スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリダーってやつは…、僕たちはバイクで行きます@レー[day388]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1インドルピー=約1.7〜1.8円


2014年10月1日(day388)



9月が終わったー!
今日から10月。時間が経つのは早いですなぁ。





この日は木村夫妻が下界に向けて出発するそうでその見送りから。

下ラダック1


下ラダック2


下ラダック3


下ラダック4


デリーに向けて、まずは中継地点のマナーリーまでの道のりですが、
5,000m超の峠を2つ、5,000m弱の峠を1つ
計3つの峠越えがあるそうで…。


チャリダーには有名な道、「レー・マナーリロード」っていうみたいです。
実際ハルくんもマナーリからこの道でレーまで来てました。



いつもチャリダーの人が過酷な道を目指す旅に変態やな尋常じゃないと思うわけです。
自分達はそこまでの冒険心も体力も持ち合わせてないし。
彼らにしか見ることのできない景色はたくさんあるんでしょう。
その一瞬一瞬のために身を削りながら進むなんて…。
頭が下がります。


木村さん(夫)は元々好きやからいいとしても奥さんが付いて行くのがすごいですよね。
華奢やし元々自転車乗りでもないし。
夫婦愛ですよ、これが。


僕もどちらかと言えばsmileを旅行に付き合わせてるんですが、彼らを見てると
その罪悪感も薄れてきます。



気をつけて行ってらっしゃーい!
僕たちもすぐにマナーリまでバスで向かうので走ってるとこ見られたらいいなぁ。

下ラダック5




見送った後、楽ばっかりしてたらアカンなー、と思いつつもレンタルバイク屋へ。
僕らはこれで精一杯。

下ラダック6


ちなみにレンタルバイク屋は街のどこでもあるけど何軒か固まってる
細い通りがあります。(『歩き方』レー市内地図左上のZangsti RD)
※国際免許証必要なし。パスポートのみ提示。





前回みんなで上ラダックを攻めたので、今回は2人で下ラダック
攻めたいと思います。


一番奥のラマユルゴンパがいいみたいやけど遠すぎるのでアルチゴンパまで。
それでも上ラダックよりも距離が伸びて片道60km強ぐらい。




上ラダックはいくつも村があって緑があって、って感じやったけど
、下ラダックはすぐに岩と山の世界になる。

下ラダック7





轟音が聞こえてきたのでバイクを停めて空を見てみると山の間から飛行機が現れた。
(見にくいですが奥の山の稜線とかぶってます)

下ラダック8


高度を下げてるので着陸寸前なんやろうけどこんな怖いとこ飛んできてたんや。
ちょっと間違えたら山にぶつかりそう…。






そのあとはひたすら山を登って下っての繰り返し。
ちょっと変化に乏しいけどカシミールを原チャリで走ってると思うと
それだけで楽しいんです。
ただ居るだけでテンションが上がるとこってレアなので好きです。

下ラダック10


下ラダック11


下ラダック12





途中にあったインダス川とザンスカール川の合流地点。
混ざって色が変化してキレイ。

下ラダック13






その山を越えると村が見えてきた。

下ラダック14


下ラダック15






疲れたのでチャイで一服。
疲れた時に飲むチャイは旨い!し、元気が出る。

下ラダック17


下ラダック16




アルチまでもうちょっと頑張ります。

下ラダック9





やっとアルチゴンパに向かう橋が見えてきた。
周り見てないと見落とすので注意。

下ラダック18


下ラダック19


橋を渡ってゴンパに行くんですがいくつも分かれ道があるので迷う。
車を停めて聞きましょう。





バイクを置いてゴンパの中へ。
外装にレリーフが施されているスムツェク(お堂)。
レリーフは今までもあったかもしれんけど印象に無かった。

下ラダック20


下ラダック21






「ここの壁画は仏教美術の宝庫でラダック最良のもの」
(『歩き方』抜粋)らしい。
入ってみるとそれも納得の精密な曼荼羅の数々。

下ラダック22


下ラダック23


下ラダック24


壁一面に描かれてて歴史を感じさせる曼荼羅。
修復されてるかもやけど11世紀から残ってるってすごい!!


色んなゴンパに行って思うのは自分はあんまり仏像には興味は無いな、と。
それよりも曼荼羅が好きです。
おそらく全ての配置とかに意味はあって、自分はそれを知らんけど見てるだけで
引き込まれてしまいそう。


遠くまで来た甲斐があったなー。






内部の侘び寂び感とは反対に外には今までで一番色とりどりなタルチョが
なびいてました。
今までこんな色なかったと思うんやけど…。

下ラダック25


下ラダック26







近くに“リキールゴンパ”があったので見物に。
『歩き方』改めて読んだら再建されてるみたいであまり古くないらしい。
外観だけ堪能しました。

下ラダック27


下ラダック28






そのままレー市内へ戻った。
100ccの原チャリではなかなか長距離は難しい!
ラマユルゴンパまで行きたかったけど相当無理せなアカンしなー。


でも楽しかったから良しとしよう!


上も下もラダックをバイクで満喫できたから。
1人だろうが、2人だろうが、大勢だろうが、レー近郊のゴンパ巡りは
レンタルバイクを強くおすすめします!!
おっ!って思える景色がありすぎるので好きな時に止まれないとつまらないので。


しかしまぁ、こんなに素晴らしい絶景、文化遺産があるのに世界遺産認定
されてないとは。
政治的・軍事的な絡みとか、あえてしない方が住んでる人のため、とか色んな理由が
想像出来るけどやっぱり世界遺産って色々おかしい気がするなぁ。。。



はー、そろそろレーを発つ日が近づいてきた。。。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×27
世界遺産 ☆×52
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。