スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は旨い“クラント”&路上での再会@ビーニャデルマール〜チロエ島/バス移動+安宿情報[day149]


※約9ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年2月3日(day149)



ビーニャを離れた翌朝、バスはチリ側パタゴニアの玄関口、プエルトモンの
バスターミナルに到着。

曇り空もあって少し肌寒い。


プエルトモンは何と言っても海鮮の街


だって街一番の観光名所がアンヘルモ(魚市場)やし。
なんでもスモークサーモンが激安で買えるらしい。


ふーむ、魅力的。


この時点での今後のルートはここからアルゼンチンのバリローチェに抜けて
エルチャルテンに下って行くという王道ルート。


なので、ちょっと気になるチロエ島にこのまま行ってまた帰ってくるつもりにしてた。


チロエ島へのバスは1日に何本か出てて待ち時間もあまりなくスムーズに乗り継げた。


まさかプエルトモンがこれで最後になるとはこの時思ってなかったのです。。。


橋がないのでバスごとフェリーに乗り込みチロエ島へ!

1チロエ島


この寒さ、空のグレーっぷり、海の色の無さ、物悲しさ…冬の日本海みたい。




バスはチロエ島で一番大きな街カストロに到着。


情報が無いので宿どうしよう?と思ってたら何人か客引きが来た。
人の良さそうなおばさんについて行くと車で送迎。


それはありがたいけど、車が必要ってことは遠いのでは??


屋号も何も無い普通の民家到着。
おばさんの家を開放してるのかな。庭にはテント泊の若者がたくさんいた。

4チロエ島


2チロエ島


部屋はキレイ。



高台なので窓からは教会が見える。

3チロエ島



見た感じセントロとそこまで離れてないので一安心。



チロエ島の名所は世界遺産にも登録されている“チロエの教会群”


島の各所に16の教会があるらしい。
ツアーで回らないと見られなさそうだったので、カストロにあったこの教会だけで。


某有名テーマパークにありそうな毒々しいカラフルな色の教会。

5チロエ島



なぜこれが世界遺産…と思ったが歴史的背景を知らないので何とも言えない。



中は木のぬくもりが感じられる温かい雰囲気の教会。
なおさらなぜ外観をあんな色に?って思ってしまう。

6チロエ島


7チロエ島


14チロエ島


15チロエ島






お腹が減ったので港近くの市場へ。
プエルトモンより安価で海鮮が食える(“歩き方”参照)と書いてあったので、

もう頭の中は「海鮮!海鮮!」


市場に行ってみると…、


ち、小さい…
たたみ10畳ぐらいのスペースしかないよここ。


しかも売っているのは全てセビッチェ。
確かのシャケのはおいしそうやけどそんなに安くないし。。。


そこで食べるのはヤメにして食堂探し。
同じような外観の店が3軒ほど並んでた。


もう勘しかない、とそのうちの1つを選択。


店内は混んでる。旨いのかも…、と期待が高まる。

9チロエ島



注文はコングリオ(穴子)のフライと“クラント”


“クラント”はこの地方の名物料理。貝とかソーセージとか豚肉とかジャガイモの煮込み。

すれ違った旅行者からはあまり評判のよくなかったクラントだったがせっかくなので
試してみることにした。


まずコングリオのフライ。

10チロエ島


くぅ〜〜〜!
白身がフワッフワで旨い〜!味は間違いなく穴子〜!幸せ!




続いて噂のクラント。

11チロエ島


13チロエ島




おぉ〜!アサリが、ムール貝がてんこ盛り。


アサリは…旨い、うん、間違いない。

ムール貝は…、これは…!旨すぎる!


今までムール貝って出されたら惰性で食べてて、味は良くも悪くもなく、って感じ
やったけど、このムール貝は歯ごたえ・味、今まで食べたこと無いぐらい旨い!!!


貝以外の食材(鶏・ソーセージ・野菜など)は「自分たち出汁を出し尽くしました」
って感じで味は普通。

でも彼らのパワーがなければクラントは旨くないんやろうなぁ。


大満足で店を出ました。ここはオススメです!次の日も行きました。
クラントは5,000チリペソで、プエルトモンの相場よりは安いみたいです。


店構えはこんな感じ。

12チロエ島





その後ぶらぶら道を歩いてると、

8チロエ島



「ああ〜!!○△&%#$+@¥〜!!!(言葉にならない日本語)」


と後ろから言われたので振り返ってみると、
なんと1回目のビーニャで一緒やったかよちゃん発見。


なんでこんなところに…!
おれらより早くビーニャを出たはずやのに。。。


行方知れずやと思ってたけど、まさかのチロエ島長期滞在中。


むっちゃ偶然会えた!


晩飯を一緒に食うことに。
小粋なビアガーデンみたいなところに行ってビール、そして終わらない会話(笑)

16チロエ島



そこまで一緒にいたわけじゃないけどしゃべることがなぜかたくさんある。


話はとめどないので明日も一緒に昼飯を食うことにしたのだが、


かよちゃんから1つ情報がもらえた。


それは、チロエ島から“アウストラル街道”の起点となるチャイテンという町に
フェリーが出ているということ。


他の旅行者から度々その名前は聞いていた“アウストラル街道”。


なんでもそれはそれは自然豊かな美しい街道らしい。


何となく名前で惹かれるってのもある。。。


せっかくフェリーも出てることやし行ってみるか!!!


心残りは滞在するはずやったプエルトモンでスモークサーモン食べ損ねたことやな…


smileの野望であった、バリローチェでチョコレートを食べるという夢も
潰えたのでした。。。


たかが食べ物のことやけど長期旅行者にとっては切実なんですよ…






↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、クリックをお願いします!↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×21(チロエの教会群追加!)
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。