スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天気もいいしバグスケーキ食べに行こ@ダラムサラ[day395]


※約8ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1インドルピー=約1.7〜1.8円


2014年10月8日(day395)



ダラムサラは人もまだ穏やかで運良く天気の日が続いたので居心地がいい。
そういえばまだインドの洗礼みないなの受けてないなー。
もうこのまま受けなくていいけど。


3日目でやることもなかったので近郊の村を訪ねることにしました。
それは“バグス村”。
日本人の方にそこには“バグスケーキ”なるチョコレートケーキがあるらしい。


2km半ぐらいなのでぼちぼち歩いて行きます。
ホテルから見える向かいの山の向こうみたい。

バグスケーキ1





道が狭くて車が詰まるのがめんどくさいけど出没する猿を見ながらてくてく。

バグスケーキ2





ちょうど自分らのホテルの向かい側まで来ました。
ダラムサラを臨む形。こっちも景色がいいですなー。

バグスケーキ3


バグスケーキ4




ゆっくり1時間弱ぐらいかけて村に到着。

バグスケーキ5


周りの人に「バグスケーキ食べたいんですけど」って言ってもみんな知らない。
おかしいなー、名物やからその辺にあると思うのに。


ここはケーキ好きそうな、かつ、若い女性観光客に聞いてみよう。
甘いものには敏感かもしれん。
と思ったらやっぱり知ってた。


なんでも村全体の名物ではなくそれを出す店が有名とのこと。
ああ勘違い。





場所も分かったのでそこに行く前にバグス村を観光。


シヴァ寺院の沐浴池。

バグスケーキ6


おっ!水がキレイで気持ち良さそう!
ここやったら入れそうやったけど水着ないから無理やなー。
暑い時にここ来る方は水着持ってきてもいいかも。





その奥にある有名らしい滝。

バグスケーキ7


緑豊かな山間に遠く見える。
滝好きなインド人はどんどん向かって行くけど…、
うん。まぁいいや。遠くても滝見られた!


観光終了。こんなもんです。
さぁバグスケーキを食べに行かねば。





教えられた通りに進んでいくと雰囲気がガラッと変わってきた。
なにこのヒッピー臭
のどかな村に突如BARだのなんだの。
ダラムサラには、というかバグス村の中心には無い匂いがしてきました。


辺りには英語に交じってヘブライ語の看板が増えてきて…、


あー、なるほどそういうことか。
イが付く国の人御用達のとこなんや。
よっしゃ!早くケーキ食って帰ろう!




坂を登って行くとありました。

バグスケーキ8



中に入ると予想通りのソーレイジーな雰囲気。

バグスケーキ9





早速名物を注文。60ルピー(約111円)。
出てきたのがこれ。

バグスケーキ10



ほほー、想像と違うなー。
食べてみると、上は濃厚なチョコ。下はしっとりしたクッキーみたいな感じ。
冷やされてておいしい!チャイとも合います。


普段我々にとってチョコレートは高級嗜好品なので
ゆっくり味わって食べました。




そして、そのままダラムサラに帰りました。
昔は「ヒッピーの楽園」とか言われてたとこいっぱいあったけど
今は少なくなったように思う。
それでも彼らはマニアックなところをしっかり探すんですね。


なかなか香ばしい雰囲気でした。
そういうのが好きな人はダラムサラよりもいいかもしれません。
ゲストハウスも数軒見たし、ダラムサラまですぐ歩けるし。





さて、ダラムサラも予定を全てこなしました。
続いてはさらに下界へ。
むしろそれを突き抜けた感じのデリー、インド本編がやっと始まります。。。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×27
世界遺産 ☆×52
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。