スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかん、シナイ半島は「渡航の延期をお勧めします」レベル@カイロ〜ダハブ[day455-456]


※約7ヶ月遅れの更新になります。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


当時のレート:1エジプトポンド=約16.9円


2014年12月6-7日(day455-456)



この日の夜行でカイロからダハブに向かいます。


南部のルクソールとかアスワンとか話聞いてたら行きたくなったけど、
方向が完全に逆なので断念。
やっぱりエジプトからアフリカ縦断したかったなぁ…。



旅行者の間で“恋するダハブ”と言われる都市伝説的な街。
どんなとこなんやろ??


でも…そこにたどり着くまでがなかなか大変なんです。



バスのチケットは前日に宿の近くのトルゴマーンバスターミナルで購入。
80ポンド(約1,355円)
ダハブに出してる会社は1つしかないっぽい。ターミナル入って右側のカウンター。
英語が出来る人がいて助かった。時刻表を書いてくれたので何気なく21時発のに
したけど、ノーマルバスやったみたい。
11時45分発のバスはいいバスで110ポンドらしいです。


もらったチケット、全てアラビア語…。
行き先どころか時間も何書いてるか分からない。
宿のオーナーイスラムさんに確認してもらって一安心。



宿で時間を潰してバスターミナルへ。
乗る前に荷物代1ポンド(約17円)が徴収されます。




さて、カイロからシナイ半島に向けて走るバス。
逆方向から来た人の話では検問の回数が半端無いらしい。
なんでもシナイ半島の情勢がISの影響で悪化してるみたい。


直前に外務省の安全性情報確認したら、シナイ半島は「渡航の延期をお勧めします」
レベルの場所ってことが分かった。



あ痛たたたたたた…、なんてこった!!



ご存知の通り外務省の安全性情報はレベルが4段階に分かれてる。
そして、旅行に出る前から自分の中で取り決めをしてた。


①「十分注意してください」→まぁ行く
②「渡航の是非を検討してください」→注意して行く
③「渡航の延期をお勧めします」→行かない
④「退避を勧告します。渡航を延期してください」→行くことを考えない


って感じで。



今までは一瞬通るぐらいのことはあってもレベル3以上は避けてました。
なのでシナイ半島がレベル3なのが本当に予想外。
確認してたつもりやったのに。
前見たときレベル2やった気がしたけど直前で上がった??
ダハブはレベル1なんやけどだいぶがっつり通るからなー。



もうしょうがない。ダハブまで無事で着くことを祈ろう。
バスは定刻に出発。


街を離れてだいぶたった時、聞いてた通り1回目の検問。
これは軽い検問でパスポートチェックぐらいで終わった。


もう半島に近づいてきたのかな。




そして夜中に差しかかったとき2回目の検問。
これはパスポートチェックのみならず、乗客全員がバスから降ろされた。
そして荷物とともに1列に並べられ警察犬のチェック。


さらに抜き打ち荷物検査。


2人が選抜され、めでたくご指名を賜りました(泣)。
ツーリスト自分だけやったからそら目立つよなぁ…。



軍人が3人見守る中で台の上に荷物を全部開けて広げる。
こういうとりに必ず執拗に見られるのが電気式のトラベルクッカー
友人からグアテマラに荷物を送ってもらったとき手に入れた武器。
コンセントさえあれば料理が出来てしまう優れものなんですが、見た目が確かに怪しい。
爆弾っぽい見た目してるし。


今まで荷物開けさせられたとき100%の確率で「これはなんだ!?」って聞かれます。
その度に鍋を広げて料理を作るジェスチャーをしなければならないのが辛い…。


それはまぁ分かってもらえるのですが、没収の憂き目にあったのが飲みかけの
ウォッカと醤油のビン。


開けて匂いチェックして確実にソレって分かってるのに没収。


ウォッカはまぁ仕事終わりに飲みたいんやろうな。
ムカつくけどまぁチップ代わりにあげてもいいや。
でも醤油は困る!!キッコーマンのを大事にちびちび使ってたのに!!



「これソイソースって分かりましたよね?なんで取られるんですか?」



って抵抗したけど「液体はダメだから」の一点張り。
そしたらみんなが飲んでる水とかジュースとか全部没収しろよ!!って思ったけど
無駄な抵抗なので進呈しました。


地域の安全のためにがんばっておられるのは分かるのでこれ以上怒るのはやめよう。



その後も進む度に検問検問。


結局ダハブに着くまで計5回の検問がありました(荷物検査は1回)。
こんなん寝れるか!!この間の夜行バスは寝られないと覚悟してください。


そして、ダハブまであと少しの地点(路上)で謎の乗り換え。
なんで?安いバスは乗り換えあるの??余計寝れません。



ほぼ睡眠無しの状態でダハブに到着。
色々不条理なことがあったけど、危険地帯を抜けてダハブに着けたことに感謝かな。
そこはほんまに。



話しかけてくれたエジプト人の好青年とタクシーをシェア。10ポンド(約170円)。
↑これ2人なら本来は1人5ポンドで行けます。
目当ての宿の近くに住んでるみたいで助かった。



さぁ、そんなこんなでダハブでの滞在がスタート。
なにかおもしろいことあればいいなー。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



訪れた国 ☆×37
世界遺産 ☆×59
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。