スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断層に囲まれた雑貨天国@ウマワカ渓谷プルママルカ+安宿情報[day140-142]

※約9ヶ月遅れの更新になります。

※下段に宿情報アリ

※下段に移動(バス)情報アリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月25-27日(day140-142)



チリに帰るのに通ったルートはおもしろくない、ということで
立ち寄った“ウマワカ渓谷”、そしてプルママルカの村。


結果的に南米でもかなり上位に食い込むおもしろさでした。


なんで“歩き方”であまり取り上げられていないのか不思議。


3泊滞在したんですが、今回は村の様子を紹介します。


“ウマワカ渓谷”沿いにはいくつか村が点在しているのですが、このプルママルカ周辺は
唯一ルートから外れているだけあって山に囲まれてます。


そして、渓谷の中でも一番断層がカラフル!


なので村からでも十分景色は楽しめます。

プルママルカ1


プルママルカ2


プルママルカ3




そして女子必見なのが雑貨!!


村の中心はほぼ観光用に作られているのでレストランとか商店とかが
たくさん並んでるんですが、圧倒的に雑貨屋が多い!

プルママルカ4


プルママルカ5




見た感じですが、7割ぐらいは雑貨屋だったんじゃないかと。
公園周りにも露天の雑貨屋台が毎日並びます。


そして露天のものは大概同じでもう1つですが、店舗になってるところは
クオリティも高し!!


こんな村あまり無い。


冷やかしで覗いて行くだけでも楽しいです。


中でもオススメなのが、この“Taller”ってお店。

プルママルカ6


プルママルカ7


次の記事でも紹介しますが、村の裏側のトレッキングルート上にポツンとあります。
なので場所は上手く説明できませんが、とにかくルートを全て歩けば分かります。


ここの雑貨はクオリティ高かった〜!
しかも工房付きなので手作り感満載。


smileも買いましたがニット帽とかブレスレットがめっちゃかわいくてオススメ!!!


オーナーは地元の人ではなく英語堪能で少しまけてくれるいい人でした。

プルママルカ8



自分も欲しいものいっぱいあったけど我慢、我慢。




南米ではどこでもそうですが村に教会がある。
ここのはシンプルな造り。

プルママルカ9



教会も街並もどことなくチリのアタカマに似てる。


イコール、平和で小さくて暑すぎなくて適度にツーリスティックで好きな感じ。


村の中心には公園があって旅行者や大道芸人の憩いの場所。


見回すとマテ茶用のストロー付きコップと魔法瓶を持ってる人(アルゼンチン人)
がほとんど。


アルゼンチン国内では人気の旅行スポットみたい。


あれ、見てると欲しくなるんよなー。
日本帰ったら絶対使わへんのに。


※マテ茶にはお湯が必須なのでどこの商店でもお湯を売ってます。


木にぶら下がってる人がいたり、突然タンゴが始まったりで、ここも居るだけで
楽しい場所でした。

プルママルカ15


プルママルカ16


プルママルカ17





そんな居心地のいいプルママルカですが、難点が1つ。


安食堂や屋台が無いこと。


そして食材を豊富に売ってる店も少ないのでバックパッカーには辛い。


唯一の屋台はこれ。

プルママルカ10


プルママルカ11


プルママルカ14




名前不明のパニーニみたいなパン。


村の至る所で売っていて値段も手頃(100円ぐらい)。


中の具も屋台によって“ハムチーズ”とか“オニオントマト”とか色々ある。


これでだいぶしのぎました。
屋台によってパンの味も違ったりするので食べ歩き楽しいですよ〜。


あとはたぶん土日限定やけど公園の近くの民家で鶏の串焼きを売ってた。

プルママルカ12



焼き鳥loveな自分にとってたまらない一品。


もちろん味もめっちゃ旨いし、公園でワインと食べたりなんかした日には昼から
ご機嫌なこと間違いなし!!!

プルママルカ13




どうでしたか??
ちょっとプルママルカ行きたくなりましたでしょうか??


南米旅してる人もあんまり行ってないみたいなので今から行く人は
是非行ってください!


ちょっと行きにくいところにあるけど。


【プルママルカ宿情報】★★★★☆☆☆☆☆☆他にいい宿あるはず


“HOSTERIA BEBO VILTE”

プルママルカ19


4人ドミ100アルゼンチンペソ(約1,040円)/bed/day。

シャワー共同(温度十分)、朝食無し、エアコン無し、洗濯手洗い可、干し場有り
wifi有り(遅い)、共有スペース無いが庭が広い。


教会の裏に回ればすぐに見つかる。
プルママルカに着いて目星の宿が軒並み空いてなかったのでこちらへ。
特に悪い宿ではないが良くも無い。
ドミ部屋は離れにあるが狭い。
自分達は無理だったが、後から来た欧米人が90ペソにディスカウントしていた。



【プルママルカ移動(バス)情報】

写真を見てもらった方が早いが、周辺の村や起点となる町、サン・サルバドール・デ・フフイ
までのバスが何本かある。
ただ、チケットを発見するブースがシエスタを含めて閉まりがち(なぜ?)なので何回も
足を運び非常にめんどくさかった。
自分達はフフイまで出てメンドーサに乗り継いだ。

プルママルカ18




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×20(ウマワカ渓谷追加!)
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。