タンザニアで見られたバオバブ並木@ダルエス〜ムベヤ[day416]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※下段にムベヤ宿情報アリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1タンザニアシリング=約0.0632円


2014年10月29日(day416)



タンザン鉄道の旅、2日目。
3段ベッド上段は意外と安眠できました。
2等しかとれなかったとしてもそこまで苦痛ではないですよ。


車内で特にすることもないので車窓から外の景色を眺めてると、
特徴のある木がポツポツ現れだした。

タンザン鉄道ムベヤ1


タンザン鉄道ムベヤ2


タンザン鉄道ムベヤ3


タンザン鉄道ムベヤ4




あっ!“バオバブの木”や!!



おおおー!!


見られるってどこかで書いてあったけどほんまに見られた!
やっぱりマダガスカルってイメージが強いけどタンザニアでも生えてるんやー。


これはちょっと感動。外見てて楽しい。




この時はピュアな気持ちで見てたんですが、後から冷静になって改めて
マダガスカルのバオバブを調べてみたら形がだいぶ違うことが判明
やっぱり本場の方がかっこいい…。どうやら種類が違うみたい。
航空券の高さに断念したマダガスカルですが、やっぱり行きたくなりました。


でもいいんです。
バオバブを見られたことには変わりないんですから…。




バオバブの木に囲まれる集落。

タンザン鉄道ムベヤ5




無邪気に手を振る子供達。

タンザン鉄道ムベヤ6


タンザン鉄道ムベヤ7




5時間遅れのスタートやしまだ全然着かへんと思ってたからケインと食堂車でご飯。
シンプルやけどおいしかったです。4500シリング(約279円)。

タンザン鉄道ムベヤ9




食べてたらどこかの駅に到着。


「まさかムベヤじゃないよなー。」




って言ってたらまさかのムベヤ到着。

タンザン鉄道ムベヤ10

急いで準備して降りました。
5時間遅れやのに定刻より3時間遅れの17時着。
動き出してもさらに遅れるって聞いてたのに。よくわからん。


タンザン鉄道は遅れることが多いから暇すぎるって声をよく聞いたけど、
自分は乗ってよかったと思います。
バスはクオリティ低いし、のんびり車窓を眺めるのは電車に分がある。
遅れても食堂車付いてるしあまり困らないので。
アフリカンな景色を見ながらの移動は旅情溢れるものでした。




駅前でムベヤセントラルターミナル行きのダラダラに乗る。
1000シリング(約62円)
言い値はもっと高かったけど、実際はもっと安いと思う。




ターミナルに着いてから宿探し。
目の前にある“New Millennium Inn”が有名みたいですが、セサにもっと安くて
いい宿があるって聞いてたからそっちへ。

タンザン鉄道ムベヤ11


タンザン鉄道ムベヤ12


全然お客さんいなくて学校みたいな雰囲気やったけど安くて居心地良さそう
だったのでチェックイン。




荷物置いてからムベヤの街を探索。



まずはバスターミナルへ。
次の日のマラウィへの陸路国境越えの情報を仕入れに。


ただ、これはほぼ冷やかし


このムベヤセントラルバスターミナルからマラウィ(例えばンカタベイとか)に
直接抜けるダイレクトバスは存在しない
から。
これはセサにも聞いてたし、ネットでも情報が上がってた。
チェックインした宿の人に聞いても同じ答え。


なのでここのバスターミナルにある各バス会社が「ダイレクトマラウィ行き」って
謳ってるのは全部嘘。


ダイレクトじゃない、高い、乗り換え時追加料金発生、という
三拍子王道詐欺パターン。


なのでその実情を見てみようってことです。


並んでるバス会社のデスクを見て回ったところ、そういうのいっぱいありました。
値段聞いてもやっぱり高い。すぐに値下げしてくるけど。
ほんまにあるやん。騙そうと思って必死やなー。


みなさん騙されないようにしてくださいね。





ムベヤの街を歩いても何もない。
日本が何かに関わったんであろうこのモニュメントだけ。

タンザン鉄道ムベヤ13



しかも街全体が停電中だったので一歩きして宿に戻りました。



実質今日でタンザニアは終了。
キリマンジャロも登らず、サファリも行かず、ほとんどをザンジバルで
過ごしたけどそれだけでも楽しかった。
他のアクティビティしてたらすること満載な国やなって思います。


明日はマラウィin!



【ムベヤ宿情報】★★★★★★☆☆☆☆


“Moravian Youth Centre Hostel”

タンザン鉄道ムベヤ14


タンザン鉄道ムベヤ15


ツイン個室12,000シリング(約744円)/room/day。

シャワー(水、水圧普通)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi無し、共有スペース無し、キッチン無し、


セサの情報通り安い!周りの宿の半額ぐらい。
部屋は清潔。水回りがちょっと難アリですが特に問題なし。
マネージャーは非常にいい人で、国境越え情報など丁寧に教えてくれます。
ムベヤは夜冷えるのでファンもいりません。
場所は“New Millennium Inn”の脇の小道を真っすぐ進んで突き当たったら左。
道に出て右に曲がれば看板が見える。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×28
世界遺産 ☆×55

