スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウントフィールド国立公園、そして車中泊…@タスマニア(day82)


※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年11月29日(day82)


MONA MUSEUMでおかしくなった頭を正常に戻すべく、
マウントフィールド国立公園へ向かうことに。

1時間ぐらいかけて到着。

MF1.jpg


タスマニアには多数の国立公園があり、3つ以上行けば“ナショナルパークホリデーパス”
を買った方がお得。

いくつ行けるか見当がつかなかったのでとりあえず買っておいた。
29豪ドル/pax(2,768円)。

ナショナルパークホリデーパス


パスはこんな感じ。車の前に置いとく。

既に15時前だったので人はまばら。

MF2.jpg


駐車場にあった車。
ここまで堂々としていると微笑ましい。

MF4.jpg


タスマニアでやっぱり見たいのは各種固有動物。

ビジターセンターでレンジャーのお姉さんにどんな動物が見られるか聞くと、
各動物のレア度を教えてくれた。

いっぱい見られたらいいんやけど。

MF3.jpg


ということでトレッキングスタート。

まずはラッセルフォール・ウォークを歩く。

※マウントフィールド国立公園はタスマニアで最も古い国立公園でユーカリ林、
冷温帯雨林、高山植物地帯まで多様な植生が見られる(“歩き方”参照)。

ラッセルフォールまでは苔むした冷温帯雨林と木生シダ。

MF5.jpg

MF6.jpg

MF7.jpg

MF8.jpg

MF12.jpg


感じとしては屋久島によく似ている。
倒れた木の上に新たな命が生えているとこや大木の切り株とかまさにそんな感じ。

木霊がいそうな雰囲気。

MF9.jpg


そして、木生シダ。
シダって山の道ばたに生えてる草みたいなやつを想像してたけど全然違う。
完全に木になってる。

MF10.jpg


木漏れ日がほんまに気持ちいい中を歩いて行くとラッセルフォール到着。

MF14.jpg

MF15.jpg


階段を登ると滝の上部。眺め良し。

MF16.jpg


さらに滝。

ここからさらにトールツリーウォークへ。

スワンプガムっていうめっちゃ高いまっすぐな木が立ってるエリア。

MF18.jpg

MF19.jpg

MF20.jpg


高すぎて写真に収まりきらへんし、見上げていると首が痛くなる(笑)。

そこ歩いてたら動物の気配!

ついに!見られました!

ワラビー!!

MF17.jpg


種類は分からんけど感動〜!

やっとまともに見れた。
コアラ見たときよりも嬉しかったかも。
タスマニアではこれ以降どこでも普通にいたんやけど、初回はやっぱりいい!

時間的にここで終わってもよかったけど、欲張ってレディバロンフォールズ
サーキットへ。

※オーストラリアでよく出て来る“サーキット”はぐるっと1周回れるコースのこと。

ここは木生シダの林。

MF23.jpg

MF11.jpg

MF13.jpg


陽が陰ってきて暗くなってきたのもあるけど鬱蒼と繁っているシダ林を歩いているとほんまに恐竜が出てきそうな雰囲気。

MF24.jpg


倒れたシダの断面図。
これ見ると木とは違うんやなーって思う。

湿気が濃いのかコケが目立つ。

MF215.jpg

MF21.jpg


帰り際に現れたハリモグラ君。

MF22.jpg

ちょっと後を追ってみたらガサゴソ穴を掘る感じで停止。
本人は隠れてるつもり(笑)。

ほんまは急速に穴掘って隠れるみたいやけど、こいつはおっちょこちょいなのか頭以外
完全に見えてた。かわいい!

MF25.jpg


最後はユーカリ林を抜けてビジターセンターに戻った。

MF26.jpg


最後の最後でまたワラビー。

ゆっくり写真撮って回ったら2時間半ぐらいかな。
マイナスイオンがっつり吸い込めてめっちゃ気持ちよかった。

タスマニアで時間取れない人もMONAとマウントフィールドは日帰りで全然行けるし
お薦めコースです。レンタカーは必須やけど。

さぁ、完全に1日満足した…。

MF27.jpg

MF28.jpg

出たところのタスマニア〜な景色。

あとせなあかんのは本日の宿探し。
検索しても道中に安宿は全然見つからへんし出たとこ勝負と思ってたけどやっぱり
全然見つからへん。

宿はたくさんあるんですよ。
安いところが無いだけで。

B&Bやモーテルを当たってみたけど全部予算オーバー。
キャンプ場はすでに受付が閉まってた。

一番安くて55豪ドル/paxのモーテル。
ニューノーフォークの村で見つけた。
値引き交渉したら、「話にならへん」みたいな感じですぐに奥に引っ込みやがった。

どうしよう?

これはもうしょうがない。

車中泊決定!

そう決めたら進めるだけ進もうということで地図見ながらなるべく大きくて、
かつ、車停めやすそうな村を目指した。

たどり着いたOatlands(オートランド?)の公衆トイレの前のスペースが明かりもあってよさそうだったのでそこで寝ることに。

残りのオニギリをほおばって寝た。

夏のオーストラリア、全然いけると思いきや、やはり緯度が高いタスマニア。

ダウンなど持ってる冬服フル装備で就寝。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×8
世界遺産 ☆×14
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。