移動ばっかりしてる気が…@モコトロン〜マセル[day441]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※マセル安宿情報下段にアリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1ランド=約10.8円
       1ロティ=約10.8円

※レソトの通貨ロティは南アフリカランドと等価


2014年11月23日(day441)



モコトロンには何もないので首都のマセルまで移動します。



マセルまでは1日1本、大型の直行バスが出てます。
前日に宿のおっちゃんにマセル行きのバスが出る乗り場と時間を教えてもらってた。


時間は8時
場所は宿からメインロードに出てずーっと左に歩いて行ったところ。
ちょっとしたバス乗り場(空き地)があってそこに停まってる。

レソト首都



8時前に行ったらほぼ満席。ギリギリセーフ。
危なかった。7時間ほど立ちはキツい。時間に余裕を持ってバス停に行きましょう。
バスは128ランド(約1,375円)




スギちゃんによるとモコトロンーマセル間も景色が非常に美しいらしい。




が、




霧雨がふって寒い日。ガラスに結露がつきまくり外が何も見えない。
ああ、無念。
こういうときは寝るしかありません。寝ました、着くまで。




マセル到着。
かつてマセルには安宿が1つしかなかった。
『歩き方』にも載ってる“Angrican Training Centre”(アングリカントレーニング
センター)。
フルな場合が多いらしいので『歩き方』には載ってないもう1つの宿へ。



タクシーは割高なので乗り合いタクシーで。6.5ランド(約70円)。
※同じ車体なので見分けはつきません。ドライバーに要確認。


宿の名前は、“Maseru Backpackers”ですが、通じないので“ダラムリンク”
伝えましょう。
宿の目の前まで行ってくれます。




さて、この“Maseru Backpackers”
夕方行くとレセプションが閉まってます。何かの施設なのかな?
なので門番にお金を払って部屋に案内してもらいます。
こいつが非常に胡散臭い。宿代上乗せしたりするので「1泊の値段知ってるから!」
って言いましょう。ちなみに140ランド。




こいつの胡散臭さというか、金をどうにか自分のポケットに入れようというガメツさは
次の日身をもって体験することになる。
また次の記事で書きます。要注意!


ここまで来てしまうと周辺にスーパーなどが無いのでターミナル周辺にあるスーパーで
食材はGETしといたほうがいいです。




はー、ここまで来た。
ケイ君は翌日南アのブルームフォンテンまで行ってケープタウンに向かうらしい。




自分は…、どうしよう?
まだレソトなんにもしてへんしなー。
スワジランドみたいに小さな国ならではのいいところを見てみたい。


近郊には“楽園”と称されるマレアレアってとこがあるらしい。
レソトの思い出づくりにそこ行ってみるかー。




【マセル宿情報】★★★☆☆☆☆☆☆☆


“Maseru Backpackers”

6人ドミ140ランド(約1,504円)/bed/day。

シャワー(熱い、水圧○)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(レセプション周りのみ、速度はまぁまぁ)、
共有スペース無し、キッチン有り、テントサイト有り、


胡散臭い門番がいるからの評価です。
何度も書きますが色々ごまかされないように注意してください。
管理人は夕方以降いないので完全放置プレイ。
なので本来居心地はいいです。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×36
世界遺産 ☆×55

関連記事
スポンサーサイト



テーマ世界一周 ジャンル旅行

ドラケンスバーグ山脈を越えて〜南アフリカーレソト陸路国境越え〜[day440]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※モコトロン安宿情報下段にアリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1ランド=約10.8円
       1ロティ=約10.8円

※レソトの通貨ロティは南アフリカランドと等価


2014年11月22日(day440)



南アのダーバンからレソトの“モコトロン”という村まで国境を越えて移動します。




まずはダーバンから“ピーターマリッツバーグ”まで。


線路沿いを走るJohannes Nkosi StreetとDr Yusef Dadoo Streetの
交差点にあるKFC前で乗車。

ドラケンスバーグ山脈1


おそらく行けば乗客が集まるのを待ってるミニバスが停まってます。
55ランド(約591円)




ピーターマリッツバーグで乗り換えて“アンダーバーグ”まで
行くんですが、このバスターミナルが分かりづらい!
終点まで乗ったら行き過ぎです。
ミニバスの運転手にアンダーバーグまで行きたい旨を伝えて近くで降ろしてもらってください。
またそこから分からないんですが…。人に聞くしかないかもです。


状況は違いましたが、スギちゃんのブログも参考にしてください。
↓↓↓
世界一周してかえる


ここも人が集まるのを待ってからの出発。
アンダーバーグまで90ランド(約967円)




アンダーバーグのターミナルで次のバスが出るまで休憩。
ここで食べたビーフシチューがアフリカで一番旨かった!!





