スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外とキレイなマラウィ湖、ここはのんびりできそうだ@ンカタベイ[day418]


※約8ヶ月遅れの更新になります。

※文中・下段にンカタベイ宿情報アリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1マラウィクワチャ=約0.234円


2014年10月31日(day418)



興奮冷めやらぬムズズを後にして“ンカタベイ”に向かいます。
マラウィはほぼここを目当てにやって来た。




ムズズのターミナルからはバスが出てるんですが、早そうなシェアタクシーを選択。
ターミナルの外側に固まって停まってます。
1,300クワチャ(約305円)


人はすぐに集まって出発。順調にンカタベイに着いた。
そこから宿探し。
中心から近いのは“Big Blue Backpackers”“Kupenja lodge”
30分以上歩けば“Butterfly Space”“Mayoka Village”



“Big Blue Backpackers”はたぶん一番日本人が泊まってる宿だが、スタッフによる
盗難被害とかが情報ノートに書かれてた。

“Kupenja Lodge”は地域最安。

“Butterfly Space”は遠いけど安くて雰囲気がいい。

“Mayoka Village”は高いけどセサ激推し。評判すこぶる良し。




遠いところの2軒は興味あるけど歩いて行ってフルとか高くなってたりしたら
嫌なので地域最安の“Kupenja Lodge”に決定。

ンカタベイ初日1



お客さんは自分らだけ。
確かに安い。ドミ1,000シリング(約234円)!!
話を聞くとシングルが2,000シリング(約468円)らしいのでケインと話してそっちを選択。
それでも始め泊まろうと思ってた“Big Blue Backpackers”のドミの値段やしね。




シングルルームは互いに独立した離れ。

ンカタベイ初日2




マラウィ湖が近くに見えていい感じ。
意外と青くてキレイな湖。透明度もまあまあありそう。

ンカタベイ初日3



この街で何泊かしようと思ってたので散歩がてら他の宿も見に行くことにした。



まずは“Big Blue Backpackers”。
こっちもほとんど誰も泊まってなかったけど日本人がイターーー!
アフリカ入って初めての日本人、ゆうき君。
そのあと、ゆうき君とアフリカ縦断で何回か行動を共にしたと言うケイ君も来た。
偶然にもケインと顔見知り。


心強いメンバーが増えたなぁ…。よかった。
ケープタウンまでの道のりはほぼかぶってるし。
とは言ってもお互い自立した感じで、「この先一緒に行こう」とかではなくて
自分で自分のルート決めてるからあちこちでまた会いましょうって感じやった。
一番好きなパターン。


晩飯食べる約束して引き続きケインとお宿探訪。




湖沿いを歩く感じで奥の宿2軒の方へ。

ンカタベイ初日4


ンカタベイ初日5





まずは“Mayoka Village”。

ンカタベイ初日6


ンカタベイ初日7


ンカタベイ初日8


うーん。聞いてた通りいい雰囲気。
お茶だけしたけど、スタッフの対応も抜群やし、なんか高級感あるし。
基本的には欧米系ホステルなんやけどストレス無く過ごせそう。
ただ、やっぱりネックは値段。ドミで1泊10ドルもする。
他のとこの2倍以上。



セサに聞いてた通り毎週火曜日にマラウィ湖フリーボートツアーをやってるらしい。
楽しいから参加した方がいいって言われてた。
「火曜日だけ泊まってもツアーに参加できる?」って聞いたら「もちろん!」って
快く言ってくれたので次の火曜日だけ泊まることにする。


あー、でも開放的なテラスで湖見ながらゆっくりするっていいなぁ…。




最後にその隣の“Butterfly Space”見学。
ドミ2,000シリングで“Kupenja”より良さそうやったから翌日から移ることにした。
(詳細は次の記事で書きます)





宿見学を兼ねてやけど結構歩いて満足したので昼ご飯。
ンカタベイ名物の“バターフィッシュ”!!


魚のバター焼きではなくて、“バターフィッシュ”って名前の魚。
それを干したやつを炭火で焼いたやつ。もちろんシマではなく米でオーダー。

ンカタベイ初日12


これは…!脂が乗ってて旨い!!ほんまに。
目つぶって食べたら完全にホッケ定食。
たぶん物価と比べて高い(1,200シリング、約281円)んでしょうけど、
食べる価値だいぶあります。


これはみんなが食べろ、って言うの分かるなぁ。
海外ではシンプルな魚の塩焼きみたいなのが一番食べられへんから。


ぷはー、ボリューム満点で大満足!
明日も食べよう(あと3回食べました)。




この日はケインの勧めで薬局でマラリアの薬(罹ってから飲むやつ。結構強力で
3日で回復するらしい)を購入。1,500シリング(約352円)



ずっと咳が止まらないケインは心配でならない様子。
ムズズでマラリアに罹ったおっちゃんと話してて余計に心配になったみたい。
「熱があるかもしれん」とか言ってきた。気持ちは分かる(笑)。


明日病院に検査行こうな。




しばらくここでのんびーりします。



【ンカタベイ宿情報】★★★★☆☆☆☆☆☆


“Kupenja Lodge”


シングル2,000シリング(約469円)/room/day。

シャワー(水、水圧×)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi無し、共有スペース有り、キッチン無し、
ビールは宿で買える、


地域最安は本当だった。ドミは1,000シリング。
でも…、部屋に窓があるけどガラスがはまってないので虫が入り放題。
昼間はいいけど夜は灯りに虫が大量発生するのでちょっとしんどいかな。
この街に多数いるエセラスタマンみたいなのは全然宿に入って来ないので
それはよかった。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×29
世界遺産 ☆×55
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。