スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オカルト注意】巨大迷路な街とアレの博物館@グアナファト[day312]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1MXN(メキシコペソ)=約7.8円

2014年7月16日(day312)



グアナファト2日目、外は晴れ!

グアナファト2日目忘れたやつ


昨日も着いてからスーパー探して歩き回ったけど、この日は本格的に街歩き。



この街は中南米にありがちなアレです。
コロニアルな街並+石畳+歴史=世界遺産ってやつです。
でも他のありがちな街とは歩いてて全然楽しさが違う。



まず、都市計画もへったくれもないほど街が入り組んでる。
街全体が巨大迷路のよう。
メインストリートもグニャグニャで小さな路地が縦横無尽にはりめぐらされてる。


そのうえ、“地下道”が張り巡らされてるのでさらに迷路感が増してる感じ。



歩いてたら唐突に地下道への入り口が現れます。

ミイラと地下道1


ミイラと地下道2


ミイラと地下道3


ミイラと地下道4




別に飾りじゃなくてちゃんと今でも生活道路として使われてる。

ミイラと地下道5




なので地図持って歩いてても「あれ?今どこやったっけ?」ってなる。
それがおもしろいんですよね。
街全体が世界遺産なだけに中世の雰囲気がそのまま残ってて、路地裏なんかは
さらにそんな感じなので地図見ずにわざと迷いながら進むのが
この街のおすすめの歩き方。


地図から解放されて気ままに歩くって普段なかなかしーひんから新鮮。


この街でケイドロしたら最高に楽しいやろうなー…



あと、ここは音楽隊が多い。
観光客向けにやってるやつ、地元の人向けにやってるやつ、たくさんいます。
これがまたクオリティが高いんです。

ミイラと地下道7


ミイラと地下道8


教会の前で見たやつとかスカパラ並みでした。
スカパラ基準がどうなのかは置いといて。




宿からメインストリートをザザッと歩いてくとイダルゴ市場到着。

ミイラと地下道9



市民の台所。古い駅舎を改造したそうなので趣き満載。
地元の人の買い物の熱気でめっちゃ盛り上がってる。

ミイラと地下道10


ミイラと地下道11




今日行こうとしてる目的地、とある博物館に行くバスはこの市場の
斜向いから出てます。


多少、怖い画像が出てくるかもしれないのでそういうの嫌いな人はもう
これ以上は読まない方がいいかも。


市バスにはその目的地の表示もあるし、名前を連呼すれば誰かしら教えてくれます。
市バス10MXN(約47円)/pax。

※乗ったけど意外と近かったので歩いて行けます。行きは上り坂やけど。
帰りは歩いて帰りました。




中に入ってみると平日やというのに入るのに行列が出来てる。
入場料55MXN(約433円)/pax。

ミイラと地下道12


何の博物館なんでしょうね。
引っ張ってますが、そろそろ中の写真を紹介します。








ミイラと地下道13


ミイラと地下道14


ミイラと地下道15


他にもたくさん写真はあるんですが、この辺にしときます。


そうです。

ここは“Museo de las MOMIAS”(ミイラ博物館)

ミイラと地下道16


100体以上のミイラが展示されている場所。
死後にあえてミイラにしようとしたわけじゃなくて、グアナファトの地質と気候が
埋葬した死体を勝手にミイラにしてしまうらしい。


あまりにもリアルすぎて、“人体の不思議展”を見に行った時以来の何ともいえない
気持ちになりました。
かわいい服を着てる赤ちゃんミイラなんかもあってちょっと衝撃的。


なんでこんな博物館作ったんでしょうね。
それを見に行く我々もなんで?って感じですけど。


メキシコの人達は結構楽しそうにミイラと写真撮ったりしてました。
メキシコには“死者の日”ってお祭りがあったり、街にはドクロが溢れてたりするので
日本人の我々とは死生観とかそういったものの捉え方が違うのかな?
とにかく流れに沿って進まないといけないくらいの大盛況っぷりでした。

ミイラと地下道17






怖い画像が続いたので明るい街の写真に切り替えます。
グアナファトの風景をセンスのない順番でご紹介。

ミイラと地下道18


ミイラと地下道18a


ミイラと地下道19


ミイラと地下道20


ミイラと地下道21


ミイラと地下道22


ミイラと地下道23


路地から路地へ、街角から街角へ、曲がる度にキレイやな、って風景に出会える街。
そして、この街は夜も美しいんです。




昼の写真の最後のやつ、グアナファトの代表的な建築物“フアレス劇場”なんですが、
夜になるとさらにキレイになる。

ミイラと地下道25




他にもなんでもない風景が夜になると表情を変えて、これでもか!って感じに
迫ってくる。

ミイラと地下道26


ミイラと地下道27


ミイラと地下道28


ミイラと地下道29


ミイラと地下道30



こういう街こそ世界遺産にふさわしいと思う。
「歩いててほんまに楽しい街」ってどこでもありそうで実はそこまで多くない。
普通に楽しい程度はいっぱいあるけど。
ここはその中でも上位、もしかしたらこれまでで1位かも。


皆さんが一押しするのも分かる。自分も本当におすすめします。


次の記事ではさらにグアナファトの魅力を伝えられれば、、、いいなぁ。



あっ!探してた橋の上のカフェ、最後にやっと見つけた!

ミイラと地下道30a


明日行こう!




↓最近ブログへのモチベーションの為ランキングを見るように↓
↓なりました↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×20
世界遺産 ☆×41(グアナファト歴史地区と鉱山追加!)
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。