スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡!密林の奥に潜む幻の鳥ケツァールを追え!後編@km70[day358]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1コロン=約0.19円


2014年8月31日(day358)



前記事の続き。


しばらく待ってたらボスが帰ってきた。
今日の成果を聞いてみると「5匹見つけたぜ!」との力強いお言葉!!


俄然やる気出た!俄然楽しみ!これは見られるやろ!




いや、待てよ…
釣りでもよくあるんですよね。「さっきまで釣れてたのになー…」みたいなやつ。
今までそのパターンに何度はまったことか…。


でもお客さんの満足げな表情を見るに、たぶん本当なんでしょう。信じるのみ!






ボスが運転する車に乗ってサンホセ方面に引き返す形でポイントに向かう。


ポイント入り口。
ここは“サン・エスペランサ”ってとこらしい。

km70ケツァール②1





車を停めて林の方に探しに行く。

km70ケツァール②3



このボスはやってくれそうな顔をしてる。大丈夫大丈夫!

km70ケツァール②2





結構歩き回って探すんやろうなー…と思いながら歩いていた直後、
「いたぞ!!ケツァールだ!!!」の声。


えっ!?もう!?




半信半疑で見てみると樹上に鳥の影が。

km70ケツァール②4



あっ!!緑色!まさか…。


望遠鏡で覗いてみると…、



キターーーーーーー!!!


ケツァール!!!

km70ケツァール②6



こんなに早く見つかるなんて!
ボス、あなた本物のプロですね??


つぶらな瞳がかわいすぎる!!


あっ!上向いた!何してもかわいいなぁ。

km70ケツァール②7





でも想像のケツァールと何か違う気もする。
と思ってたらボスが「あれはメスだな。でも早く見つかってラッキーだ。」
とのこと。
そういえばオスとメスで形違ったっけ。


なんにしろケツァールとのご対面は嬉しい!





ボスはメスに満足出来ないらしく、早々に望遠鏡を片付け次を探し始めた。


林の奥に入ると「オスがいたぞ!!」とボス。

km70ケツァール②5





望遠鏡を覗くとさっきと比べて胸が真っ赤なケツァールがいた。

km70ケツァール②8


おおお!!これがケツァールのオスか。
背中の緑、胸の赤、そしてクチバシの黄色がくっきり鮮やかでキレイ!!


ああ、ついに会えたね。幻の鳥、ケツァール…。





あれ?ボスが不満そうですね。なんで??


「あれは若いオスだ。尾羽が短いだろ?大人のオスはもっともっとキレイなんだ。」


そうなんや。十分キレイなんやけどなぁ。


ボスのプロ意識では全然満足できないらしい。厳しいお人だ…。
でも見せてくれようとする熱意はうれしいです。





歩くのを一旦やめてボスがケツァールの泣き真似をし始めた。
探し回るのではなくて、こちらに寄せる作戦のようです。

km70ケツァール②9





と、ここで村人Aさんが登場。

km70ケツァール②10



「おーい!あっちにケツァールがいたぞー!」


なに!?


Aさんの案内で現場に急行!
そこで見たものは………!!




大人のケツァール!!!




木の影で見にくいけど風になびく長い尾羽がしっかり見える!

km70ケツァール②11


km70ケツァール②12


km70ケツァール②13


km70ケツァール②14


同じような写真ですみません。
尾羽のふわふわ感を見てもらいたくて…。




まさに火の鳥。

ジャングルの中とかでこの色、このフォルムなら普通に見えるけど、日本の森みたいな
素朴な風景の中で見るとギャップで存在感がものすごい。
もうキレイって言葉では足りないぐらい。神々しいです。




望遠鏡越しに見ると、やっぱり瞳はクリッとしてて吸い込まれそう。
何を見て何を感じてるんやろう。

km70ケツァール②15


ずっと見てられる。というか惹き込まれる感覚。感無量です。


残念ながらこのケツァールはこのあとどこかに飛んで行ってしまった。





いいもん見られたなぁ…って思ってたら、またもや村人Aさん登場。
「あっちにもいるぞ!」
協力的な人やなぁ。しかも発見する能力はガイド並み。




今度はもっとオープンなところに止まってたのでより全体像が明確に見えた。

km70ケツァール②17


km70ケツァール②18


km70ケツァール②20


km70ケツァール②23


km70ケツァール②24


km70ケツァール②25


もう言葉になりません。

だいぶ大げさな文章になってますね。
でも、自分は映画とか本とかスポーツとかじゃない現実の生活の中で涙腺がゆるむこと
って全く無いんですよね。
この旅行でも例えば絶景に涙したなんてことは1回もありません。


でもケツァールをずっと見てたら鼻の奥がツーンってなりました。
しばらく見てたら泣いてしまいそうな感覚のやつ。
実際涙は出なかったんですがそれに近いものはありました。




旅行して色んなものをみて感動することはあります。
でもレベルには色々あって、自分の中での順位付けは、

①「あーすごいなー」っていううわべの感動
②言葉が出ない本当の感動
③鳥肌がたつ
④背筋がゾワゾワする


って感じで上がっていくんですが、「鼻の奥がツーンってする」は初めての体験でした。
そして、リアルタイムで1年半ちょっとになった今でもそれ以降はありません。


なのでケツァールは感動レベルでは最上位なのかもしれません。
「ただの鳥やん」って言われたらそうなんですけど、実際目の当たりにしたら
それでは済まされないものになると思います。





結局文中に登場しなかった1羽を入れると計5羽のケツァールを見ることが出来ました。
コスタリカに来てよかったし、中米ラストをケツァールで飾ることが出来て本当に
運が良かった。


ボスは「いい時期だともっと尾羽が伸びてもっとキレイになるんだー!」って
言ってたけど十分満足です。ありがとう。





ロッジに戻ってハチドリ見ながらお茶をして帰路につきました。

km70ケツァール②26


km70ケツァール②28


km70ケツァール②29




ケツァールの木彫りほんまに迷ったけど結構大きかったので買わんかった。
でも今では買っとけばよかったって後悔してます。(ちなみにボスの手作り)

km70ケツァール②27





帰りは来た道を戻る。


ケツァールを見た後で「BUEN VIAJE」の文字を見ると今後の旅が本当にいいものに
なる気がする。

km70ケツァール②30






道に出て反対側にバス停っぽいコンクリートの仕切りがあります。

km70ケツァール②31


ここで待てばサン・イシドロ発サンホセ行きが通るのでそれを止めて乗り込むんですが、
4台ぐらい止まってくれず…。
焦り始めた1時間半後ぐらいにようやく1台止まってくれました。料金は行きと一緒。






見ると幸せになる鳥、ケツァール。
その通り幸せな出来事が起こることになるんですが、それはまだ先の話。。。





あーーーーーー!見られてよかった!!!
姿を見せてくれてありがとう、ケツァール!達者でなー!



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×25
世界遺産 ☆×50
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。