スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日牛肉食べたな…もっと感謝しよ@ンカタベイ〜リロングウェ[day423]


※約7ヶ月遅れの更新になります。

※下段にリロングウェ宿情報アリ

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1マラウィクワチャ=約0.234円


2014年11月5日(day423)



ンカタベイから首都リロングウェへの移動。
中心部のメインストリートから毎日朝6時に発車。
ダイレクトバスは1日1本なのでこれを逃すとシェアタクシー乗り継ぎになる。



前日に予約ができないので席の確保のため余裕を持って宿をチェックアウト。




山を下ってたら手足を縛られた牛達が寝かされそれを人が取り囲んでた。
何してるんやろ?って一瞬思ったけどアレで間違いないですよね。
屠殺です。ナイフ磨いでるし。

ンカタベイリロングウェ1


たぶん残酷な光景になるのは分かってたけど目が離せませんでした。
いつも肉食べてるのにどうやって屠殺してるのかとか知らんかったから。




極めてシンプルなやり方でした。

ンカタベイリロングウェ2


首元をナイフで切り裂くだけ。
牛は自分がこれからされることを分かっているのかあまり鳴いたり暴れたり
しませんでした。


首からピューッと吹き出る牛の血。
間もなく息絶えたのが分かります。


こうやって命をもらって自分らは肉を食べてるんやなぁ。
分かってたけど、分からんかったこと。
これからはもっと感謝して肉を食べようと思います。





中心部に着いてすぐにバスが到着。割と普通のバス。

ンカタベイリロングウェ3


席も無事確保出来た。料金は5,000シリング(約1,176円)
これから12時間ほどかけてリロングウェに向かいます。



道中はかなり暑かったぐらいの感想しか無いので割愛。
特に見るべきものはありません。


無事に夕方リロングウェのバスターミナル着。

ンカタベイリロングウェ5




まずすること。
それは翌日抜ける予定のザンビアの首都ルサカまでのダイレクトバスを
探すこと。


ただ、懸念事項が。
そのバスは前情報では月・火・水・金・土しか運行してないって聞いてた。
(この時水曜日の夕方)


その場合明日(木曜日)は無い。
でもバス会社1社だけの情報やったから他にも会社あるんちゃう?という
小さな期待を込めてわざわざ水曜日に乗り込んできたのですが…。




ええ、ありませんでした(泣)。
実はもう1社バス会社もあったんですが、どちみち木曜日はないことが判明。
限りなく薄い期待で突っ込んだらやっぱりダメですね。。。


週7日中で5日あるのに残りの2日に来てしまうところが自分らしい。


どうしよう。ルサカで取ろうと思ってたモザンビークのビザをここで取るか。
それやったらダイレクトバスに乗れるんやけど。
でもルサカでは今後必要になるだろうテントを探そうと思ってて、その合間に
ビザ取ろうと思っててんなぁ。



って考えてたらバス会社のおっちゃんが刻んでいっても行けるって情報をくれた。



よし!もう1泊ここで待つより刻んで行ってみよう!
たぶん行けると思う。未知数やけどwifiないから調べようもないし。
それを楽しめばいいかな。


どちらにしろとりあえず今日の宿を確保せねば。
“St.Peter’s Guesthouse”含め何軒か宿はあるみたいやけどバスターミナルから
遠いのでやめた。



ターミナル周辺で探します。
刻んで行く方に完全に傾いてたので。
その場合ターミナルに近い方が都合がいい。


高かったけどターミナルそばの宿にチェックイン。
宿のオーナーにルサカまで刻んで行くことができないか念押しで聞いてみたら
行けるとのこと。経路を詳しく聞いた。




ターミナル周辺のマーケットで食料の買い出し。

ンカタベイリロングウェ6


この辺りはあんまり治安がよくないって聞いてたけど、人はむしろンカタベイよりも
全然いい感じやし、好感が持てた。
やっぱりエセラスタマンは嫌いです。



あとはタバコのまとめ買いと明日乗るボーダー付近の村までのバスの乗車位置の
確認でこの日は終了。


ターミナル周辺だけしか知らないので何とも言われへんけど、
ここは首都っぽくないなぁ。




マラウィ最終日。
宿でまさかの水道が出ないという事態になり、この旅行で初めて
タライを使っての風呂になりました。



首都ですよね、ここ。



【マラウィタバコ情報】

インドから持って来てた安タバコが無くなりかけてたのでここで補充。
周辺国はどこも基本的にタバコが高い。
色々探しまわって、“2010”というたぶん世界で一番ダサいパッケージの
安ローカルタバコを見つけました。
ターミナル周辺のタバコ屋は買う前に試しに1本吸わせてくれたりして優しかった。
1箱350クワチャ(約82円)
味に我慢出来るなら大人買いしといた方がいいです。
ケープタウンに下るまででやはり最安でした。



【リロングウェ宿情報】★★★☆☆☆☆☆☆☆


“SAS Exective Lodge”

ンカタベイリロングウェ7

ンカタベイリロングウェ4


ツイン個室10USドル(約1,058円)/room/day。

シャワー(断水中の為不明)・トイレ共同、タオル有り、
ロッカー無し、A/C無し、ファン無し、朝食無し、洗濯手洗い可、
干し場無し、wifi無し、共有スペース有り、キッチン無し、
レストラン併設、


何がエグゼクティブなのか分からなかった。
言い値15ドルから。2人だと安く上がると思う。
アフリカの宿なのに珍しく蚊帳がなかった。蚊は少なかったけど。
ターミナル周辺には他にも宿があったので色々当たればよかったです。



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×29
世界遺産 ☆×55
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。