スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルタもフフイも飛ばします@プルママルカ〜メンドーサ/バス移動[day143-144]

※約9ヶ月遅れの更新になります。

※移動情報アリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月28-29日(day143-144)



プルママルカを朝一で出発しサン・サルバドール・デ・フフイへ移動。
時刻表通りバスは出た。


1時間ほどでフフイ到着。
中級ぐらいの都市なのでターミナルもごちゃごちゃしてる。
バスから見てもあまりおもしろくなさそう。


うん、そのつもりやったけど何の迷いも無く飛ばせるな。


もしかしたらサルタまで行かないとメンドーサ行きは無いかと思ったけど、
幸いにもフフイからメンドーサへの直行の夜行バスがあった


なのでサルタも飛ばすこと決定。

ここも“歩き方”読んでも興味湧かへんかったから全然いいんやけど、
南米でサルタファンに2人ほど会った。


もしかしたら“歩き方”でカバーできてないおもしろスポットがあるのかも。


ま、この時点では知る由も無く、乗り換え少なくてラッキーぐらいでした。


夜行なので5時間ぐらいターミナルで待機。

このフフイのターミナル、明らかに怪しい人間がちらほら歩き回ってる。
何かで見たけど軽犯罪の多い街だそうで。
時間潰すの面倒やけど、ターミナルから出ず荷物をしっかりガード。
ただ待つの一番疲れるんやけど。。。


そして、バスに乗り込む際に荷物を預けるのだが、金を要求された。


現地の人で払ってる人もいたし、荷物代がかかるとは聞いてないのでおそらく
チップやろうけど、自分が持ってるバックパックをほんの30cm持ち上げて
トランクに放り込むだけ
で1人50ペソ!?


しかも明らかにバス会社の職員じゃないその辺のおっさんみたいな野郎。
態度もめっちゃ悪いし。


正当なものなら申し訳ないけど2人で50ペソにさせてもらいました。


他の旅行者はアルゼンチンでは当たり前、と言っていたが、ちゃんとバスの職員が
チップ無しで入れてくれたり、荷物代としてレシートをくれたりするところもあるので
一概に当たり前とは言えないんと違うかな。


乗り換えだけのフフイで何かとストレスやったけど、この10日ぐらいは
それを解消する魔法の言葉があったんです。


少し前にルートを考えていた際、

「メンドーサまで下って、アンデス越えてサンティアゴもう1回入って、プエルトモン
行って…」


と地図を見てたら、


「あれ?これもしかしてもう1回ビーニャ行けるんちゃうん??ビーニャからメンドーサ
行った人いたし、それがあるなら逆もあるやろ!?」



と思いついたのです。


あの環境のいいビーニャに行けば癒される、海鮮食える、貯まってる洗濯物も
じゃぶじゃぶ洗える…


と思ったら何でも耐えられるんですよね(笑)。


だから2人の合い言葉は「もうすぐビーニャ!」


ビジャソンの国境で雨に濡れてたときもこの言葉を思い出し耐えられました。


あぁもうすぐ行けるよ。。。


そして乗り込んだメンドーサ行きのバスは大手の会社にしたのにも関わらず非常に
乗り心地が悪く、バスの中でも何度も唱えることになりました(泣)。


結構周りの旅人とも一致したんですが、「ANDES MAR」社、
幅きかせてる割にダメですね。


自分もsmileもメンドーサ含めて資料写真が一切無かったです。
なんでやろ?


文ばかりですみません。。。




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×20
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。