関連記事
スポンサーサイト



テーマ世界一周 ジャンル旅行

アフリカの大地を感じるタンザン鉄道、リアル世界の車窓から@ダルエス〜ムベヤ[day415]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1タンザニアシリング=約0.0632円


2014年10月28日(day415)



朝、約束してた通りタクシーが来た後フロントのおばさんにドライバーさんの
顔を確認してもらった。仲良さそう。これで問題ないでしょう。
この2人がグルやった場合はもうしょうがない。




ザンジバルのジャンビアーニから行動をともにしてきたセサとはこれでお別れ。
彼がいてくれてほんまに心強かったし楽しかった。
今まで何回も出会っては別れを繰り返してきたけど、それとは全然違って本当に
悲しかった。
言葉が違うことでお互いつたない英語で真剣に思ってること伝えようって頑張った
こととか、アルゼンチン在住の彼とはおそらく今後会うことはないって考えたら自然と。


でもまた会いたいなー。


彼はダルエスサラームから貨物船に乗り込んでコモロ諸島、そしてマダガスカルに
向かうという。
普通の人はまず辿らへんルートなのでどうか無事で着いてほしい。


さようなら、セサ。




おばさんに紹介してもらったドライバーは本当にいい人。
同じように何回も日本人をタザラの駅まで乗せたと言う。
ありがとう。これからも安全に日本人を助けてください。
料金は15,000シリング(約948円)
距離にしては高いけどここは全然問題なし!





駅に着くと待合室はもう人だらけ。

タンザン鉄道1日目1




チケット売り場に行って1等にグレードアップしてもらおうと思ったけどキャンセルが
出てなくて無理でした。しつこく聞いてみたけどダメ。




定刻の10時を回ってもゲートが開く気配がまるで無い。
ま、遅れることが日常茶飯事って聞いてたからこんなもんかな。




と思ってたら、


「えー…っと、5時間遅れます。」



歯切れの悪すぎるアナウンスが流れた。
ほほー、小出しに何回も遅れるって言うんじゃなくて始めから5時間遅れる
って言うとは…潔し!!


その潔さからイライラせずにさらに気長に待とうって気になった。
案外いい手法かもしれません。





駅にあるカフェでご飯食べたり時間つぶし。
そしてここでも出会いがありました。
日本人?っと思って声をかけた男がマレーシア人のケイン。
自分でも言ってたけどマレーシアでは珍しい、かなり長期で旅行してるバックパッカー。
東洋人、というか旅行者がほとんどいないのでこの出会いは嬉しかった。


コンパートメントが同じってことが分かったのでさらに一安心。
英語がネイティヴ並みで旅慣れ感半端無いのでもう一安心。
行き先がしばらくかぶってたからもっと安心。


怖いところで道連れができるこの安心感。いいですねぇ。





アナウンスでの予告からさらに1時間ほど遅れて乗車開始。
ゲートをくぐって電車に乗り込みます。

タンザン鉄道1日目2


タンザン鉄道1日目3


タンザン鉄道1日目4


いよいよ楽しみにしてた“タンザン鉄道”の旅がスタート。




車内の様子はこんな感じ。
通路にコンパートメントが並んでる。

タンザン鉄道1日目5




コンパートメント内。

タンザン鉄道1日目6


寝る時は一番下の座席の背もたれを持ち上げて3段ベッドにする。




中のメンバーはいい人ばかりで助かりました。

タンザン鉄道1日目7




下段・中段はみんなが寝る体勢にならないと横になれないので上段を確保。

タンザン鉄道1日目8


登りにくいし狭いのでたぶんあんまり人気がないっぽい。
早々に取っても何の文句も言われませんでした。




食堂車。
安くておいしいらしいので楽しみ。

タンザン鉄道1日目9





外を眺めてると結構頻繁に小さな村を通る。
その度に子供達が電車に向かって手を振るのでこちらも振り返す。

タンザン鉄道1日目10





カーブを曲がる時に見られる電車の外観。

タンザン鉄道1日目11


車両ごとに色が違うのがまたいいんですよね。
どっかでも言ったかもしれんけど、乗った電車の中で一番リアルな
“世界の車窓から”
あのメロディとともにナレーションが聞こえてきそう。





初日、ダルエスサラームを抜けて郊外に出ると一部国立公園の中を走るので
運が良ければ野生動物を見られるって聞いてた。
それは見たい!!

タンザン鉄道1日目12


それっぽくなってきたからずっと窓の外を凝視してたけど猿以外の動物には出会えなかった。
電車から象とかキリンとか見られたら最高やのに。残念。





サバンナとはいえないけど、アフリカの大地に夕日が沈む。

タンザン鉄道1日目13


ザンジバルではなかなか感じられなかったアフリカ感。
怖そうやし行くのに抵抗があったアフリカ。
そこで今自分が電車に揺られて移動してることにちょっとした幸せを感じるのでした。




明日はムベヤに明るいうちに着けばいいけど、まぁ着かなくてもいいや。
なんとかなるはず。なんとかしてくれるはず、ケインが
期間的には余裕を持ったのでまだまだ大丈夫。
のんびり行きましょう。

タンザン鉄道1日目14




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×28
世界遺産 ☆×55
関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login