スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア上陸、イミグレが厳しい!@バリ〜ダーウィン(day61-62)

リアルタイムではついにイースター島上陸!
本土ではないけど初の南米。
タヒチではフランス語、ここではスペイン語。
もうわけが分かりませーん。

オーストラリア編は1豪ドル(93〜95円)換算で読んで下さい。


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月8日(day61)


自分達を乗せたエアアジアは夕暮れのダーウィンに到着。

ついに新大陸に上陸〜!
国としては8ヶ国目!

(イミグレ情報)
食べ物の持ち込みは噂通りものすごく厳しい!
入国時X線検査有り。
近くに居たアジア系家族は何か持ち込んで申告しなかったのが
バレたらしくカバンがっつり開けられ厳しく尋問を受けていた。
餞別にタカヤマからもらった梅干し、ウブドで食べといてよかった〜!
ほんまはずっと持ってたかったけど、ウブドでビンタンビールと共においしく
頂きました。ありがとう!
日本から持ってきた「本だし」や「鶏ガラスープの素」はヒヤヒヤしたけど
おとがめ無し。

書き忘れてたけど、バリの空港でのチェックイン時、オーストラリアからの出国航空券
提示はありませんでした(エアアジア)。

なぜにオーストラリア入りをダーウィンにしたか。

①旅友達のスザーンとロックランが住んでるから(旅行中で不在だが)
②バリから一番近い&安かったから
③この旅で行かないとたぶん2度と行かへんと思ったから
④オーストラリアのど真ん中を縦断したくなったから
⑤「ダーウィンが来た」を愛する視聴者として

日本にいるときはオーストラリアで何をするかなんか考えてなかった。
ただ漠然とコアラとか見るんかなー、と思ってただけ。
なんやったら1週間ぐらいでスルーしようと思ってた。

でも旅先での出会いやそこで得られた情報で旅のルートが定まった。
まさにツアーではない旅の醍醐味。
世界一周航空券買わんくてほんまによかったな〜と思う瞬間。

てなわけで通称「トップエンド」、ダーウィンからオーストラリアの旅スタート!


空港でエアポートシャトルを捕まえた。
マイクロバスに荷物用の車が牽引されている。
ホテル名を告げると目の前まで送ってくれる。

2人で2,600円。2人だと多少の割引があります。

お客さんがある程度集まると出発。

本日の宿は「ルマルマアパートメント」。
オーストラリアは物価が高くてどうしてもドミ生活になるとすれ違った先輩達に聞かされ
てたけど、慣れない土地で初っぱなからドミに泊まる勇気がなかったヘタレ夫です。

こっちで言うアパートメントはキッチン付きの部屋。

1泊8,300円ぐらい。1泊で。

はい。ウブドでの5泊分余裕で超えます。

事前に予約してたから知ってたけどキツい!!

街を歩くと色んな値段表示が目に入りますよね?

手始めにホテルの目の前にある何てことない庶民的な喫茶店。
ブレークファーストセット(トースト&コーヒー)が12ドル!

「・・・・・。」

ジャブどころかストレート&ボディ&アッパーな値段。
街中の飲食店でもメニューを見ると目が痛くなる。
とてもじゃないけど外で食べられへん!

ということで、自炊しかない!!

スーパーに移動。
値段はまぁまぁ、日本より高いものもあれば安いものもあるって感じ。総じて言うと
日本より高い。
卵1パック3.5ドルとか。

でも久しぶりの自炊、というかスーパーでの買い物、楽しい〜。
「何買う?」「あ、それちょっと高いわ!」「これむっちゃ安なってるやん!」
などなど。

テンションが上がる。

偶然入ったこのスーパーは「コールズ」というチェーン。
オーストラリアでは「ウールワース」と覇権を争っている。
自分達は断然コールズ派!
だってどう考えても安い。
その後も街にどちらもあれば絶対コールズ行った。

盛り上がって遅くなったのでこの日は宿帰ってスパゲティ作って食べた。
気軽に作れるからパスタはこの日から心の友になりました。

キッチン付きの宿にして良かった!
smileが言わないと自分は気づかなかったので危ないところだった。



2013年11月9日(day62)


この日こなさねばならないこと。

①YHA(ユースホステル)の会員になる
②カカドゥ国立公園の安いツアーを見つける
③メルボルンまで行くバスパスを買うこと
④できれば南米行きの航空券を探すこと

まず①。

オーストラリアに来る前に旅で会った先輩達に言われていたのが、
オーストラリアではYHAに泊まる機会が多いこと、そしてYHAメンバーなら移動や
宿泊など各種割引を受けられること。

そんなんあるんやったら入らなあかん!
というか、知ってる人はちゃーんと日本で作ってから旅立つらしい。

オーストラリアで作れるのか?

