スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンプは別紙で!ってすでに押してるやん!?@ハバナ[day285]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2014年6月19日(day285)



2回ほど余分な記事を書いてしまったので本編に戻ります。


サンパウロを未明に出発したクバーナ航空の飛行機は、機内に煙を充満させる
こともなく、いたって平穏にハバナの空港に到着しました。


ネタがあった方がブログがおもしろくなるのは分かってるけど、
命にかかわるようなネタはいらないので無事着いてよかった。




ここはイミグレも何事もなく済ませたいところ。


なんでもキューバのスタンプがあるとアメリカ入国を拒否されるだの
別室行きだの嫌な噂が多い。


なので別紙(ツーリストカード)に押すだけにしたほうがいいみたい。
最近はイミグレの職員さんもそれを分かってか、何にも言わずとも別紙にしか
スタンプしーひんらしい。




そして、イミグレの前に立つ。若いお姉さんで話分かってそう。
でも一応言うといた方がいいよな。



えっと、スタンプは別紙だけにしてほしい…



「スパン!スパン!」(この間0.5秒)




んですけど…って2回スタンプ押す音聞こえたけど!!(泣)




ちょっと!もしかして…


あーーーーー!
ツーリストカードだけじゃなくてパスポートにも押してあるやん!!!

ハバナ初日1


ひどい!人の話が終わる前に…ってゆうか動きが速い!(泣)
2回のスタンプに1秒かかってへん。。。


ああ、アメリカ結構がっつりめに行こうとしてるのに…。
smileは?ああ押された?


これどうなるんやろ?不安が増えた…。


行かれる方でスタンプを欲しくない方はパスポートを渡す前に要件を告げて
くださいね。。。




ハバナの空港から市内への足は通常タクシー。
ただ、しばらく歩けば市バス乗り場があって、10分の1以下の値段で行けるみたい。


通常であれば安いほうを選ぶんやけど、この時はタクシーを選択。
だってちょっとビビってたから、キューバに。


ただ、25ドルのタクシー代は払いたくないってことで相乗りしてくれる人を探す。
話のわかる旅行者っぽい人はいるかな…?


4人組のブラジル人に声をかけたら快く了解してくれました。ありがとう!


ただ7人乗りの車になってしまったので30ドル/1台。
それでも1人5ドルなので御の字。




ところで、キューバでの両替ですが、


USドルからの両替はやめたほうがいいです!!(泣)


通常外貨からキューバの通貨(外国人用)のCUC(クックと読みます)へ両替する時は
コミッションが3%で統一されている。


しかし!!


米ドルからCUCへの両替の場合、謎のコミッション10%が上乗せされ
計13%も引かれるんです(涙)。


なので1USドル=1CUCというレートなのに、100ドル渡して87CUCにしかなりません(泣)。


ああ、アメリカとはやっぱり仲が悪いのね…と思わせられる一件。


ATMを探せばよかったけど、ブラジル人4人組を待たせるのはマズいってことで
泣く泣くドルをCUCに換えました。。。


ただ…、なぜ直行便を飛ばしてるブラジルの通貨、レアルが換えられへんの??(泣)
USドルのレートが悪いって聞いてた(ここまでとは思ってなかったけど)から
レアルわざと余らせてきたのに…。


キューバに行かれる方は、ユーロ、もしくはメキシコペソ、カナダドルなどの
コミッションが変に上乗せされない通貨を持って行ってください!!


その後はコミッションは取られるけどはるかにマシなATMでCUCを入手してました。
ただ、1つ注意点が。
自分が利用していた公式の両替所にあるATMはVISAしか使えません。
探せばマスターが使えるところもあるかもしれませんがVISAが強いです。



ともかく、10ドルも損して手に入れたCUCでセントロへ。
カピトリオ(国会議事堂)付近で降ろしてもらって目当ての宿へ。


キューバ経験済みの人に教えてもらったホアキナの家に行きます。
とにかく情報収集ならここって聞いたから。


ちなみに、の情報が多くて煩わしいですが、キューバの宿は高級ホテルを除けば
全て民泊になります。
政府から許可を得て旅行者に宿を貸し出してる人の家に泊まります。
なのでホステルなんてものは存在しません。


