スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと電車で国境まで@ウユニ〜ビジャソン/鉄道移動[day139]

※約9ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月24日(day139)



ウユニを去る日。
まさかこの小さな村で8泊もするとは思ってなかった。
体調さえ万全なら…


とにかく長期で滞在するところじゃないです。
正直言って街としては南米で1,2を争うぐらい好きじゃない街です。
高度高いし、おいしいもの無いし、愛想悪いし、物価高めやし。


今日の夜行でアルゼンチンとの国境の町、ビジャソンを目指す。


ボリビア〜アルゼンチン(ビジャソン〜ラキアカ国境)を陸路で越えるってあまり
情報がなくて、あっても逆方向からのばっかり。


とりあえず、ただでさえ悪路なので雨季にバスはやめた方がいい、ってことだけは
分かったので今回は「鉄道」を選択した。


「鉄道」になるとちょっと楽しみになってくる。


夜行バスとかとは“旅情を誘う”という点で大きく違う。


しかもこの旅で鉄道といえば、バンコク〜アユタヤを往復しただけ。
(マレー鉄道乗られへんかったし…)


案外長期の旅行に出ていても鉄道に乗る機会って少ないんです。


だから出発前はワクワクしてました。


※電車の予約方法などは前々回の記事をご参照下さい。


ウユニの町で22時まで時間を潰すことは困難なので腹立たしいけどアベニーダに
もう1泊分の料金を払い待機。


同行者は1dayツアーで一緒やったきみちゃん。
国境越え、そして情報がない移動で同行者がいるとホッとする。


どうせボリビアのことやから電車遅れて来るんやろ?


と思いきや、電車は定時に駅に到着し、定時に出発。


始発駅じゃないのになかなかやるやん、ボリビア国鉄!


※この数ヶ月後もボリビアで電車乗りましたが、そちらも特に遅れもなく
快適でした。プロモーション価格も出してたし。
電車移動を盛り上げようって感じがしていいですね。


線路の音、車体の軋み、プラットホームに溢れる人、別れの場面…

1bijason.jpg


2bijason.jpg



やっぱり鉄道はいい!!!


そして乗り込んでみると席も通路もゆったり2列2列。


3bijason.jpg


なんとテレビ付きでコメディを放映してた。


乗り心地は下手なバスよりよっぽどいい。


外は真っ暗で“世界の車窓から”的な表現はできないのが残念。


でも外を見続けることなく、心地いい揺れの中眠りにつきました。


目を覚ましたら国境のはず。おやすみなさい。




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×12
世界遺産 ☆×19
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。