ダーウィンのYHA行ったら即時発行してくれました。
40ドル/pax。日本で作ったら2,500円。

不覚!

でも作れたから良かった。
後々、このカードの力を知ることになる。

次に②。

全く計画になかったが、ダーウィン来たなら行くべき場所らしいカカドゥ国立公園。
アボリジニの残した壁画があるところ、で世界遺産。
そう言えばテレビで見たことあるような…。

せっかくここ出発やから行っとこう、ということで安いツアーを
探して観光案内所へ。

安いツアー??

そんなんありません!!

というか1日ツアーが少ない。
どうやら1泊、2泊でゆっくり回るぐらい広大らしい。

結局色々見た結果、YHAに貼ってあったツアーが一番安かったので再びYHAに戻りその
ツアーを予約。

185ドル/pax。(割引前は205ドル/pax)

たっけーーーーー!!

しかし仕方がない。
YHA会員になったおかげで入会費の半分返ってきた。

翌日に空きがあってよかった。

次に③。

オーストラリアの真ん中を縦断してアデレードを経てメルボルンまで行くという行程を
漠然と考えていたので、お得だというグレイハウンド(バス会社)のバスパスを見に行くことに。

行ってみると、日曜日で休み。。。

日本にいると各種サービス業って土日がかきいれ時ですが、こっちの人は土日に
平気で休みます。
旅行会社であったりレストランであったり、図書館だったり…

「休みの日はあちらへどうぞ」と看板に書かれていた観光案内所のようなところで
話を聞いた。

結論からいくとメルボルン行きのバスパスは750ドル/pax(うろ覚えやけどもっと高かった
かも)もした。

頭がクラクラする。

タカスギナイデスカ??バスデスヨネ??

しかもエアーズロックへの中継地点アリススプリングス〜エアーズロックは運休中で
グレイハウンドは使えないことが判明。

意味ないやん!

意気消沈している自分達を見て、おばちゃんがあれこれパソコンで調べ始めてくれた。

すると、途中のアデレードまでならバスパスが405ドル/paxでいけるらしい。
距離の関係でメルボルンを含めると大幅に高くなるようだ。
(アデレード〜メルボルン間はLCCで100ドル以下で行ける)

また、出発を2日遅らせれば有名な大陸縦断鉄道、ザ・ガン号の一番安い席がとれて
さらに安くなるらしい。

ここは要相談ということで後でもう一回来ると告げ一時避難。

どうするか?

アデレードまでだとしても高すぎる気がする。
もちろんバスパスは3ヶ月ぐらい有効でタイムテーブルを見ると
アデレードまで自由に乗り降りできるところが40ヶ所ぐらいある。
(観光地かどうかは別にして)
だからフルに使う人にとっては安いんやろうと思う。

でも、自分達はアリススプリングスとアデレードでしか降りない。
ましてやエアーズロックまで行けない。

飛行機を調べてみた。
ここはLCC王国のオーストラリア、飛行機の方が安いかも!

…安くない。

というかダーウィン〜アリススプリングス、アリススプリングス〜アデレードは両方とも
LCC(ジェットスター、バージン、タイガー)が飛んでいない。

飛行機を使うと500ドル/paxは平気で超える。

大陸縦断鉄道は興味あるけどさらに2泊する宿泊代を考えると
やっぱりバスパスが安くなってしまう。

仕方ない(オーストラリアで100回以上言ったなこれ)。
アデレードまでのバスパスを購入。
ベトナムのシンで買って以来のバスパス。

唯一嬉しかったのがYHA会員だからこの料金であること。
50ドル/pax安くなってる。

と言うことでYHA会員になる費用2人で80ドルはその日中に
元が取れたのでした。

続いて④の南米航空券と行きたいところだが、それまでの作業で疲れたので本日はこれで終了。

翌日はカカドゥツアーで早いので。

あぁ、ダーウィンの街を楽しむ余裕がまるで無い。

スーパーだけは行って楽しんだけど。

今回は旅行記始めて初の写真無し。
載せられるような写真を撮ってなかった。。。


↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×8
世界遺産 ☆×11
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。