スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリーに乗って隣国ウルグアイへ、スキミング疑いでビビる@ブエノスアイレス〜コロニア・デル・サクラメント[day186]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。



2014年3月12日(day186)




この日はお隣の国ウルグアイへショートトリップ。


ラ・プラタ川(あ、地理で出てくる名前や!)をフェリーに1時間半乗れば
隣の国に着いてしまう。


島国日本に暮らしてるとあまり馴染みが無い行為。


しかもブエノスの対岸は“コロニア・デル・サクラメント”という
世界遺産の町なのです。



恐らくブエノスに来る旅行者の半分以上は行くんじゃないかな。


なんせアルゼンチンで闇両替する際必要なUSドルが普通にATMで下ろせるから。
しかも高レートの100ドル札。


闇レートの恩恵を受ければフェリー代とかまかなえるし。


まさかウルグアイの人は旅行者がそんな行為の為にお邪魔しているとは
思わへんやろうなー。



我々は…も、もちろん観光ですよ!観光!
世界遺産の町をじっくり味わう為に行くんです。




朝早く起きてフェリー乗り場へ。
安いチケットは朝一出発の晩遅く帰ってくるのしか席が取られへんかった。


上野山荘から30分程歩くと着く。道は簡単。




フェリー乗り場は周りの殺風景な雰囲気とは違いめっちゃ近代的。

コロニアデルサクラメント2



看板とかもかわいいし。

コロニアデルサクラメント3


コロニアデルサクラメント4



バスターミナルとか空港とか無機質な雰囲気のところが多いけど、こういう風に
凝った造りになってたらそれだけでちょっと楽しくなるのに。




イミグレはアルゼンチン・ウルグアイ両国の管理官が仲良く隣同士に座ってて、
アルゼンチン側で出国スタンプ押して「はいよ!」って感じで隣に渡す。


今までで一番機能的なイミグレやった。
両国間が仲いいからできるんやろうなー。




そして出航!
まっ茶色なラプラタ川を進みます。

コロニアデルサクラメント5



ちょっと離れたら川以外何にも見えへん。ほとんど海。

コロニアデルサクラメント6





そして順調にコロニア・デル・サクラメントに到着。

コロニアデルサクラメント7



のっけからクラッシックカーのお出迎え。
が、歩くので我慢我慢。

コロニアデルサクラメント8





さて…と、


ATMはどこかな??




ち、違うんですよ!


ちょっとアルペソが足りひんから観光に来たついでに下ろすだけです。


両替のついでに観光するのとは全然違います(言い訳)。



無事に大量のUSドルを引き出し町の中心を目指す。



ここで自分のカードの暗証番号を1回間違えた。
それ以降そのカードは下ろせなくなった。
残高不足かな?と思ってその後はsmileのカードで下ろしたんやけど、
後で問題が発覚する…




歩いてると古地図のタイルが出てきたり、

コロニアデルサクラメント9



UNESCOマークが出てきたりして街並も変わってきた。

コロニアデルサクラメント10




そして道路が石畳になるともうその辺りが世界遺産のコロニアルな町。

コロニアデルサクラメント12




石畳ももちろんやけど、何気なく停まってるクラッシックカーが雰囲気を醸し出してる。

コロニアデルサクラメント11


コロニアデルサクラメント13


コロニアデルサクラメント14


コロニアデルサクラメント22





家屋も石造り。

コロニアデルサクラメント17


コロニアデルサクラメント18


コロニアデルサクラメント24





上品なマダムが集まる雑貨屋。

コロニアデルサクラメント15



庭も手入れもキレイ。

コロニアデルサクラメント1




あ!ハチドリ
トルテルで見て以来2回目やー!

コロニアデルサクラメント16



かわいい。めっちゃ好きですこの鳥。
もちろんペンギンの次ですが…。
ちなみに英語名は「Humming Bird」。
このとき調べて初めて知った。
Caravanはこの鳥のこと歌ってたんやなぁ。あ、完全に余談です。




コロニア・デル・サクラメントにいるマダムは非常に上品で落ち着いた人が多い。


そしてセクシーオラ率が中南米で一番高かった。


セクシーオラとは、自分達が勝手に作った言葉です。


スペイン語の挨拶は「Hola!」と明るく言うのが普通のところ、
マダムが発するセクシーオラは、


「オ(ゥ)ラ(ァ)」※ゥとァはほぼ吐息。


と非常にゆっくりセクシーなんです!


キレイなマダムに余裕綽々で言われた日にはちょっと背筋がゾワッとします(いい意味で)。


あぁ、余談が過ぎる。




ラプラタ川の方に下りてみました。

コロニアデルサクラメント19



灯台があってお金払ったら登れたけどそれはパス。



川を間近に見て、

コロニアデルサクラメント20



要塞跡などを見学し、

コロニアデルサクラメント21



フェリー乗り場に戻りました。


中南米と言えばどこ行ってもコロニアルな街並があって食傷気味になるんですけど、
ここは無駄にカラフルでもなく、街全体が上品で落ち着いたいいところでした。


コロニアデルサクラメント23




感じのいいホステルもあって、自分は日帰りで十分やったけどsmileは
泊まりたかったーとしきりに言っておりました。


女性向きなのかな。


あと、ウルグアイ通貨に両替するのが面倒でおしゃれなカフェとかに行かれへんかった
のも心残りやった。




もう暗くなるころブエノスに向けて出航。

コロニアデルサクラメント25




着いたら真っ暗で人通りも少ないしだいぶドキドキしながら宿に帰った。
もちろん人の良さそうな人の背後にピタリと張り付く作戦を使って。
その場合女性グループやスーツ姿のガタイのいい男性がベターです。




宿でwifiを使うと母親からメールが。


「あんたのカード、不正利用された疑いあるらしいって電話かかってきたで。
早くかけ直しや!」


と。


ついにキターーーーー!


か?スキミング


実際カードの調子悪かった(フェリーに乗る前スーパーで使おうとしたときも
反応してへんかった)からめっちゃビビってカード会社に電話。



「お客様のカードが特定不明の人物に使われた可能性がありますのでこちらで
カードを自動的に止めております。今から使用履歴と整合性を取りますので。」


やめてくれーーー!!!
クレジットカード1枚しか持ってへんねん!これ停まったらアウトやん!


「まず、○○銀行で暗証番号間違いが1件あってその後も何度か引き出し作業が
行われております。そして○○というスーパーでも何度か決済の作業が…」


あれ?たぶんそれ全部自分ですよ?
ATMも何度も試したしスーパーも店員さんに何回も通してもらいました。


「そうなんですね。恐らく暗証番号の入れ間違いがあった時にセキュリティ
コンピューターが反応してカードを止めたんだと思います。全てお客様ご自身の作業で
あれば問題ないですね。止めてたぶん決済履歴もありませんので。」


え?じゃあスキミング被害には遭ってないんですね?


「はい。被害は出てないです。」


よかった…。


すぐにセキュリティを解除してもらって使えるようになった。


もーーー、ビビらせやがって…


でも暗証番号1回で瞬時に止めるとはなかなかブロックが固いな…
これはいいことかもしれん。


しかし、この後2回程自動セキュリティ発動により迷惑を被ることになるが
それはまた先の話。



朝一から晩まで何かとイベント続きの1日でした。。。



ブエノス行ったら是非フェリーですぐのウルグアイへ!!




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓少しでもおもしろいと思われた方、応援クリックをお願いします!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓
↓あ、もっとおもしろいブログは他にたくさんあります!↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×14(ウルグアイ追加!)
世界遺産 ☆×23(コロニア・デル・サクラメント追加!)
テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。