ワスカラン国立公園ツアー、国は違えどバスツアー感たっぷり@ワラス[day245]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※文中・下段に宿情報アリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月10日(day245)



この日は“ワスカラン国立公園”へのツアーの日。
クスコでの出来事がトラウマになり来ないんじゃないかとビクビクしてたけど
ちゃんとピックアップが来た。


自分達以外オールペルー人の乗ったバスでツアー開始。
隣のご夫婦はリマから来たって言ってた。
みんなかは知らんけど、みんながワクワクした顔してるので微笑ましい。
日本のバスツアーみたい。カニ食べ放題とかイチゴ狩り放題とかついてくるやつ。



しばらく走ってトイレ休憩。


牧歌的でのんびりとした雰囲気。羊がたくさんいる。

ワスカラン国立公園1



そして遠くに美しいワスカラン山が見えた。

ワスカラン国立公園2


ワスカラン国立公園3


ちなみに6,768m

世界では日本では考えられへん高さの山がごろごろしてる。
やっぱり雪山は意味も無くテンションがあがりますね。




そして次の町でまた休憩。

どうやら有名なアイスクリーム屋に行くみたい。
ツアーっぽい!!

ワスカラン国立公園5




つられて1つ購入。ダブルで3ソレス(約109円)。

ワスカラン国立公園4




目の間の広場にあった斬新な噴水。このモチーフはなかなかないでしょう。

ワスカラン国立公園6



インディヘナのおばちゃんも健在です。かわいい。

ワスカラン国立公園7




次に向かったのは“ユンガイ”という村、の跡。
入場料別途2ソレス(約73円)/pax。

ワスカラン国立公園8


ワスカラン国立公園10


ワスカラン国立公園11




この村は1970年に大地震で起きた雪崩によって2万人を超える人が
亡くなり、村自体も消滅してしまった。
なので慰霊公園になっている。


ビックリするのが雪崩が10km以上先の山から来たこと。
ものすごい距離があるように思えるけどそこから雪が流れてきたみたい。


辺りはそんなこと無かったみたいに静か。

ワスカラン国立公園9



頂上まで登ったら雪崩の元凶になった山が見えた。

ワスカラン国立公園12


写真の奥の奥の雲がかかってるとこ。
丘とかがあるのにそれを超えて流れてきたってやっぱり信じられへん。




近くにあった当時雪に埋もれたバス。
雪でひしゃげてしまってる。

ワスカラン国立公園13


東日本大震災の時の津波も「こんなことありえへん」って思ったことが
実際起こったわけやし自然の力は想像を超えるんやなぁって改めて思った。




続いてメインイベントのワスカラン国立公園。


の前にレストランで昼飯休憩。
昼飯はインクルードされてないので各自で。
自分らは作っていったサンドイッチを景色見ながら食べた。


昼食後、国立公園に入る。
ここも入場料別途10ソレス(約365円)/pax。

ワスカラン国立公園17




まずはそそり立つ崖がお出迎え。崖はいいですねぇ。

ワスカラン国立公園14



湿地帯みたいなところを越えると湖が現れる。

ワスカラン国立公園16






これがチナンコチャ湖。標高3,850m。
チチカカ湖より微妙に低いけど十分な高さ。

ワスカラン国立公園15


ワスカラン国立公園22




ここからワスカラン山が間近に見えるらしいけど雲がかかってて見えない。

ワスカラン国立公園23




なんとなーくみんなボートに乗るみたいなので待ってるの暇やから乗ってみた。
5ソレス(約183円)/pax。

ワスカラン国立公園18



トゥルーチャがいるみたいやから探したけど透明度は高くないので見つけられず。

ワスカラン国立公園19



でも湖面は翡翠みたいな色でキレイ。

ワスカラン国立公園21



というかまっすぐここ来てくれてたら太陽の加減で光差し込んでたのに…。
アイスとかユンガイとか後回しでもよかったんちゃうかなー?
でもこれはツアーなので文句は言えません。


下りてから写真撮ったら「太陽で輝いてる山と陰った湖の対比もいいかも」と
ちょっと思った。


そういうポジティブシンキングをしてるとやっぱりいいことがありますね。


集合時間間際、雲がかかってたワスカラン山が姿を見せてくれました。

ワスカラン国立公園24


ワスカラン国立公園25


ワスカラン国立公園26


いつもいつも斜に構えてたらダメです。


自分らの中ではこれで今日の99%は終わってたし満足もしてたんやけど、
何と言ってもこれはツアー。

このままではまだまだ終わりません。


もう夕方近いのにバスはワラスと逆方向に走り始め、どこかの村の何か有名な
お菓子を買いに行き、その後はもう真っ暗な中、薄暗い工房の陶器製造実演販売を
見に行き…と今日という日を余すこと無く使ってました。


これいらんやろー?って思ってるのは自分らだけで、皆さん実に楽しそうに参加してる。


あぁ、みんないい顔してる。
こんな新鮮な感じで旅行楽しめたらいいなー。


と思うと、いつものように「だからツアーはつまんねぇ」とか黒い気持ちにならず
ワラスに帰ってくることができました。


明日も楽しもう!


