スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグロ!マグロ!マグロ食べずに何食べる?@ガラパゴスサンタクルス島+宿情報[day255]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年5月20日(day255)



前記事の続きです。


ご機嫌でガラパゴスに到着した我々をまず待っていたもの。
それはガラパゴス入島料の支払い…


例外なく100ドル/pax。高い…。
もうこれは逃れようがないので仕方ありません。


そして航空会社の用意したバスに乗り込みサンタクルス島に渡る船が出る桟橋へ。
これは無料♪。


でも、結構急ぎ気味で空港の外へ出ないと乗り損なうことがあるみたい。
無料バスが出てしまうとタクシーしかなくなるのでご注意を!


その後港にいるボートで島を渡ります(0.8ドル/pax)。

ガラパゴス飛行機3




その時遠くの小島にガラパゴスで一番見たかったものと言っても過言ではない
あの鳥が見えたんです。


この鳥(写真は空港にあったポスター)。

ガラパゴス飛行機4


“アオアシカツオドリ”!!!


絶対誰か塗ったやろ!?って思ってしまうぐらい水色すぎる足を持つ
ガラパゴス固有の鳥。


行く前から絶対見たいって思ってた。
こいつだけはこの島にしかいーひんから。


遠くに見えるのに足が水色なのは目視できる。


これは幸先がいい。
きっともっと近くで見られる機会があるはず!と写真は撮らず。


これが大きな間違いやった、と後々気づくことになる。。。




ボートは島を渡り、そこに停まってるバスに乗り換え(2ドル/pax)。
島の中心部プエルト・アヨラへ。1時間ぐらい。




バスを降りてまずは宿探し。
ガラパゴスでのんびりゆったり過ごすためには非常に重要なこと。


その中で1つマストな条件、それはキッチン付きであること。


基本的に、どこでもキッチン付きの宿を探すようにはしてるけど、ここガラパゴスでは
絶対に必要なんです。


外食が高いってのはもちろんあるけど、ここガラパゴスのサンタクルス島では
生マグロが手に入るって情報を聞いてたから!!


長期の旅行をしてる自分らからするとヨダレ垂れ流しな情報。
「ガラパゴスでは絶対にマグロの刺身を食べる!」って決めてきたんです。


ちゃーんと醤油(キッコーマン!)とワサビ持参です。


なのでその一点で宿探し。


ネットとかで探して、どうやら“Hostal los Amigos”って宿がキッチン付きで、
かつ魚を調理してもなんにも嫌な顔されないって書いてたのでまずそこを当たることに。


ただ、気がかりなのは営業をやめたみたいって情報があったこと。
ものすごく不吉な情報やったのでおそるおそる宿に行く、と門が閉ざされてて
やっぱり営業してる感が無かった。


レセプションにも人はいーひん。
でも中には入れるし部屋の窓とかも開けっ放し。なんやろこの状態?
人がいないと何もできないので諦めました。


※後日イザベラ島から帰ってきたとき再度尋ねてみたら人がいたけど
「今日あはフル」って言われた。実際宿泊客もいた。訳分かりません。




もう1つ“Galapagos Dreams”って有名宿あるけど遠いし評判あんまりよくないし…。


そんな中、イッケイ君が心当たりがある宿に行くことに。


そこは全くお客さんの気配がない民宿。
聞いてみるとキレイなキッチン付きでトリプルの部屋があった。
言い値45ドルだったがまけてもらって3人で40ドル。


キッチン付いてたらなんでもいい!




宿探しに時間を食ったので魚市場が閉まる前にマグロを買いに走った。


運が良ければ市場にいるというアオアシカツオドリにも期待して。


市場に着くと既に活気こそないが、確かにマグロが売ってたーーー!!!



ってちょっと待って?


魚市場の中が既に動物園みたいになってるやん!

ガラパゴスマグロ2


ガラパゴスマグロ5


魚の切れ端をねだるアシカとペリカン。




さ、さかなを…

ガラパゴスマグロ1


少しでいいんで…

ガラパゴスマグロ3


ください。

ガラパゴスマグロ4


目をつぶってるのがかわいい!!
自分やったらあげてしまうなーと思ってたらおばちゃんが食べられへん部分をあげてた。


しっかり共存してます。



ちなみにマグロはリブラ売り。1リブラ=450g=3ドル。
ピンときーひんかったから1人1リブラでいっかーってことで3リブラ購入。

ガラパゴスマグロ6



捌けなくても心配ないです。
おばちゃんがちゃんとサクにしてくれます。


それよりも心配なのが鮮度。
いつから置いてあったんやろうこのマグロ…、色も心なしか悪い気がする…


ここが仮に日本やったらたぶん買いません。
でもここは異国です。
そして少なくともマグロの刺身を250日余り食べてない!


大丈夫かな?当たらへんかな?という心配は遥か彼方に追いやって買うことに
躊躇はしませんでした。




宿に帰って早速調理。
って言ってもほぼ切るだけ。

ガラパゴスマグロ10



イッケイ氏がヅケを作ってくれると言うのでそれにも期待!




そして出来上がったのがこちら!

ガラパゴスマグロ8


ガラパゴスマグロ9


ああ、ビジュアルだけで卒倒しそう…


マグロの刺身、ヅケ、そして白いご飯。


他に何か要りますか??


口に入れると…


うんま!!!


涙が出るほど旨い!


いや、涙はきっとワサビのせいです…マグロ食べたぐらいで泣くなんて…


でもそのぐらい旨かったんです!


刺身はもちろんのこと、イッケイ君が作ってくれたヅケがまた旨い!


少ーし鮮度に難ありやったからヅケの方が臭みが取れて旨いかも。


でもヅケを作るのに必須アイテムになる白ワインは現地で買うと高い!
マグロのためなら惜しみませんでしたが、作りたいって人はグアヤキルで
買って持ってきた方がいいかも。


もちろんのこと、ワサビは必須です!
自分らはリマの中国日本食材店で練りワサビを買っておきました。
なのでグアヤキルで手に入るかは不明です。


あぁ、ガラパゴス初日はマグロ食べただけやけど、もう満足です。


動物で有名な島で、入島料も高いけどこういうオプションもあります。



【サンタクルス島宿情報】★★★★★☆☆☆☆☆宿自体は…


“Hospedaje Brattle”

ガラパゴス飛行機5


ガラパゴスマグロ7



トリプル個室40ドル/room/day。

シャワー(ぬるい、ほぼ水)・トイレ部屋付き、タオル付き、A/C付き、朝食無し、
洗濯手洗い可、干し場無し、wifi有り(遅い)、共有スペース無し(キッチンにテーブルはある)、
キッチン有り


メインの通りの1本裏に平行に走ってる路地(saigon通り)にあったと思う。
A/C付きだが壊れてたのか涼しくなかった。
イザベラ島から帰ってきたときも泊まろうとしたが新しいのに改築中で
入れなかったところを見るとまだ完成してないのかも。
宿自体はあまりおすすめしないけどキッチン付きで港に近いのは◎。
キッチンは清潔で使いやすいです。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×18
世界遺産 ☆×34(ガラパゴス諸島追加!)
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。