スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマケモノ見に行ったらトゥカーノ見られた@マヌエル・アントニオ[day355]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※宿情報下段にアリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1コロン=約0.19円


2014年8月28日(day355)



コスタリカ2日目。早くも動きます。
サンホセ、どうも楽しそうじゃないし。


コスタリカの見どころはやっぱり自然!
この国に来た目的は野生の“ナマケモノ”
幻の鳥“ケツァール”をみること。


そのうちの1つ、ナマケモノを見るために“マヌエル・アントニオ国立公園”
向かうことにしました。




トラコパバスターミナルってとこからバスが出てるみたいなんですが、周辺があまり
治安よくないって言われたし、早朝移動なのでタクシーで。
2,600コロン(約600円)/台。
※コカ・コーラバスターミナルからも出てるみたいですが、さらに治安面の不安が
あるので避けました。




マヌエル・アントニオ行きのバスに乗り込み出発。
4,900コロン(約963円)/pax。3時間半ほどの道のり。

マヌエル・アントニオ初日1




終点のマヌエル・アントニオまで行ってしまうと安宿があるかどうかがちょっと
未知数だったので、その起点となる街、ケポスで一旦降りる。


宿を探して街歩き、3軒目で安めの4人部屋、そして普段は開放していないキッチンを
使わせてくれるという条件で決めました。
詳細は下段へ。


休んでもよかったけどちょうど晴れてたのでもうこの日にマヌエル・アントニオ国立公園
に行ってしまうことに。




宿にあったポップな地図。

マヌエル・アントニオ初日2





公園入り口まではバスターミナルから循環バスが出てます。
時間は適当。待ってたら来る。310コロン(約60円)/pax。



終点で降りると看板があるのでその方向へ。

マヌエル・アントニオ初日3


海岸沿いを歩くと、サーフボードレンタルだのエセラスタマンがマリファナ
売ってきたりだのわずらわしいです。



門まで歩いてると、

マヌエル・アントニオ初日4



第一動物、イグアナがお出迎え。

マヌエル・アントニオ初日5


おっ!って思ったけどその辺にいるのでありがたみはあまりないです。




入場券売り場で券を買う。
ドル払いにしました。10ドル/pax。

マヌエル・アントニオ初日6


ここで選択をせまられるのがガイドをつけるかつけないか
これまで聞いてきた話ではやはり視力と経験が常人の域を超えているガイドを付けた方が
楽しめるということだった。


迷ったけど、直輝くんが「自分が見つけるんで大丈夫っす!」と言ってきたので
それに期待しよう。


ガイド無しで出発!!




早速門の近くで人だかり。
ガイドをつけたグループが望遠鏡を覗いてる。
何がいるんやろ?



あーーーっ!!!トゥカーノや!!

マヌエル・アントニオ初日7


マヌエル・アントニオ初日8


マヌエル・アントニオ初日9


好きな色とは違うやつやけど、完全に野生のトゥカーノ!!
もう野生のは見られへんと思って、手乗りトゥカーノがいる宿とかに泊まったりした
(その時の記事→手乗りトゥカーノがいる宿、2匹も)けど、野生のが見られた!!
むっちゃ嬉しい!!!しかも2匹おる。


感激のあまりしばらくボーって見てました。
なんかもう、ここに来た価値あったなー…。




でも!メインはナマケモノ!
ジャングルを歩きながらみんなで目を皿のようにして探します。でも予想通り葉っぱが
密集してて探しづらい。

マヌエル・アントニオ初日10





歩いてると向こうに道路を横切るやつが。

マヌエル・アントニオ初日11


シカでした。
あまり心惹かれないけど一応3つ目の動物GETです。

マヌエル・アントニオ初日12





それよりナマケモノ!


うーんなかなか見つけられへんなぁ…。

マヌエル・アントニオ初日13





と思ってたら、期待の直輝くんがついに見つけました!!
「あそこです!」って言われても全然分からん。
完全に森と同化してるのでそのへんにいるって言われても時間かかる。

マヌエル・アントニオ初日14


あーーーっ!いたいた!!
動いてるのか動いてないのか微妙なナマケモノ!
※コンデジズームなので不鮮明ですが。。。


動いてそうやけどなかなか頭はこっちを向いてくれへん。
でも、かわいい♡


野生のナマケモノ頂きました!!
距離がもっと近ければいいのに。





その後も直輝くんの野生の目が光り、別のやつ3匹ほど見つけることができました。

マヌエル・アントニオ初日15


マヌエル・アントニオ初日16




コスタリカに来た目的の1つを達成ー!!
でもほんまに運が悪かったらいーひんこともあるらしいのでマヌエル・アントニオは
僕たちに微笑んでくれたようです。





先に進むと海に突き当たった。

マヌエル・アントニオ初日17


女性陣を待たせて自分と直輝くんはひと泳ぎ。
見た目ほど透明度はないけど暑いので気持ちいい。





そして、このビーチ付近にはいたずらっ子がいました。

マヌエル・アントニオ初日18


マヌエル・アントニオ初日19


マヌエル・アントニオ初日20


アライグマ。

ゴミ箱をあさるだけならまだしも、ビーチで泳いでる人が浜に置いてる荷物を
当たり前のように持って行ってました。
見た目はかわいいけどやってることはコソ泥。
泳ぐ時は気をつけてください。





近くにはキレイな色のセミ。

マヌエル・アントニオ初日21





そして、ビーチ沿いの木にこの日最後のナマケモノ発見!!
あー!やっと自分の目で見つけられた!

マヌエル・アントニオ初日22





もうちょっと奥に進むと頭が白くて身体が黒い2色のサル発見。

マヌエル・アントニオ初日23


うーむ、どこ行ってもサルには興味が湧かない…。
しかもこいつらうるさいし。





ジャングルの中、上り坂の遊歩道を奥まで進むと視界が開けた。
キレイな色の海。方角的には太平洋に繋がってるはず。

マヌエル・アントニオ初日24



近くのベンチで一休み。

マヌエル・アントニオ初日25


あっ!やっとまともな写真が撮れた(笑)。
最近一緒に行動してたのはこんなカップルでした。


トゥカーノとナマケモノ(とその他)を見られて、海で泳げて、いい景色も見られて、
という大満足な1日になりました。
コスタリカという国が推してる“エコツーリズム”ができたかな。


翌日は…何しようかなー。



【ケポス宿情報】★★★★★★☆☆☆☆


“Hotel Sanchez”

マヌエルホテルサンチェス


4人個室40USドル(約4,163円)/room/day。

シャワー(水、水圧○)・トイレ部屋付き、タオル無し、
ロッカー無し、A/C有り、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場有り、wifi有り(フロント周りのみ)、共有スペース有り、
キッチン有り、

場所はバスターミナルを出て左に行くとすぐ右側にある。
優しいおじさんと厳しいおばあちゃんがいる。慣れると優しい。
言い値50ドルを2泊するからってことで40ドルにしてもらった。
シングルとかツインとかの料金は不明。
交渉により普段は開放されてないキッチンを使わせてもらえたのは大きい。
コスタリカは外食高いので。

※ちなみにマヌエル・アントニオまで行ってしまってもバックパッカー向けの宿は
何軒かありました。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×25
世界遺産 ☆×50
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。