国境行きのバスに乗車。
と言っても手前までしか行きませんが。33ランド+荷物代5ランド(約408円)


言われないとアフリカって思えないような緑の中を走る。
天気が良くて気持ちがいい。

ドラケンスバーグ山脈2


ドラケンスバーグ山脈3


ドラケンスバーグ山脈4


ドラケンスバーグ山脈5


ま、バスの中は人と荷物満載で気持ちよくないんですけど…。





これから山道、ってところで車を乗り換え。

ドラケンスバーグ山脈6


レソトのモコトロンまで100ランド、そしてみんなの荷物で1席が塞がってしまうという
理由でその1席分をみんなで割り勘、20ランド。計120ランド(1,289円)



ここから“ドラケンスバーグ山脈”を越えてレソトに向かいます。
“ドラゴンの山々”と名付けられたこの山脈。世界遺産でもあります。

ドラケンスバーグ山脈7


ドラケンスバーグ山脈8


ドラケンスバーグ山脈9


ドラケンスバーグ山脈10


とにかく緑がめちゃくちゃキレイ!!
そして山の形がかっこいい。
陸路での国境越えは何度も経験してきたけど、その中でも1,2を争う美しい国境。
ここまでのはなかなかありません。ミニバスから見てるだけでも観光になります。





南ア側の国境。

ドラケンスバーグ山脈11


ドラケンスバーグ山脈12

ここも“Sani Pass”って名前がついてるけど本当の意味でここではありません。





ここからさらに景色が雄大になってきます。

ドラケンスバーグ山脈13




眼下に見える谷を境に完全に緑と茶色が分かれる山脈。
車を停めてくれればもっと分かりやすい写真が撮れたんですが、これが限界。

ドラケンスバーグ山脈14


谷隔ててるだけでここまで色が違うのは何か理由があるに違いない。
でもその理由は分かりません。
他にない景色なので興奮しました。





そして山をズンズン登って行ったところがレソト側イミグレ。

ドラケンスバーグ山脈15





ここが本当の“Sani Pass”です。標高2,873m

ドラケンスバーグ山脈16


天気も急激に悪くなり雨がポツポツ。風もキツいし何より寒い。
下界とは全く違う光景が広がってた。
峠のてっぺんにある国境、雰囲気抜群でいいですねぇ。世界の果て感満載!



ということで36ヶ国目レソト入国!!




しばらく走るとモコトロンの村に到着。


落ち着いた素朴な村。
天気が良ければもっとキレイなんやろうけど、まぁしょうがない。

ドラケンスバーグ山脈17


ドラケンスバーグ山脈18


前もってドライバーに宿の名前を伝えとくとその前で降ろしてくれます。


朝8時ぐらいに出て、モコトロン到着が18時ぐらい。
結構時間かかりました。でもその日のうちに着けると思います。


レソトに入るには南アのブルームフォンテンからの往復がごく一般的でルートも
確立されてます。
でも、2つの国にまたがる雄大なドラケンスバーグ山脈は一見の価値アリ!
バスの乗ってるだけで観光出来るお得な区間です。
乗換が面倒ですが…。


これ自分で車運転して越えられたら最高やろうなぁ。


前もお礼言ったけど、このルートを前乗りで行ってくれてたスギちゃん、ありがとう!!



【モコトロン宿情報】★★★★☆☆☆☆☆☆


“Grow”

7人ドミ90ランド(約967円)/bed/day。

シャワー(熱湯か水か、水圧△)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi無し、共有スペース無し、キッチン無し(簡易キッチンはアリ)、テントサイトたぶん無し、


看板とか出てないのでミニバスの運転手が知らなければちょっとキツい。
メインロード沿いにある中国人経営のスーパーの斜向いぐらいにある路地を
スーパーと逆方面に歩いてくとある。宿の前には表札ぐらいあった気が…。
モコトロンはレストランがあってないようなものなので晩飯に困ります。
シャワーが熱湯か水かの切り替えなので入るのに苦労した。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×36(レソト追加!)
世界遺産 ☆×55
関連記事
テーマ世界一周 ジャンル旅行
検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login