スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グランドサークル4日目】セドナでも信じないものは救われない[祝day365]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※宿情報下段にアリ


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1USドル=約105円


2014年9月7日(day365)


今日でこの旅行に出て1年が経ちました!!
1年後アメリカにいるとは思ってませんでした。
ま、どこにいるかって想定も全くしてなかったけど。


変則とはいえ、東周りで1年経ってまだアメリカなのが少し焦る。
もう2/3が終わってしまってるから。
ただ、ほとんどトラブルなく旅行出来ていることに感謝。
これは神様、いや、この地球の恩恵なのかもしれない。




偶然にも今日いる場所は“セドナ”


世界屈指のパワースポット。
ここで今までの無事を感謝して、今後半年間も無事で回れるよう何らかのパワーを
得たいところです。


どうやらパワーを得たいなら“ボルテックス”に行かなければならないそうで。


ほほー。で、ボルテックスって??


“ボルテックス”とは地球の磁力の源。またエネルギーが渦を巻いているところ。
セドナは世界でも珍しくボルテックスが集中している。
科学的根拠は示されていないが何かパワーを人々に与えている。
癒しを求めてきた人はまずボルテックスに行き、地球のエネルギーを感じてみよう。
(『歩き方』要約)



ふむふむ、なるほど。いわゆるオカルト的なところですね。
『スプリガン』で言ったら龍脈みたいなところかな。


科学的根拠がない、ってのもポイントになりそうですね。
自分みたいに物事を斜めに見る人間にもパワーを与えてくれるのかな?
いや、そういう人にこそパワーを与えて信じさせへんかったらアカンの
ちゃうかな?(地球へのプレッシャー)





ま、とは言ってももらえるもんならパワー(ところでパワーって何?)欲しいし、
もらっておきますか!!





数あるボルテックスの中でも4大ボルテックスというのがあるみたいなのでそこを
総ざらいしてみたいと思います。





まずはその中の1つ、“ボイントンキャニオン”へ。


駐車場に着くとまずはセドナっぽい岩山が。
でもこれじゃなさそう。トレッキングが必要みたい。
ちなみに駐車場代5ドル。

セドナ1





駐車場に“熊注意”的な看板が。

セドナ2


熊もパワーも求めて集まってきてるのか…。
遭ったらしゃれにならん。でも熊を倒すパワーをくれるのかも。





しばらく歩くとトレイル入り口。

セドナ3


セドナ4


地図を見てもどこがボイントンキャニオンなのか要領を得ず。
とりあえず全部歩いたら来たことになるのかな。




と思って歩き出す。

セドナ5


セドナ6


セドナ7


岩山と荒野ゾーン、雑木林ゾーン、沢登りゾーンなど地形変化が多彩で
歩いてて気持ちいい。





でも歩けども歩けども終点に着かへんなぁ。
今のところいまいちパワーを感じひんし。




1時間半ぐらい歩いたところでようやく終点らしきところに到着。
ここかなー?なんか立ちやすそうな平たい岩があるからそこでパワーを
感じてみよう!!

セドナ8






……………、




セドナ9


セドナ10




「パワー感じた??」



「いや、感じひん。」



どうやらこのスポットは我々と相性が悪かったようです。
特にパワーを感じることもなく、休憩して駐車場に戻ることに。

セドナ11


セドナ12


セドナ13


セドナ14


帰りは若干下りが多いので行きよりも楽やけど、なかなかしんどい。
景色を堪能しながら駐車場まで戻ってきた。所要3時間強。




あー、疲れたーーー!!!





はっ!




「疲れた」って何?
パワーもらわれへんかったどころか、パワー減ってるやん!!


ちょっと、どういうことですか?セドナさん?
せめてプラマイゼロぐらいにしといてもらっていいですかね??



ま、ボイントンキャニオンとの相性が悪かったのかな?
他のところ行けばもらえるでしょ!
最終的に地球との相性が悪かった、とか勘弁してほしいところです。







次に向かったのは“エアポートメサ”。


ここはトレイルとかなくて車で簡単にアクセス出来るんですよね〜…

セドナ15


っておい!規制線でがっちり囲まれてるやん!
登ってる人はいるけども!それはアカンと思います!


