかも。


※写真に写っている皆さん
許可なく載せてしまいましたがもし不都合が有れば言って下さい。
すぐに削除します。


シェア飯の締めは「海鮮鍋」


板前経験者でもあるこうすけ君が出汁を作ってくれました。



ビーニャ海鮮16




ビーニャ海鮮17




味噌と魚介の旨味が合わさって…何も言えねぇ。


写真撮り忘れたけど、これの中に市場で買った紫色のおもちゃのようなカニが
入ってます。


1杯100円ぐらいだったのでノリで入れてみたらめっちゃ旨い!


カニはいたら買いましょう!


番外編で“お好み焼き”



ビーニャ海鮮23



材料集めなど手間をかけたのにも関わらず、


高い高いお好みソースを買わなかったという自分も含めたみんなの
倹約ぶりがおもしろい。


でも非常に大事なことです。


味はカズさんが絶対旨いと言い張った“チーズ醤油味”


これが旨かった。日本でもやろ。





今まではシェアして作ったやつやけど、自分らでも色々作りました。


まずはアワビ(ロコ貝の方)で。



ビーニャ海鮮13



“アワビパスタ”。



ビーニャ海鮮14



そして“アワビ炊き込みご飯”。



ビーニャ海鮮15



本物のアワビほど風味はないけど立派な味。




炊き込みご飯繋がりで、“シャケの炊き込みご飯”。



ビーニャ海鮮18



“シャケ雑炊”。



ビーニャ海鮮19



写真左手前は“アサリの酒(白ワイン)蒸し”。


アサリが旨いのでボンゴレや焼きアサリなど色々作ったけど、


一番旨いのは酒蒸しでした。何回食べても飽きひんし。




そして定番、シャケの塩焼き。



ビーニャ海鮮20



汐見荘に来た当初は魚焼き網が無かったのですが、掃除中に
使われていないオーブンの中から発見されたのでそれからみんな使うことに。


そして生食用のサーモンではなく切り身のシャケを買ってくる人増加(笑)。


刺身ももちろんおいしいけど“焼きジャケ”に叶うもの無し!!


ハラスの部分もめっちゃ脂乗ってるし飯何杯でもいける!





デザートでみんなよく食べてたのが近くのケーキ屋のチーズケーキとメロン。



ビーニャ海鮮21




ビーニャ海鮮22



チーズケーキは賛否両論あったけど自分は旨いと思った。濃厚で。


そしてチリはメロンが旨くて安い!


こんな贅沢な食べ方も余裕でできる。



…汐見荘が海鮮三昧なのはただの噂話ではなかった


サンティアゴまで来る人はちょいと足を伸ばして絶対来るべき!


たいして見るものも無いビーニャ・デル・マルに
これだけの日本人を集める要素は十二分にあります。



どうでしたか?


ほぼ自慢話の記事になってしまい心苦しいです。


“旨い”って単語何回使うねん!?


ただ、リンゴ1つで晩飯を終わらせたばかりの今、


腹が減って仕方が無い。


自分へのダメージがひどい(泣)。。。


治安がすこぶる悪いので外に食べにも行かれへん。


早く明日になればいいのに(現在まだ18時半)。。。





↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×18


関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。