スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青!蒼!碧!〜アンデスを越えて①〜@アタカマ〜ウユニツアー[day129]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月14日(day129)



アタカマ→ウユニ抜けツアー2泊3日の1日目。


朝早くハイエースが各ホステルを回り、まずはチリ側のイミグレへ。



アンデス越え1



自分達の車が一番手ぐらいだったので並ばず、かつ、顔も見ずにスタンプをくれたので
スムーズに終了。


ここから1時間ほどかけて山をどんどん上がっていく。


アンデス越え3




寝て起きたら景色が完全に変わってた。


どこここ??


茶色と青色だけの世界。


ボリビア側のイミグレは完全に掘っ建て小屋。


アンデス越え4


アンデス越え5


何もないところにポツンと建ってる。


今まで見た中で最もシンプル。
そして、国境って実際線が引かれてる訳じゃないんやなぁって一番実感できた。


車が用意されるまで、これまた掘っ建て小屋の中で朝飯。
チーズとハムや暖かい飲み物があったりして思ったよりちゃんとしてた。


アンデス越え6




ここでウユニから来た人は自分らが乗ってた車、自分らはその逆で車を乗り換える。


アンデス越え7




メンバーは自分達と陽気すぎるフランス人女性4人組。


越えた感はあんまりないけど南米初めての陸路国境越え。


そして、12ヶ国目ボリビア入国!!


山と空しか見えない道を進んでいくと、


アンデス越え8





国立公園事務所がある。


アンデス越え9



ツアーには含まれていない入場料150ボリビアーノ(以下ボリ、約2,250円/pax)を払う。


広大で雄大で圧倒的なアンデスに払う価値はあるけど物価考えたら高すぎ。


国立公園に入った途端に出迎えてくれたのが“ビクーニャ”


アンデス越え10

アンデス越え11


アンデスとかパタゴニアとかに生息するラクダ科3兄弟(リャマ・アルパカ・ビクーニャ)
の3男(勝手に決めました)。


こいつが一番小さくてかわいい。



まず1つ目の見所が“Laguna Blanca”(白い湖)。


水が白骨温泉のような白と聞いてたけど、


アンデス越え14


アンデス越え17


天気・気圧・風によって色が変わるらしいがこの日はあまり白くなかった。


でも風が無い分湖面が山を映してキレイ。


背後はまた茶色と青色。


アンデス越え47





フラミンゴのオブジェが異世界感をさらに演出する。


アンデス越え50





車を見てみると、運転手ガブリエルが何やら作業中。


アンデス越え16



世界一危険なガソリン給油中のようでした。
危なすぎるやろこれ!!!


アンデスを眺めつつ移動。


アンデス越え21




次は“Laguna Verde”(緑の湖)


アンデス越え22


ここもこの日は完全な緑じゃなかった。残念。





アンデス越え23


このルートは別名“宝石の道”と呼ばれてる。


何が由来かは調べてへんし分からんけど、色とりどりの湖と、アンデスの茶色が際立たせる
青空のキレイさじゃないかなって勝手に解釈した。


今までに見たことの無い“青”


“蒼”なのかもしれへんし、“碧”かもしれへん。


表現できひんぐらい圧倒的な青空がアンデスにはありました。


ルートの中で色々見所はあるけど、一番印象的なのは青空やったかも。




次は4,000m越えの天然温泉。


アンデス越え49


この開放感はヤバい!


でも、高山病のリスクの1つに「身体を暖める」こと、とある。


一応安全第一な旅なので一瞬は悩んだけど、


アンデス越え48



もちろん入りました。


温度はぬるめやけど最高!!見渡す限りのパノラマ。


もちろんリスクはあるけどここは入るべきです。


暖まった身体がすぐに冷えたところで次のスポット、間欠泉。


硫黄の匂いと煙が一面たちこめている。


アンデス越え26


アンデス越え27


アンデス越え28


いつ熱泉がブワーーーッと来るか分からない。


日本やったら確実に立入禁止の場所。


このツアー最高高度、誤差はあるやろうけど4,600m


アンデス越え29


今のところ身体は何ともないけど空気が薄いのをマジで実感できる。
呼吸がしんどい。


ちょっと高度を下げて本日の宿に到着。


アンデス越え31




でもまだこの日の予定は終わらない。
休憩もほどほどに次のスポット“Laguna Colorada”(たぶん赤い湖)。


アンデス越え32


アンデス越え34


アンデス越え35


アンデス越え36


アンデス越え38


アンデス越え40


白、緑は薄かったけど、ここは完全に赤い。


光の加減にもよるけど、別府地獄巡りの“血の池地獄”ぐらい赤い。
規模は何百倍。


これまた青空が際立ってキレイ。


でもなんだかんだ言って、赤く見えるだけちゃうの?