ふむぅ、エアポートメサとは相性というよりも縁が無かったのか。
それならば仕方ない。。。





せっかく丘を登ってきたので近くの展望台からセドナを眺める。
僕たちにパワーをくれる場所はどこ??

セドナ16


セドナ17






2/4が終わり、次こそ期待!
“ベルロック”にやってきました。

セドナ18


セドナ19


その名の通りベルに見える岩山。ここは多少歩きます。
(駐車場代5ドル)





さぁ来い!

セドナ21





さぁ来い!

セドナ20


来ませんねー!まぁまだ近くまで行ってへんからしょうがない。





ある程度近づいて、ベルロックに登ってみることにしました。

セドナ22


セドナ23


しかし、暑い!し、滑る!
ルート間違えて行き止まりになったし。
ケルンに着いて行ったはずやのになぁ。嘘ケルンやったんかなー。




適当なところで腰を下ろした。
まだ中腹やけど眺めは抜群!!茶色い岩と青い空、白い雲のコントラストがキレイ!!

セドナ24





ここはなんか予感がしますね。パワーを感じる予感が。
今までにない感じで瞑想でもしちゃいますか!!

セドナ25




降りてくるか!!??

セドナ26






……………、





飽きた。

セドナ27


どうやらベルロックも我々にパワーを与えてはくれませんでした。
もうここまで来たら諦めムードが漂ってきた。
たぶんもうセドナでパワーを得ることはできないでしょう。


やはり、ハナから信じてない者には救われないのかもしれませんね。
でも信じて救われないよりマシです。





休憩にマクドへ。

セドナ28


セドナ29


セドナのマクドは色がレア。
外壁の茶色にトルマリン色のマークが映えてました。


マクドに十分パワーを頂いたところで、
4大ボルテックス最後の“カセドラルロック”へ。


駐車場から見上げた。

セドナ30


距離がありそうだったので、もらえるパワーと失うパワーを天秤にかけた結果、
見上げただけで終わることにしました。






最後に“ホーリークロス教会”。

セドナ31


セドナ32


冷やかしに行くにはちょっと厳かすぎる雰囲気がありました。
行く時はピシッとした表情で行きましょう。





そして僕たちのセドナが終わった。
もしセドナに行って「パワーもらった!」という人がいたら教えてください。
是非どんなものか聞きたいです。


ただ、まだ先の話ですが1年半の旅行を無事終えられたのは、知らないところで
もらえていたからかもしれません。
もしそうだったとしたらお礼を言わなければいけないですね。
ありがとう、セドナ。





その後、次の日の移動に備えてフラッグスタッフの街に戻った。
真っ暗な中周辺のキャンプ場を当たったものの潰れてたり、モーテル並みに高かったりしたりで、さらに雨も強く降ってきたので(全て言い訳)モーテル泊を選択。
5,6軒回って全て高く、結局初日に泊まった宿に同料金で泊めてもらいました。



翌日はモニュメントバレーへ!
グランドサークル最大の試練が訪れます。。。



【フラッグスタッフモーテル情報】★★★★★★★☆☆☆


“Travelers INN”

初日②ルート6623

初日②ルート6624


ツイン個室41.5USドル(約4,380円)/room/day。

シャワー(熱い、水圧◎)・トイレ部屋付き、タオル有り、
ロッカー無し、A/C有り、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(普通)、共有スペース無し、キッチン無し、
冷蔵庫・電子レンジ有り、


Booking.comで酷評されていたが、値段のみで決めた宿。
正直なんで酷評されるのか分からないいい宿でした。コスパ◎。
よほど高級な方が泊まって我慢ならなかったんでしょう笑
ベッドはクイーンサイズが2台なので4人で泊まればめっちゃお得!





↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×26
世界遺産 ☆×51

関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。