スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市バスでバトゥフェリンギへ@ジョージタウン(ペナン)(day44-45)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年10月22日(day44)


この日はジョージタウンからバスでバトゥフェリンギという
リゾートがある地域へ行くことにした。
情報無しだが、宿の案内板に張ってあったから。

その前に腹ごしらえ。
今日の昼飯はインドカリー。ペナンはイギリス植民地時代に
働き手として中国人、インド人を大量に連れてきたのでそれぞれの
店がたくさんある。

DSC_0396.jpg

チキンカリー。
そんなに鶏入ってへんと思ってフライドチキン頼んだら
デカイ鶏モモがドーンって入ってた。旨い!!


バトゥフェリンギは無料バスが走っていないので有料(とはいっても2.7RM)
バスで。バスに乗った時間が失敗やった。
インド人学校生の帰宅ラッシュで車内はお祭り騒ぎ。
30分程乗ったら落ち着いたけど。

郊外に行くにしたがって海が見えてきた。
海が見えるとやっぱり爽快!

アジアのバスは日本みたいに「次は○○〜」というアナウンスが
ないので運転手に頼むしかない。
場所的にバトゥフェリンギには間違いないがかなり手前で降ろされてしまった。

降りたところは閑散としている。
これがビーチリゾートなのか?って感じ。

やたらハードロックカフェの看板が目立つので、そのへんは
栄えてるかもしれないとそこまで歩くことに。

途中ビーチに出られる路地があったので行ってみた。

海は見た目太陽に照らされてキラキラの青やけど、近づいてみると乳白色。。。

DSC_0404.jpg

正直そんなにキレイではない。

ビーチもしーーーんとしていて泳いでる人は約1名。

DSC_0400.jpg

DSC_0399.jpg


後ろを振り返るとみんな高級ホテルのプールで泳いでた。
この海は泳ぐところじゃないのかも。

30分以上歩いて目的地のハードロックカフェ到着。
周りは栄えているわけじゃなくホテルとリゾートマンションばっかり。

びっくりしたのが、ハードロックホテルが隣にあったこと。
カフェしか知らんかった。
というか、恥ずかしながらわたくしハードロックカフェに行ったことがありません。

ホテル


DSC_0410.jpg

カフェは値段見てスルー。隣のロックショップで物色してからホテルに潜入調査!

宿泊客以外が入っていいか分からないので、しれーっと泊まってますよ〜みたいな
雰囲気で入る。

中はまさにハードロック!

ビートルズの壁画や歴代ハードロッカーの衣装や楽器が展示されてたりで
おもしろかった!写真は自主規制…

カフェもホテルも昼間は静かやけど夜には色んなイベントをやってるみたい。
いつか泊まってみたいな。

DSC_0408.jpg

写真はマイケル御大と。

このエリアは閑散としてるけどおしゃれなカフェがあったりとか、夜市(結構大掛かりな
準備してた)があったりで泊まればもっと楽しいのかも。

半日潰せました。

今日の晩飯、おかゆ。
胡椒としょうがが効いててこれも美味。

DSC_0446.jpg

DSC_0447.jpg

↑こんな感じの店構え。奥のちゃんとした店舗と軒先の屋台は全く別。
屋台で買った物を店内で食べることはできない。(飲み物だけでも頼めば入れてくれるけど)
この形式、ペナンにはたくさんありました。

マレーシア、ご飯がおいしいのには満足できたけど、物足りないのはビールが高くてなかなか
飲めないこと。
それまでの4ヶ国で昼から夜から飲んでたので我慢するのキツかったです。
ビールの大瓶が600円近くする。
今までの2.5〜5倍ぐらい。節約のため我慢我慢。



2013年10月23日(day45)


ペナン最終日。今日の夜行バスで次の目的地マラッカに
向かいます。

最終日なのでペナンダイジェスト。

この街、実は世界遺産です。
正式に言うと、ジョージタウンとマラッカを合わせて1つの世界遺産。
ユネスコリストを見ると、「ジョージタウンとマラッカ、マラッカ海峡の
古都群」となってます。だからマラッカまで見てコンプリート。

街自体が世界遺産というと、今までベトナムのホイアン、ラオスのルアンパバーン
を見てきた。
同じように歴史を感じる街、ですが辟易したのは路駐の多さ!
どの路地にもかなり車が停まっています。それがなければもっといいのに。
ま、いくら世界遺産でもそこに暮らしている住民最優先なんですけどね。

街並みはこんな感じ。

DSC_0425.jpg

DSC_0427.jpg

「旅社」って文字いいと思いませんか??
自分はなんかタイムスリップしたみたいで好きです。

DSC_0397.jpg

安宿街チュリア通りとムントリ通りを結ぶ路地、その名も「Love lane」。
ラブレーン沿いにもおしゃれなホステルがいくつかあります。

DSC_0430.jpg

DSC_0431.jpg

おそらく当時は栄えていたであろう建物。今は廃墟。

あと、ガイドブックがない自分たちが参考にしていたのがフリーのマップ。
ジョージタウンにはワイヤーアート?(1cmぐらいの鉄の棒で作ってある)や壁画が街の
至る所にあります。そのマップ。

DSC_0062.jpg

DSC_0063.jpg

DSC_0064.jpg

裏面がアートの説明。表面が地図でアートに番号がふってありどこに何があるのかが
分かります。
ワイヤーアートだけで52カ所ありましたが自分たちが滞在中見つけたのは21カ所でした。
宝探しみたいで楽しいですよ〜。
以下抜粋です。

DSC_0315.jpg

DSC_0340.jpg

DSC_0329.jpg

ビールが高いのは先にも書きましたが、泊まっていたスターロッジはビールを
安く販売しているので宿泊客やそれ以外もよく買いにきてました。

IMG_0112.jpg

IMG_0113.jpg


マレーシアの地ビールははっきり言って美味しくない。
インポートものを飲んでたのですが、オランダインポートのこれ(写真右)はすごかった。
まずビールなのにアルコール12%。味もめっちゃ濃い。すぐフラフラきました。
こんなんビール感覚で飲んだらエラいことになりますよ(笑)
さすが、大麻が合法の国。是非行こうと改めて思いました。

ペナンはマレーシアと中国、インドが融合された街でした。
まさにエキゾチック!古き良きアジアを垣間見れました。

夜行バスに乗って、次はマラッカ!



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×5
世界遺産 ☆×7.5
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。