スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーノからクスコバス移動&安宿&マチュピチュへの道[day232]

※約8ヶ月遅れの更新になります。

※下段に宿情報アリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年4月27日(day232)



前日夜行バスでプーノからクスコに移動してきました。
大多数の旅行者が大絶賛するクスコはどんなところなのか、は次の記事で書きます。
今回は淡々と情報を書きます。


夜行バスは客引きのおっちゃんに任せたので正直会社名すら覚えてません。
値段は50ソレス/pax(約1,833円)。
可もなく不可もなく、高くもなく安くもなくって感じ。


ただ、ペルーのバスは余りにもケチりすぎるとクッソボロいバスで、
荷物の盗難も多く、GPSがついてない故にバスジャックされやすく
ローカルピープル満載になる、という各種恐れがあるのである程度の
値段出した方がいいです。


そして早朝5時、早すぎる時間にクスコ到着。
バスターミナルはセントロから離れているのでタクシーが必須。


宿はこれまた客引きのおっちゃんに任せてました。
というのも、迎えのタクシー込みで個室が25ソレス(約1,823円)やったから。


相場がそのぐらいの値段なのでタクシー代分得することになるし。


ただ、当然のごとく、迎えに来たタクシードライバーは
「そんな話は聞いてないから10ソレスよこせ」って言ってきたんやけど。
文句があるんやったらこの番号に電話してみろ!っておっちゃんに聞いてた番号に
電話させたらすんなり無料になった。
あのおっちゃん、なかなかの実力者なのか。。。


ま、その宿、超イスラエリー宿やったから1日で移動したんやけど。
詳細は下段に書きます。


なのでまず翌日から落ち着ける宿探し。


クスコには有名な宿が数軒ある。


まずは、“ペンション花田”と“ペンション八幡”。
純日本人宿なので期待はするのだが両方ともすこぶる評判が悪い。
なので見にも行かずに消し。


次にまだ有名ではないが、すれ違った旅行者に聞いて評判がよかった宿。
1軒は遠くて野犬が多く、もう1軒は値段が跳ね上がってたので消し。


標高が高いところで宿探しするんしんどいなー。。。


続いて恐らく現在(2014年4月)一番日本人が集まってる宿、
“Casa del Inka(カサ・デル・インカ)”。
評判はいいんやけど、いかんせんだいぶ坂の上。
登るのしんどい。そして実際泊まってる人に話を聞くとドミがとにかく寒いってことと
シャワーがぬるいって情報を得た。
応対してくれたスタッフはめっちゃいい感じ。


でも致命的なことが多いので消し。


あー、早く決めたい、って階段を下ってたら聞いたことがある宿、
“El Puma(エルプーマ)”があった。


韓国人宿って聞いてたけどこの時は多国籍な感じ。
そして従業員が全員すこぶる感じがいい。個室安いし、キッチンついてる。
シャワーもガスで熱いっぽい。


あ、ここっすね。初めに来てたらよかった。
次の日の予約を入れてくれたし。


よし。宿決まったし次はマチュピチュへの経路と移動手段を決めねば。




マチュピチュはクスコのそばにあるって思ってたけど、それは全然違った。


起点となるマチュピチュ村に何らかの方法で往復しなければならない。


この方法、書くのがめんどくさいし、ちゃーんと詳しく書いてる人がたくさん
いらっしゃるので割愛します。
続きは他の方のブログで!!


検索するのが面倒な人がいるかもしれないので簡単にだけ。


① バス(短時間)+電車で往復
② バス(長時間)+徒歩(5時間♡)で往復
③ ①と②を片道ずつ選択する


値段と快適さは言わずもがなです。
①>③>②の順番ですね。完璧に比例します。


ただ、②も線路上を歩く、いわゆる『スタンド・バイ・ミー』的なトレッキングコースで
マチュピチュ村を目指すというアトラクション要素もある。


体力・財力・好奇心を加味して検討した結果、③を選択しました。


経路が決まったので次は旅行会社にて申し込み。


まーこれが旅行会社によってバスの値段が違ったり電車の値段が違ったりで
めんどくさい。


でも、安くない買い物なので必死。当たれるだけ当たって決めました。


トレッキングルートまでのバス、マチュピチュ入場料、マチュピチュから復路の電車、
駅からクスコまでのバス込み込みで2人250ドル(約25,538円)。


なぜかドル払いの方がだいぶ安かった。


安くできて満足したけどこの旅行会社めっちゃずさんやったんです。
顛末は後日書きますが、名前と場所だけ公開します。


【クスコで全くおすすめしない旅行会社】

“チャスキ(チャスカやったかな?)トラベル”

マクドナルドからアルマス広場を挟んで向かい側。
真ん中よりちょっと右寄り。
間口は狭くて奥にオフィスがあるところ。客引きは表にいる。
結果的に丸く収まったけどだいぶモメました。
絶対使わないでください!


クスコ初日はあれこれ動いた日でした。
観光はほぼしてへんけど。



【クスコ宿情報①】★★☆☆☆☆☆☆☆☆ザ・パ〜ティ〜ホステル!


“Inkaspacha Hostel”


個室ツイン50ソレス(約1,823円)/room/day。

シャワー(熱いけど水圧弱め)・トイレ部屋共同、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り、共有スペース有り、キッチン無し、

完全なイスラエリー宿。
いいところが見当たらない。水回り汚いし。
たぶんスタッフはがんばってるんやろうけど客がすぐ汚すのでかわいそう。



【クスコ宿情報②】★★★★★★★☆☆☆クスコでは一番おすすめ!


“El Puma”


個室ツイン50ソレス(約1,823円)/room/day。

シャワー(熱い)・トイレ部屋付き、朝食有り(パンと果物)、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(早め)、共有スペース有り、キッチン有り、
コーヒー・紅茶フリー


まず従業員が全員愛想がよくて気持ちがよい。
標高が高く寒いクスコでは必須である熱いシャワーが出る。
個室に関しては部屋も寒くない。階段は少し登るけど耐えられる。
キッチンが自由に使えるので暖かい飲み物がいつでも飲めるのはありがたい。
マチュピチュに行く際の荷物預かりもOK。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×17
世界遺産 ☆×25
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。