と、近くまで寄ってみた。


アンデス越え37



…すみません。本物でした。



濃い内容の1日もこれで終了。


宿に帰って晩ご飯。
あれ?昼飯何食ったか写真も無いし記憶も無い。スパゲティやったかな。。。


アンデス越え43




食後外で見た超幻想的風景。
カメラが上手ければもっとそのまま表現できるのに。


アンデス越え42



どれだけ違う表情を見せてくれるんや!アンデス山脈!!


確実に役に立たない
【アンデス宿情報①】

“名も無き宿”


シャワー無し!キッチン無し!wifiなんかもちろん無し!
電気も無いし、テレビも無く、車もそれほど走ってない。

近所に似たような宿が何軒かあるが選択権はもちろんない。
寒くて寝られなかったという声も聞いていたがそれはなかったので
運が良かった。
ヘッドライトor懐中電灯必須。


アンデス越え45


アンデス越え44





↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×12(ボリビア追加!)
世界遺産 ☆×19
関連記事
スポンサーサイト
テーマ世界一周 ジャンル旅行

アタカマからウユニへのツアー〜予約編〜@アタカマ[day128]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。

リアルタイムはコスタリカ、サンホセ。
中南米終了まであと3日!


2014年1月13日(day128)



アタカマ3日目。


この日のミッションはアタカマからアンデスを越えてウユニに抜けるツアーを
予約すること。


チリからウユニへのルートはカラマからディレクトのバスが出ているのだが、
アタカマから抜けるとなると定期バスは出ておらずツアーに参加する他ない。


もちろんバスの方が安いんやけど、このルートは“宝石の道”とも呼ばれていて、
非常に景色が良くキレイとのこと。


せっかくなのでツアーでゆっくりアンデス山脈を味わいながら越えたいので
アタカマからのウユニ抜けを計画してた。


実は前日から街の旅行会社で冷やかし程度にちょこちょこ値段を聞いていた。


全て聞いていた値段と違う。


60,000〜65,000チリペソって聞いてたのに80,000〜90,000する。


4,000〜5,000円の違いは大きい!


始めは「ふっかけてきやがって!」と思っていたがどこで聞いてもこのぐらいの値段。


あれ?まさか最近値段上がった??


南米はインフレが激しい。


“歩き方”の値段はまず当てにならへんし、ブログでも1年以上前の価格は全く
参考にならへん。


この時1月だったが前年の12月とも価格が大きく変わっていた。


もうちょっと物価のアップデートを緩やかにお願いできませんか?(泣)


プランが全く変わってくるんですけど。。。


しかし、このルートは何としても通りたいので真剣に価格交渉に入る。


1軒目。


情報ノートやブログで日本人に親切と書かれてた会社。(名前忘れた)


言い値85,000チリペソでそこから下がらず。


2軒目。


感じはよかったけど90,000チリペソスタートで85,000まで。


3軒目。


町外れの英語ペラペラな若いオーナーの店。
85,000スタートで75,000に下がった。


お!いい感じやん。初めて80,000切った。


たぶんここで予約することになるやろうと思いつつ、他の店へ。


でも、色んな店で話を聞いてると明らかに何かが足りひん。
大事なスポットを端折りまくってる気がする、というかその通り。


アカンアカン。値段に騙されたらアカン。


4軒目。


明らかに仕事が出来そうな、それでいて感じのいい女性スタッフの会社。
ツアーの説明もフェアな感じ。
90,000から80,000へ。


5軒目、6軒目でも状況は変わらず。。。


やはりこの辺りが本当の値段なのかもしれへん。


納得行かへん部分はあるけどどうせなら信頼できそうなところで、ってことで
4軒目のお姉さんのところへ。


翌日からのツアーはあと2席しか空きがなかった。危ない!!


