スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くに温泉!でも入られへん…@ヴァシシュト[day391-392]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1インドルピー=約1.7〜1.8円


2014年10月4日(day391)



ヴァシシュト村滞在2日目。


この村の名物は良質なハシシ!
だけではありません。そうです。温泉が湧いてるんです。


レーからは標高が下がったものの、都会に住んでるインド人にとっては
避暑地にもなってるここ。
温泉に入ればさぞかし気持ちいいんでしょう。
宿のすぐ側に公衆浴場があります。部屋から下の路地を見下ろしていると
洗面用具を持った人が行ったり来たり。風情がありますね。




ただ…、


インドの人には本当に申し訳ないと思うんですが、どうにもこうにも
この国に清潔というイメージがない。


そして僕は若干潔癖なところがあるんです。
こんな旅行してて…、とお思いだとは思いますがとにかくそうなんです。




日本人数名に聞くと温度が熱めだということ。
そして朝4時〜5時が人も少なく比較的キレイだということ。


うーむ。「比較的キレイ」というのが気になりますね。
とりあえず様子を見に行ってみましょう。





午前中だというのに露天風呂は男どもでごった返してます。
みんな当然のように掛かり湯してへん。
そして、全裸で入ったらアカンの分かるけど、履いてたパンツそのままで
入ってるじゃありませんか。
まぁ、気持ち良さそうではありますね!





よし!!





入んのやめとこ!!




…ヴァシシュトの名物を2つとも楽しむことはありませんでした。






時間ができて暇なのでマナーリの街までぶらぶら歩くことに。
連休中のインド人で軽井沢みたいになってる道を下ってく。

バシシュト2日目3





子やぎを連れてるおばさん。
特に商売と言うわけではなさそうでした。

バシシュト2日目1


バシシュト2日目2





フルーツシェイク屋。
おいしいらしいマンゴーシェイクは時期ではないとのこと。残念。

バシシュト2日目4






よく見かけた厚揚げみたいなサンドイッチ。

バシシュト2日目5

まぁ中身はカレー味のじゃがいもなんですがなかなか旨かったです。
安いし。サモサよりも好きかな。






ヴァシシュトには土産物屋がたくさんあって、布やシルバーなどたくさん
売ってるんですが、なかなか度肝抜かれる商品が多数売ってました。




仏像型南京錠。
大きさやデザインなどバリエーションも豊富。

バシシュト2日目6


バシシュト2日目7


仏様の額に鍵をぶっ刺すというのは許される行為なのでしょうか??


ちょっと、いや、だいぶ欲しかったけど罰が当たりそうでやめときました。






小川&森&滝の合わせ技。

バシシュト2日目8


昨日峠越えてる時もそうでしたが滝があるところ、インド人が群がります。
そんなに珍しいのかな??





山の中の下りを終えて大きな道に出た。
ここはレーから下ってきた時通った道。
振り返るとレーまで474kmの看板が…。

バシシュト2日目10


もう嫌や…。あそこはもう通りたくない。
というか木村夫妻無事にチャリこいでるんかな?
バスでもあんなに過酷やったのに。





日本にもありそうな田舎の風景。
ここだけ切り取れば避暑地感あるんやけどなぁ。落ち着く。

バシシュト2日目11


バシシュト2日目12




と歩いてたらマナーリに到着。
いつもなのか連休中やからかは分からへんけどキラキラの派手な飾りつけがされてた。

バシシュト2日目13


バシシュト2日目14



裏通り、オールドマナーリ、と歩いてみたけどそこまでおもしろいものには出会えず。


連休によりATMが大混乱しておりました。

バシシュト2日目15




バスターミナルとか旅行会社も人人人。
次の目的地、ダラムサラまでのバスチケット買いたいのに。
交渉とかできる雰囲気じゃないなー。まぁいいや。ヴァシシュトで買お。





山を下ってきたので帰りは登り。
出る前はリクシャで帰ろうとしてたけど、ヴァシシュト帰ってから日本食食べよう!
ってことになり、幸福の前の試練ということで歩いて戻りました。
疲れた…。





そしてネギゲストハウス併設のフジレストランへ。


メニュー。

バシシュト2日目16


うおおおおお!!!
なに!?この魅力的な文字。日本語っていいなぁ。





自分はかき揚げ丼、smileは納豆丼を注文。




出てくるまでテラスから見える景色を楽しむ。

バシシュト2日目17


バシシュト2日目18


でもそわそわそわそわする。
自分らで作りはするけど日本食レストランで日本食頼むって久しぶり!
ボリビアのけんちゃん以来ですから。





出てきたのがこれ。

バシシュト2日目20


バシシュト2日目19


メインもさることながら、みそ汁と漬け物が泣かせます。
味もうんまい!!
これ正解は納豆丼でした。やっぱり納豆はいい!!


キツい登りの後の幸せを噛みしめましたー!





そしてレーに引き続きここヴァシシュトでも再会が。
アルゼンチンのプルママルカ、チリのマーブルカテドラルで会ってた須藤くんと
偶然再会!いやー懐かしい!


なんだかんだインドは旅行者が集まりますねー!





ヴァシシュトは夜になりお祭りのような雰囲気になってた。
これもいつもなのかは分からないけど嫌いじゃないです。
そこらへんでインド人がハシシを「プッハー!」ってしてるんですけどね。

バシシュト2日目21





2014年10月5日(day392)



ヴァシシュトを出る日。
夜行バスに乗ってダラムサラに向かいます。

バシシュト2日目22




結局バスはヴァシシュトの旅行会社で買いました。
600ルピー(約1,080円)/pax
安いのか高いのかは分かりません…。





昨日歩き尽くしたのでこの日はすることがない。
チェックアウトしてすぐにフジレストランに行きました。




メニューを見て嬉々とするsmile。
長期旅行者でこのメニュー見てにんまりしーひん人はいないでしょう。

バシシュト2日目23





オクラ丼とか食べてチャイ飲んで宿泊客でもないのにダラダラさせて頂きました。
日本語の本とかたくさんあるので長居できます。

バシシュト2日目24





あんなに明るかったのにもう夕暮れ。
山々で当然見えへんけど、レーの方角は紫になってて神秘的でした。

バシシュト2日目25





さ、ダラムサラ向かうか…。
インドの夜行バス、どんなんやろ??




須藤くん(右)が見送りしてくれた。
ありがとう!また日本でねー!

バシシュト2日目26




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×27
世界遺産 ☆×52
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。