スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・セノーテより楽しい!○○が潜む穴場セノーテ@プラヤ・デル・カルメン[day308]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1MXN(メキシコペソ)=約7.8円

2014年7月12日(day308)



グラン・セノーテが不発に終わった失意の我々。
このままプラヤに帰る訳には行きません。


こんなこともあろうかと、「It’s my pleasure」男、宿のオーナーホセに見どころを
聞いておいたんですよね。


なんでも、プラヤとトゥルムとの間に、“Xcacel”(発音が難しいけど
イクカセルで通じる)という知る人ぞ知るビーチがあるらしい。
そしてそのビーチのそばにはあるセノーテがあるというのだ。


そのイクカセルのセノーテにはある生き物が生息している。


それは“ドクターフィッシュ”


最近観光地でよく見かけるアレ。
人間の古い角質が大好物で足を入れるとまとわりついてくるアレ。
乾癬など難病にも効果があると言われているアレ。


ホセ曰く、「プラヤの歩行者天国で頼むと100ペソは取られるけど、
そこに行けばタダだぜ!」
とのこと。


実際プラヤの街中で見たら1時間100ペソって書いてあった。



多少、セノーテの趣旨からはズレる気がせんでもないけど、そんなおもしろそうな
ところがあるなら行ってみよう!


トゥルムでコレクティーボを拾って「イクカセル」って言ったら通じた。
25MXN(195円)/pax。
※もちろんプラヤ・デル・カルメンからも行けます。



イクカセルだ、って言われて降りると海までの一本道。
迷うことはない。

イクカセル1



途中でいくつも湧き水が溜まってた。
これが大きい穴に溜まるとセノーテになるんやろうなー。

イクカセル2



そして、イグアナがお出迎え。この辺りにはめちゃくちゃいます。
ガラパゴスで見まくったからそんな感動はないけど、やっぱり生き物がいると
テンションあがる。

イクカセル3



入り口には一応ゲートがあってドネーションを求められる。
このビーチはウミガメの産卵場所みたいでそれもあって寄付を募ってるみたい。
スルーしてもいいけど心苦しいので気持ちだけ。10ペソずつ。




海に出ると本格的なビーチ!
プラヤよりも海自体はキレイ。

イクカセル4


イクカセル5



ウミガメの産卵場所であることを示す看板も。

イクカセル6


砂浜には今埋まってるのかどうかはわからんけど、「この下に卵あるよ」という棒が
たくさん刺さってました。




海も堪能したいけど、優先順位はセノーテの方が上なので海に沿ってそちらの方へ。

イクカセル7




ちょっとジャングルっぽくなって突き当たりが入り口。

イクカセル9




でもここは入場制限があって1回で入れる人数が決まってるみたい。
そして時間も25分間って決まってる。

イクカセル8


その辺にいるカニを眺めながら時間を潰して入場。




遊歩道を歩いて行くとセノーテがあった。


グラン・セノーテの青色とは全く違って緑色
でも入ってみると透明度は同じぐらい。
魚はこっちの方が確実に多いかな。

イクカセル10


イクカセル12


ツーリスト向けのグラン・セノーテと違ってみんなでワイワイはしゃげる雰囲気。
みんなバンバン飛び込みしてるし、それに乗っかって自分も飛び込み。楽しい!


ただ、泳いでてもドクターフィッシュは寄って来ず。


なんでかなー?って思ってたら、一緒に入場した人、ほとんど泳いでへん。
みんな岸近くの足が着くところでじっとしてる。


そこに行ってみると…、

イクカセル11



小魚がブワーーーーーッて寄ってきたーーー!!!


身体に吸い付いてくる!!!


ちょっと!本気でこそばい!!(笑)
でも…気持ちいい!あっ!声が出る!誰も聞きたくないやろうけど。


smileにうるさい!!って何回も言われるぐらい声出ました。
それぐらいこそばかったんです。
身体を動かすから魚が付いたり離れたり。効率が悪い。


地元のおばちゃんとかは無表情でひたすら魚に角質を食べさせてました。


しばらくすると慣れてきて、冷静に魚の動きを見られるようになった。
こいつらは闇雲に皮膚に吸い付いてる訳じゃありません。


かかととか膝とか、角質が溜まってそうなところを重点的に攻めてきます。


そして、かさぶたになってるとこ。
蚊とかにかまれて引っ掻いて柔らかくなってるところも好物みたい。
ちょっと嫌やったけど、血が出る訳でもなくむしろキレイになりました。


やはりドクターフィッシュと言われるだけある。
この感触も慣れるとなかなかはまります。


もっと吸い付かれてたかった(どんな表現?)けど、無情にも係員が時計を
気にし出したので終了。


セノーテ本来の楽しみ方とは全く違うけど、間違いなくグラン・セノーテよりも
楽しいです、ここ。
やっぱりどんなところでも+αの楽しみ方があるところがいいですね!




このままでも満足できたけど、せっかくそこに海があるので泳いで帰ることに。


海はキレイやし、波が高くておもしろかった。
海がまるで好きではないsmileに「初めて海が楽しい」と言わしめた海でした。
理由は不明です。僕は他の海とさほど差異があるようには感じひんかったけど、
海嫌いの人を惹き付ける何かがあったんでしょう。


Xcacelはホセが言う通り、まだあまりツーリストに知られていない穴場かもしれません。
実際ドクターフィッシュがいるセノーテもほとんどが地元の人でした。


プラヤからだと、グラン・セノーテに行った帰りに寄れるので時間がある人は是非
行ってみてください。入場料も寄付だけですし。


あ、もし行く場合は角質溜めて行ってくださいね!
たくさん人がいてもやつらを独占できるかもしれませんよ!(笑)




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×40
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。