結果としてこの“ATACAMA MISTICA”で申し込むことにした。



アタカマ26


アタカマ25



ちょっと前より値段が上がってるのは悔しいけど、たぶん時間が経てばまた上がるん
やろうなー。


予想と現実のギャップにより、アタカマでのアクティビティは全て中止になった。


“月の谷”とか行きたかったなー。


あと、現地に来て初めて知ったけど、アタカマ周辺には塩湖もあり、
“死海より浮く池”が存在するらしい。


月の谷はすぐ諦めがついたけどそっちはギリギリまで迷ったし、ほんまに行きたかった。


その分翌日からのアンデス越え楽しむでー!!


でも、1つ残念なことが。


このツアーのハイライトの1つにウユニ塩湖を回り込みながらブワーっと横切りつつ
塩湖に浮いてる島を回るっていうのがあるんやけど、


最近雨が降り過ぎてその回り込む道が封鎖されてるらしく、島には行けへんことが発覚。


………。


雨季やから雨は降る。でもなんかこう…。


そんだけ雨降ったんやからちゃんと鏡張りは見せろよ!ウユニ塩湖!


後日談として、汐見荘で会ったまみちゃんとウユニで再会したんやけど、
彼女らは70,000チリペソでツアー参加したって言ってた。
ギリギリ前日の夕方に行くとまけてくれたらしい。

全てフルで翌日から行けなくなる可能性はあるけど試してみる価値大だと思います。


ちなみに逆ルートのツアー(ウユニ→アタカマ、ウユニで申し込み)は2割ほど
安かったです。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×19


関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行

リアルドラクエな村@サンペドロ・デ・アタカマ[day127]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月12日(day127)



パパッとウユニに行きたかったけど、アタカマで連泊することにしたのは
ある程度高度順応したかったから。


なんせアンデス越えで5,000m手前まで行くので。


アタカマの高度2,400mが順応に役立つかはわからんけど無いよりはマシかな。


早く慣れるため村の散策。


サンペドロ教会。


アタカマ16




民芸品市場。


アタカマ23




この子かわいかってんなぁ。


アタカマ24




白人系が多いサンティアゴやビーニャとは違って、アタカマまで来ると、
インディヘナの人が目立つようになる。


ボリビアに近づいてきたことをちょっと実感。


そして何より興味深かったのが街並の風景。


まさに“ドラゴンクエスト”に出てくるような村。


アタカマ17


アタカマ22


アタカマ20


アタカマ19


ほとんど平屋建てで、主に個人商店が並んでて、中に主人がいる感じ。


“INN”あり、“道具屋”あり、“教会あり”、さすがに“武器屋”はないけど、
まさにリアルドラクエな村!


店入る時、「ザッザッザッザッ」って聞こえてきそうやもん。


あと城があれば完璧なんやけどなー。


ゲームみたいな太陽出てるし(写真の加工はしておりません)。


アタカマ18




そして、ハイセンスな雑貨屋多し!!


チリとアフガニスタンでしかとれない鉱物、“ラピスラズリ”を売ってる店も
たくさんある。


smileは“ラピスラズリ”のピアス買ってた。


世界で2つの国、しかももう1つは立ち入れない国でしかとれないっていうのは貴重やし、
購買意欲をそそる。


期待してへんかったけど、普通に歩いてるだけで楽しい街に認定!


以外と貴重なんですよ、こういう街。


カラマ−ウユニ間を抜ける人はあまり寄らへん街かもしれへんけど、
楽しいしカラマから近いので日帰りでも来る価値あります!


というか、カラマ雰囲気悪くて泊まる気全くしーひんかったし泊まるならこっちかな。


この日に出て行く盟友アッキーの見送り。


アタカマ14




去り行く34歳、背中からアンニュイな空気を放ちつつ旅立ちます。


アタカマ15


貴重な同い歳。


また北海道遊びに行くなーーー!


次回、アタカマ−ウユニ抜けツアーについて書きます。




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×10
世界遺産 ☆×19


関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。