スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く価値あるか!?カカドゥ国立公園1日ツアー@ダーウィン

遅れに遅れている当ブログ。
書き方を忘れ、記憶も薄れていますが書いてみます。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月10日(day63)


AM6:00。
迎えのバスを待つ。来たバスは想像よりも大型のバス。
まずびっくりしたのがオーストラリアのツアーバスは運転手がガイドを兼ねている
ので運転しながら話しまくり。
日本なら運転手とは別にバスガイドが乗ってるのになぁ。

荒野を走りながら休憩ポイントへ。
オーストラリアのいわゆる“アウトバック”は街から街への距離が長過ぎるので
宿泊&キャンプ&休憩を兼ねた施設が荒野にポツンと建っている。
どれも特徴があっておもしろい。

ちなみにこんな写真が。
遊び心あるなぁ。これが本当か誰か試して欲しい(笑)

カカドゥ1



計4時間余りかけてカカドゥ国立公園到着。
入場料別途25豪ドル/pax。
期待していたカンガルーですが、この間全く見ず。
どこにでもいるわけではなさそうです。

カカドゥは見所がたくさんありそうですが、1日ツアーだと
限られています。

まずはそのうちの1つ、ノーランジーロック。
大昔のアボリジニの壁画が残っているそうな…

カカドゥ2


確かにテレビで見たような壁画が随所に点在している。

カカドゥ3

カカドゥ4

カカドゥ5

カカドゥ6


確かに歴史的価値はあるとは思うけど、背景が分からない
(ガイドの説明が理解できない)ので「こんなもんかな〜」
という感想しかない。正直ね。

こういった昔の壁画が残る環境ではあるんやろうけどあまりにも
鮮明に残りすぎてるような。。。

頑張って守っておられる方々すみません!

一通り見てノーランジーロック終了〜。

次は何かなー、と思ってたら昼食後どうやらイエローウォーターリバークルーズらしい。
動物好きな我々にとっては今日の一番の楽しみ。

でも…こんな昼間に?
確か朝夕じゃないと生き物が少ないって歩き方に書いてたけど…

カカドゥ7


…みんなで船に乗り込み出航。

昼下がりの時間、鳥たちも暇そう。
確かに色んな鳥が両サイドにいるが、平和そのもの。

カカドゥ8

カカドゥ9


ここのメインは人さえ襲うという獰猛なイリエワニ。

ガイドも必死で探すけどなかなか見つからず。
雨も降ってきてもう帰ろか、みたいな雰囲気。

でも、あきらめかけたその時!

遂にワニがスィーっと姿を現した!

カカドゥ10


その姿はまるで人食いワニに見えない小型のワニ。
一瞬姿を見せただけで泳ぎ去りました。

まぁ見られへんよりはいっか。

あとはアボリジニ資料館みたいなところに行ってツアー終了。

やっぱりあまり興味もないのに“世界遺産”というだけで行くのは
よくないなぁ、と再認識。第一、遺産に失礼ですね。

ただ、その後オーストラリア、NZでレンタカーを堪能した
今となってはレンタカーを借りて2泊とかで行けばおもしろかった
んやろうなーと思います。

ダーウィン到着後、残されていたミッション、南米までの航空券探しにwifiエリアへ。

スカイスキャナーで日付、出発地を変えながら検索。

あれ?ちょ…ちょっと待って!!??

全部20万円/pax越え。

日本で調べてたときは8万円代からあったのに。
でもよく考えたら調べてたのは11月やった。
11月後半から12月にかけてそんな値段の航空券はない。

高いとは思ってたけど高すぎる!

どうしよう??

どうしよう??

旅の予算への打撃が半端ない。

遠い日付だと20万円を切る航空券もある。

待つか…

でも物価が高いこの国だと待ってる間の滞在費が上回ってしまう。

思考が混乱し始める。

マレーシアまで戻って急遽西回りに変更するか…

いやいや、何の為に変則東回りにしたんや。
南米にシーズン合わせる為やろ。

ナシでは無いけどここまで来てそれはアカン気がする。

あ、そう言えば昔、オーストラリア→NZ→タヒチ→イースター島→サンティアゴって
ルートが旅人憧れのルートやったって聞いた気がする。

それまだ生きてんのかな?
どちみちイースター島行きたいし。

調べてみるとそのルートは25万弱。

お!

サンティアゴ〜イースター島往復で5万越えるし、シドニー〜クライストチャーチ往復で
3万ぐらいするし、それ+タヒチやったら直で20万より値打ちある気がする。。。

でも2人で50万かぁ…

すぐには決められへん。

酔っぱらいのアボリジニにも絡まれ始めたのでこの日はホテルに帰った。
でも明日のバスが出る前に決めなアカンなぁ。
早くも変則東回りの弊害が出始めた。。。

ちなみに余談ですが、人を襲うイリエワニは淡水海水両方行けるので
ダーウィンのビーチでは泳がないように!

ラオスで会った、オージーカップルとメールでやり取りしてたんですが、
こっちが何も言ってへんのにそのことを注意されました。

あと、ダーウィンにたくさんいるアボリジニは常に酔っぱらっててちょっと怖いです。
でも、オージーカップル曰く、政府が多額の慰謝料と引き換えに彼らを街の中心から
追い出した為、彼らはその慰謝料で働かずにアルコールばかりに走っているらしい。
そしてそれは大きな社会問題になってるとのこと。

酔って絡まれる意外は実害はないし、彼女も「恐れないで」と言っていたのであえて
遠ざけてはいなかったですが、夜中の一人歩きは一応注意しましょう!




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

訪れた国 ☆×8
世界遺産 ☆×12
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。