一応公式予約サイトはありますが、見てみたけど実際の値段の1.5倍から2倍するので
使わない方が無難。
ハバナ以外はバスターミナルに客引きがかなり押し寄せてくるので予約はいりません。


噂のホアキナの家に到着。ここはたぶんキューバで唯一ドミがあるところ。
値段も聞いてた通り10CUC(約1,019円)/pax。


でもドミが満室みたい。


「個室用意するわねー」って言われ、それが同料金やったからラッキーやなーっと
思ってたらお迎えのオジさんが。


「この人私の友達ね。このオジさんが案内してくれるから。」


個室って別の人の家!?まぁいいけど…。


ただ、ホアキナおばさんは「情報ノートとかいつでも見に来てねー!」と去り際
言ってくれました。


そのオジさんに付いて行き、近くの小綺麗なマンションへ。


「ここで部屋貸してるんだよね。」と言ってたオジさん。


「ここが僕の家だよ。」と紹介したマンションの一室を当たり前のようにスルーして
違う人の家のドアをノック。


ちょ、ちょっと!これ誰の家!?


「ん?僕の友達。彼女も部屋を貸し出してるんだ。」


おーい!又又紹介!?まぁいっか…。


ちなみにこれが政府公認の民泊マークです。
これがもし赤色やったらそれはキューバ人専用なので旅行者は泊まれません。

ハバナ初日3



出てきたのは上品なマダム。
そして通された部屋が最高にキレイ。

ハバナ初日2



暑い暑いハバナでギンギンに冷えるA/C付きやし。ベッド広いし。
テレビ付いてるし。なんと冷蔵庫まで!
この日はワールドカップのギリシャ戦があるからテレビ付きはめっちゃ嬉しい!


ウェルカムマンゴージュース出てくるし…。


結果オーライすぎるやろ!あざーっす!



ひと心地ついて、サッカー観戦で部屋にこもるため晩ご飯の買い出しへ。


ここキューバでは、外国人は外国人専用の通貨を使うことになってる。
それが上でも書いたCUC。
席があるレストランやスーパーでは稀にある例外を除いてCUC払いしなければならない。


ただ、キューバ国民が使用している通貨はCUP(ペソクバーノ)。


レートはこの時点で1USドル=1CUC=24CUP
なので1CUP=4.25円


例えば、スーパーで「1」と表示されている水があったとする。


自分らも含めた旅行者は1CUC(=102円)を払う。
キューバ国民は1CUP(=4.25円)を払う。


価格にして24倍の開きがあるんです。


社会主義の国らしい二重通貨制度がここに存在してる。


こんな国他にあるんかな?


おもしろいし新鮮!!


ただ、国の決めごととは言え、あまりにも旅行者に不利やん!
ってなりますよね。


でも、基本的にイスが無い、テイクアウト専門の店なら旅行者もCUPが使えるんです!


キューバのローカルな人からすれば「外人なんやからCUCで払えよ!」って
思われるかもしれません。


でも合法的に使えるなら使いたい!


ってことでCUPで安い食べ物を買うというミッションをこなしました。


CUCを使うべき外国人ですが、街のカンビオ(両替屋)でCUPは簡単に入手できます。


その後屋台的な店を探して使ってみました。
色々屋台はあるけど定番はやっぱりビザ屋!街の至る所にあります。


なるべく人が並んでる店で挑戦。


店の人は特に嫌な顔をせず、当たり前のようにCUPを受け取ってくれました。


ピザ3枚で45CUP、191円!!

ハバナ初日4


ハバナ初日5



安い!これでキューバの食は何とかなりそう。


そのまま宿に帰ってワールドカップを観戦。
せっかく買ったユニフォームを着て応援しましたが、残念な結果に。

ハバナ初日6


ハバナ初日7


これはしょうがない。野球の国キューバでテレビ中継があっただけいいや。


これから16日間のキューバ生活が始まる。
のっけから二重通貨もワクワクしたけど、ここキューバではwifiが使えないので
完全に外界から遮断された生活ができる。


冒険感が出てきました!


でも、南米を終えてしまい、燃え尽き症候群みたいになってしまってるのが
ちょっと嫌ですね。


あ、wifiは一応存在はしてて高級ホテルに行けば20ドル/1時間ぐらいの
法外な値段で借りることができます。



↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×19(キューバ追加!)
世界遺産 ☆×35
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。