スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリア検査とマラウィ湖寄生虫対策@ンカタベイ[day419-421]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※下段にンカタベイ宿情報アリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1マラウィクワチャ=約0.234円


2014年11月1日(day419)



この日は宿を移動。
昨日下見しといた“Butterfly Space”へ。
バックパック持っての移動はしんどい。30分強は歩きます。




中心部から離れてるので静か。
そして湖との距離がさらに近くて透明度も高い感じ。

ンカタベイ中盤1




ドミの目の前に合ったマンゴーの木。

ンカタベイ中盤2


たわわになってるけどまだ緑で熟してない。
時期には食べ放題なんやろうなーと思うと悔しいです。




敷地内にはレイクビュートイレ。

ンカタベイ中盤3


ンカタベイ中盤4


設備はたいしたことないけど、用を足しながら湖を眺められるのは贅沢…、
なんかな?

ちなみにシャワーも開放的な感じです。外からは見えへんけど完全に外。





マラリアを心配するケインが検査を受けると言うので付いて行くことに。
アフリカはどんなに小さい村でも検査キットと薬があるらしい。


ンカタベイにも診療所があって飛び込みでも受けることができた。

ンカタベイ初日11




自分は罹ってる気がしないので受けなかったけど、それより怖いのが
エボラ注意のポスターがやたら貼られてたこと。
ドクターは「一応張ってるけど西だけのもんさ。」って言ってたけど
やっぱり気になる…。





検査は5分ほどで簡単に終了。
針を指先に刺して、出てきた血をキットに乗せて薬品をかけるとサインが浮かび
上がるっていう、なんか妊娠検査薬みたいなやつ。

ンカタベイ初日9


ケインは無事にマラリアでないことが判明した。
そして急に元気になった(笑)




心配してたけど針はちゃんと小分け包装されてる新品。
ただ…、使用済みの血が付いた針をデスクにポンって置くのはどうなんやろう…。
料金は自分がしてないのでメモってないけど500円ぐらいやったと思う。





終わってからドクターに「湖で泳いだかい?それともこれから泳ぐのかい?」
って聞かれた。
話によると、やはり寄生虫(住血吸虫)の被害に遭う人がたまにいるみたい。
そして、自分の国に帰ってから発症しても薬が無かったり、治療費がものすごく
高くなったりすることがあるのだと言う。


話には聞いてたけど湖の中にほんまに居るんや。
ンカタベイとかはまだ流れがあるのでそれほどでもないみたいやけど、
ケープマクレアとかモンキーベイとか南の方に行くと流れが淀んでるから
もっと被害は多いとのこと。


「いいかい?もし泳ぐならこの薬を買いに来なさい。そして最後に泳いだ日を
絶対に忘れないように。きっちり6週間後に飲むんだよ。」


ンカタベイ初日10


と言ってくれた。値段は500円してなかったと思う。
泳ぐかどうかまだ決まってなかったのでとりあえず保留。
この4日後ぐらいに激しく後悔することになるのだが…。




2014年11月2-3日(day420-421)



特に書くことなし。
湖眺めたり、本読んだり、バターフィッシュ食べたりして過ごした。
やっぱりここはのんびりできる。
外は暑いけど日陰で風があれば涼しいし。




ゆうき君が先行して出た。
明日はケイ君とケインが出るみたい。
自分はどうしてももっと湖を味わうべく、フリーボートツアーに行きたかったので
残ることに。




本当はケープマクレアとか南の方行きたかったけど先に進む欲求の方が
勝ってるのでそれに従うことにした。




内容が無いので各種情報を。


【ンカタベイATM情報】

街の中心部にある銀行のATMは2台とも使えなかった(他の人も)。
なのでちょっと離れたところにある銀行に行かなければならない。
中心部から湖に向かって左の方に歩いて行くと右手に“Kupenja Lodge”がある。
それを通り過ぎて左にカーブした先に銀行が2軒左手にある。
自分達は手前の方で下ろせたので奥は確認してない。




【ンカタベイ宿情報②】★★★★☆☆☆☆☆☆


“Butterfly Space”


6人ドミ2,000シリング(約469円)/bed/day。

シャワー(水、水圧△)・トイレ共同、タオル無し、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi有り(有料、遅い)、共有スペース有り、キッチン無し、
レストラン併設、


中心部から離れてるが連泊するならこちらに来た方がいいかも。
静かでのんびりできる。
wifiは1回お金を払えば(1,000シリング、234円)滞在中ずっと使えるが遅い。
そして電源が切られる時間帯もある。
併設レストランは高い。
薬や女を斡旋しようとするラスタマンがうざい。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×29
世界遺産 ☆×55
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。