ただ、翌日苦手分野の遺跡なんですよね。。。
大丈夫かな?


あ、あえて言うと、このワスカラン国立公園のツアーは結局のところ、
どこで盛り上がればいいのかいまいち分からなかったです(笑)。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×17
世界遺産 ☆×30(ワスカラン国立公園追加!)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ世界一周 ジャンル旅行

なんでこんなに?この旅最安の個室(この時点で)、快適宿!@ワラス[day244]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※文中・下段に宿情報アリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月9日(day244)



夜行バスは順調に高度を上げて早朝ワラス到着。
せっかく下界に下りてきたと思ったのにまた3,000m超えの町。


ペルー北部の小さくて、かつ、日本人にはあまり知られていない町やけど、
世界遺産である“ワスカラン国立公園”と“チャビン・デ・ワンタル”への
起点となる町。


激安快適宿があると聞いてたけど道がいまいち分からない。
まぁそういう時にやってくるのが客引きのおばちゃん。


その宿を知っている&コミッションを取らないというので付いて行った。


おばちゃんは何も親切で道案内してるわけではない。
ツアーを売りつけようと必死なのだがどうもうさんくさいのでパス。
チャビンはツアーじゃないと行かれへんとか嘘言ってきたし。


なので多少気まずいけど、こっちから道案内を頼んだわけじゃないし。


ターミナルから15分ぐらい歩いて本日の宿“El Tambo”(エル・タンボ)
に到着。


知ってはいたけど、ツインのキレイな個室が20ソレス(約729円)!!


これは個室としてはこの旅最安!


宿はソーニャ(名前忘れたので仮)という女の子が1人で切り盛りしてる。
朝早くから晩までずっと働いているのでこんな値段で泊まって申し訳ない感じ。


汚く使ってはならぬ。。。




宿からは6,000m超級の山々が見えるし、

エルタンボ1


エルタンボ2




共有スペースも落ち着いた暖かい雰囲気やし、

エルタンボ3


エルタンボ6




かわいい猫もいるし、

エルタンボ5




用具は揃ってるとは言い難いけど広いキッチンあるし、

エルタンボ4



あ、部屋の写真撮るの忘れた。
でも清潔で快適な部屋でした。毛布分厚いし暖かく寝られます。
第一、個室なら大概OK。


夜になると(昼でもか)マリファナの香りがフワッと漂ってくるヒッピー宿には
違いないけど落ち着いた(?)人ばっかりやったから問題なし。
まぁ静かーなヒッピー宿です。


ちなみにワラスはマリファナがクソ安いみたい。


これはここに沈没する人が出てくるのも分かるかも。


そういうことで、バス代払ってワラスに来ても宿代は抑えられます。


この日しなければならないのは翌日行こうと思ってた
“ワスカラン国立公園”のツアー申し込み。


そこはさすがに個人では行かれへんみたいやから素直にツアーに参加することに。


市内にはいくらでも旅行会社があるので信頼できそうなところに頼んだ。
クスコの二の舞は嫌やから。
料金は40ソレス(約1,458円)/pax。
※2ヵ所かかる入場料は含まれていない。合わせて500円弱ぐらいですが。

この料金より高いところはあっても低いところは無くてこれ以上下がらなかった。


特に治安も問題なさそうなワラス。
世界遺産含めて楽しみます。


聞いてたみたいに、豚の丸焼きが食べられる店は見つけられへんかったなー。


あ、ミカンはここでも健在でしたよ!


【ワラス宿情報補足】★★★★★★★☆☆☆とにかく安い!


“El Tambo”(エル・タンボ)



個室ツイン20ソレス(約729円)/room/day。

シャワー(熱い・水圧まぁまぁ)・トイレ共同、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場有り、wifi有り(部屋によってはなんとか)、共有スペース有り、
キッチン有り、


ドミも同料金(10ソレス/pax)。
特に何の不便も感じなかった。
シャワーのお湯は熱くならない時はソーニャに言うと直してくれる。
場所が分かりにくい(説明できない)のが申し訳ありません。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×17
世界遺産 ☆×29(リマ歴史地区追加!)
関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login