スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティグアからコパン・ルイナスへの移動と宿&エルサルバドルへのシャトルは実際あるのか!?[day345]


※約7ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1レンピーラ=約4.9円


2014年8月18日(day345)



グアテマラを後にして次なる国、ホンジュラスへ。


中米を回るルートは迷いました。
どう行ったら安全に効率よく回れるのかを。
ホンジュラスに行って、エルサルバドルに下りていくのが一筆書きって意味では
いいルートなんですが、そこの移動手段がどうも怪しい
シャトルがあるってブログもあれば、無いってブログもある。




第一ホンジュラスもコパン遺跡だけ行くつもりにしてた。
他の街怖いし。
なので安全面に一番考慮したルートは、アンティグアからコパン遺跡に日帰り往復して
満を持してエルサルバドルに抜けるルート。ここは確立されてる。


でも、同じ道戻るの嫌なんですよね。
なのでコパンルイナスーサンサルバドル(エルサルの首都)のシャトルがあるはず、
というポジティブな仮定をして突っ込むことにしました。




アンティグアからコパンルイナスへのシャトルは朝4時発…。
早い、早すぎる!!日帰り往復する人を想定してるので仕方ないけど。


シャトルはペンション田代で申し込み。150ケツァール(約1,961円)/pax。
街の旅行会社で交渉すればもっと安いみたい。しかも往復やとさらに。


誰もいない朝4時のロビーで待っているとシャトルがちゃんと来た。





特に書くこともなく、グアテマラ側の国境到着。
中米の国境、戦争を繰り返してきた国同士の殺伐とした国境をイメージしてたけど
意外とのんびーりした雰囲気。
軍とかも全然いませんでした。

コパン遺跡1



グアテマラの出国税は10ケツァール(約131円)。
出国スタンプあり。





そして、ホンジュラス側へ移動。

コパン遺跡2



ホンジュラス入国税、30ケツァール(約393円)。
ちょっと高いんじゃないかな…?ドル払いでも可。
※入国スタンプあり


そしてイミグレ出口にはお決まりの両替商の皆さんがお出迎え。
レートは全然悪くないです。むしろ適正。快く換えることが出来ました。


中米はどこの国境も両替が非常に良心的です。
前の国の通貨が残っても問題ありません。
そして、イミグレの職員さんが概ねいい人ばっかり。
クソみたいなボリビアのイミグレに爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。





当たり前ですが、シャトルは順調に走り、10時半ぐらいにコパンルイナスの街に到着。
宿の名前を伝えておけばその前までしっかり送ってくれる。


チェックインして、コパン遺跡に行きたいところだが、目下の心配事である、
サンサルバドルまでのシャトルがあるかどうか調べなければならない。


と、宿の黒板にシャトル情報を発見!
サンサルバドルの文字もあるじゃありませんか!!


ん?値段は35ドル!?むっちゃ高いやん!!




でもここは中米。
「安全を金で買う」という言葉がこれほど重みを持つ地域はありません。
そこはシャトル一択です。


ただ…、


他の目的地は「daily」という表示があるんやけど、サンサルバドル行きは「ASK」と
なってるのが気になるなぁ…。




と色々考えを巡らせていると、チェックアウトした人を1台のシャトルが迎えに来た。
行き先はサンサルバドル。キターーーーー!!


ASKって意味深なこと書いてたけどやっぱりあるんやん。よかったー!
はいはい!!ドライバーさん、明日乗りたいです!申し込みます!




「明日は無い。」





なんでーーー!?



宿のスタッフを交えて話してみると、どうやら定期便ではなくチャーター形式なご様子。


「少なくともあと3人集めないと明日は出ないわ。」と宿の人。


そんな無茶な!こんな田舎町であと3人!?
どうやって集めんの?


「とりあえず泊まってる人に聞いて回ってみるから夜にまた聞いて?」


と優しいお言葉をかけて頂いたが、そんなにうまく行くはずない、
との判断から街の旅行会社を片っ端から当たってみた。


でも、サンサルへのシャトルを扱ってるところは無かった。。。
くそー!1日ズレてたら今日のシャトル乗れたのに。。。






ちーーーーーん。






結局、夜になっても人が集まったという情報はなく…。





現在の選択肢は3つ。

①アンティグアにシャトルで戻って、国際バスでサンサルへ
②ここからローカルバスを繋いでサンサルへ(乗り換え3回)
③人が集まるまでコパンルイナスで待ちぼうけ



うーん。どうしたものか…。


③は保証が無いのでボツ。
安全面を考えたら確実に、確実性を考えても、快適なのも


なのでが正解。





でも、②がおもしろそうと思う自分がいる。
宿のスタッフに詳しく聞いたところ、乗り継げば確実にサンサルに着けるみたい。




この辺含めてsmileに相談。
やっぱり意見を尊重しないと!こういうときは女性の意見優先ですよね!




ただ、僕の性格をよく分かっておられるsmileは、「①やと思うけど、
どうせ②で行きたいと思ってるんやろ?」
と核心を突く言葉を発せられた。




ははー!さすが!その通りでございます!実は自分の中で②に決まってました!!




ということで②に決定しました。


安全やという担保は全く無いけどとにかくそれで行ってみよう!
危なかったら引き返す!
引き返す余裕があれば!!


この翌日、そのルートで南下することになるのだが、また次の次の記事で書かせてください。


やっつけになるだろうことは分かりきってるけど、時系列を守るためにはコパン遺跡の
記事を先に書かなければいけないので。



結論は、(2014年8月の時点で)コパンルイナスからサンサルバドルへのシャトルに
定期便は無いということ。
あるとすれば人数を集めたチャーター形式だということです。
人数が集まる可能性は低いと思われるので、同じルートをたどる人は期待せずに
突っ込んでくださいねー。



【コパンルイナス宿情報】★★★★★★☆☆☆☆可もなく不可もなく


“HOSTAL BERAKAH”

コパン遺跡32

コパン遺跡31


ツイン個室16USドル(約1,651円)/room/day。

シャワー(熱い)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン有り、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(遅め)、共有スペース有り、キッチン有り、
テラス有り


先発してた直樹くんに教えてもらってた宿。
どのスタッフもいい人やし、清潔で明るい雰囲気なので居心地は良い。
キッチンが使いにくすぎるのが難点。
でも2人で個室でこの値段なら全然アリやと思います。
もちろんコパン遺跡まで歩けます。セントロまでは10分弱。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×22(ホンジュラス追加!)
世界遺産 ☆×49
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。