スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監禁されそう!闇両替@メンドーサ+安宿情報[day144]


※約9ヶ月遅れの更新になります。

※宿・レストラン情報下段にアリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年1月29日(day144)



朝、定刻どおりにメンドーサ着。
なんと荷物を降ろすときも金を要求された。


とても払う気になれなかったので他の乗客が揉めてる隙に退散。
なんやろうこのシステム。
わからんから「ANDES MAR」に悪者になってもらいます。二度と使うか!


ターミナルからセントロは距離がありそうなので、メンドーサを脱出するバスを
予約しておくことに。


行き先はもちろん“ビーニャ・デル・マル”!!


アルゼンチンのバス会社は嫌やったから信頼の“TUR BUS”にしました。
(※TUR BUSはチップ要求ありませんでした。)


タクシーでセントロに行き、珍しく予約していた宿にチェックイン。


夜行明けは疲れてるところやけどメンドーサは1日しかいーひんから
やることやらんと。


やらなければいけないこと。


それは“闇両替”


当時は闇レートが横行していたので。


ブエノスアイレスが一番レートがいいのは聞いてたが自分らは経由せずに
パタゴニア入るから無理。


田舎は全体的に悪いけどちょっとでもいいレートを求めてメンドーサに来た。


メンドーサの名誉のために言っとくと、ここはアルゼンチンワインの一大生産地。
アルゼンチンワインの70%はここで生産されている。


だからみんなここに来るとワイナリー巡りをしてワインを楽しむのが普通。


でも自分達はそこまでワインに興味が無いので参加しなかった。


ただ、ワインの激安っぷりには驚愕しましたね。

ちゃんとした銘柄のボデガ(日本酒で言う蔵元)が作ってるワインでも
一瓶150円とかからある。


好きな人はたまらんやろうなぁ。


なので自分らは「あんたら何しにメンドーサ来たん?」って言われても仕方ない。


話を闇両替に戻そう。


これまで使っていたアルゼンチンペソ(以後ARS、アルペソ)はチリのビーニャで
チリペソからコツコツARSに替えたやつやった。
(それでも正規レートよりはずっといい。他国でどれだけARSが紙屑扱いされてるか
分かります)


だから闇両替は初めて。


この時、正規は1USドル=8.6ARSぐらい。
ブエノスアイレスだと1USドル=12.2ARS
パタゴニア含めた田舎では1USドル=10ARS


なので1USドル=11ARSぐらいは欲しいところ。


とりあえず両替商が多いサンマルティン通りに出てみた。


おっさんが「カンビオ!カンビオ!(両替の意味)」と声をかけてくる。


店舗を持ってるカンビオ(同、両替屋の意味)はレートが悪い。10.5とか。
店の前で張ってるおっさんで11いくかいかないか。


粘って歩いてるとすれ違い様に耳元で「11」と囁いてくるおっさんがいた。


振り返ると人相の良いおじいちゃん。一応名刺をもらう。


そこに行こうかなーと思いつつ、通りを曲がって細い路地に行ってみた。


そこは大通りの喧騒を離れた雑居ビルが立ち並ぶ通り。


ちょっと雰囲気違うなぁ…


ふいにビルの前にいた若い兄ちゃんに「カンビオ!」と言われ反応してしまったので
渋々レートを聞くと「11.5」とのこと。


おお〜!目標をクリアしましたよ!


あとは安全に替えるだけ。


兄ちゃんに頼むとそのビルの2階にある小さな携帯電話ショップに連れて行かれた。


それ以前に、


このビル通常営業してる店無いよね??


この携帯電話屋もさっきまで閉めてたよね??(泣)
今シャッター開けたよね??(泣)


どうやらこのゴーストビルはお客が来たときだけ営業を開始するらしい。


ああ、これ監禁や!監禁されて身ぐるみ剥がれるんや!
よかった〜手持ちの金全部じゃなくて300USドルしか持ってなくて。
(↑全然よくない)


ドルを渡すと店主は長い時間をかけて確認。
そして、外からもっといかついオーナーみたいなのを呼んでさらに念入りに確認。


これ、監禁の用意が整うまでの時間稼ぎか!?


店の奥からARSが出てきて目の前に置かれた。


あ、普通に出てきた。
いや、偽札とか桁が合ってないとかの細工があるかもしれん。


……。(必要以上に目を凝らして確認)


うむ、全部合ってる。


おかしいな〜このパターンは最悪監禁、よくても軟禁やと思ったのに。


取引が終わった後は和やかムードになったので、残り400ドルも替えるべく宿に帰り
再びこの店に依頼したのであった。


雑居ビルってなんでこんなに不安になるんやろ?

でもたまたま何も無かっただけで起こるときは起こってしまうと思うので
皆さんも気をつけてください。


ミッションクリア〜!
これで財布も分厚くなって心配なくパタゴニアに突入できる!


その後優雅にオープンカフェなどに行き落ち着いてお茶を飲みました。


メンドーサ、全然見所見てないー!


あ、シエスタの時間に街が完全ゴーストタウン化するところは後にも先にも
ここだけでした。




【メンドーサ宿情報】★★★★☆☆☆☆☆☆Hostel Worldレビューは眉唾!


“HOSTEL SUITE”

10人ドミ80ARS(約802円)/bed/day。
※YH会員以外は10ARS増し

シャワー共同、朝食有り、エアコン有り、洗濯手洗い(してないので不明)
キッチン有り、
wifi有り、共有スペース(屋内と屋上にテラス有り)。
ベッド下にバックパックが入る棚(自分の南京錠がつけられる)有り。

レビューを参考に予約したが何をもって90%もあるのか不明。
部屋は狭い、そしてこれは宿のせいではないがエアコン選択権が
先に入ってた6人グループの手にありonになってなくて暑すぎた。
シャワーもあまり清潔でない。
キッチンはついてるが史上最高に狭かった。



【メンドーサレストラン情報】

“Las Tinajas”

“歩き方”に載ってるビュッフェ店。
めっちゃ肉食おう!ってことで行った。
薪で豪快に焼かれた肉が食べ放題。他にもかなりの種類のお惣菜も。
張り切って肉を食べにかかったが始めに皿に置かれた肉が大きすぎて
自分は2ターン、smileは1ターンしか食べれず…
味はよかったですが元を取れてへん!
昼に行きましたが、言わずもがな寝るまで腹いっぱいでした。





↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×20





関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。