スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドレンタカーの旅③ついに警察のお世話に…@クイーンズタウン〜テ・アナウ(day92)

※7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月9日(day92)


クイーンズタウンは1泊だけで次にテ・アナウに向かいます。
この日は336kmの行程。

その前に午前中にクイーンズタウンを散歩。

宿の目の前がワカティプ湖なのですぐ行ける。



qtown1.jpg


qtown2.jpg


qtown3.jpg



qtown4.jpg



ここはここで眺望抜群!

テカポとかプカキに比べると青いんやけど透明な青という感じ。

朝早くからジェットボートがガンガン攻めてる。

港にある巨大キウイ。



qtown7.jpg



街には小洒落たカフェがあったり“Ice bar”があったりカジノがあったり…で
まだまだ楽しめそうな街でした。



qtown8.jpg



qtown6.jpg



qtown5.jpg




ここの湖の名物な鳥がこの“スズガモ”。


qtown9.jpg



普通カモと言えばのんびり水面に浮いて水草とか食べてるけど、
こいつは違う。


水深8mまで潜水して魚を捕まえるという異色なカモ。

こいつが潜って浮いてをずっと眺めてた。


こういうのずっと見てられる(笑)


そしてテ・アナウへ。


このワカティプ湖沿いをずーっと下ってく。

NZに来てびっくりしたのがキャンピングカーの数。
ほとんどレンタカー。

もちろんラリアにもキャンピングカー借りてる人結構いたけどNZはその割合が違う。
自分らみたいに普通車借りてる人の方が少ないかもしれへん。
道でキャンピングカー5台連続とか普通の光景。

結構よぼよぼなおじいちゃんおばあちゃん(失礼)でも借りてたし次は
チャレンジしてみたいなー。

途中ヒッチハイクしてる日本人らしきバックパッカーをよそ見してたら道を間違えた。
切り返すスペースもしばらく無い。
どうしよー、と思ってたらちょっと遠回りになるけど結局本来行くべき道に合流する
ことが分かったのでそのまま行くことに。


これが運命の分かれ道だった…



すぐ先にあった名も知らない村で公衆トイレに立ち寄ろうと車を路肩に寄せたんです。
すると陰から1台のパトカーがこっちに向かって来て後ろに停まった。


「おれらのとこ来た。職質かな?」



と思ってたら降りてきた婦人警官(おばちゃん)に「Over speed」と言われた。


ちょっと待って!村の中50kmなん知ってるし注意して走ってたよ!


「確かに注意して走ってたわね。でも100km標識の手前で
スピードが上がってたのよ。」


見せられた機械では12kmオーバーの表示。


NZでは普通の道は制限速度100km、村に入ると途端に50kmになる。
そして村の出口でまた100kmになる。
50km標識の100m先に100km標識があるのはザラだ。

ここもそうやった。


確かに直前に50km標識あるけど、もうすぐ50mもないところに100kmの標識がある。


それまで50kmで走ってて100kmになった瞬間アクセルベタ踏みで
100kmまで上げるやついる?

ちょっと加速気味で行くでしょう!?

確かにレンタカー借りて始めはそうしてたよ?

でも後ろからバンバンクラクション鳴らされる身にもなってよ!

その区間で張ってるなんか、それはやらしいっすよ!

他の車の陰に隠れてコソコソさー!

村の入り口で減速しーひん車狙えよ!

出口はないわ!出口は。

その方が村人にとって安心やし安全でしょ!


日本でもそういう取り締まり多いねん。何て言うか教えたろうか?

“ネズミ捕り”って言うんやで…

と言える語学力はもちろん無く…
何を言っても規則を守らなかったのはこちらなので渋々キップを受け取った(泣)



qtown15.jpg




でも「not too expensive for you」と言われて手渡されたキップには84NZドルの罰金表示。


どうやって払うの?って聞くとご丁寧にオンラインで払えるらしい。

クレジット払いで。

進んでますな〜、日本もそうしたらいいのに。

※ちなみに少なくともNZでの違反は日本の点数には反映されないようです。

自分を捕まえた後にも隠れるパトカー。



qtown13.jpg



qtown14.jpg



ほんまに日本と一緒ですね。

テ・アナウにはゆっくり行っても夕方前に到着。
ここでは素直にユースに宿泊。

安くでミルフォードサウンドクルーズの予約したかったし。
これまでの街でもいくつかクルーズ船のフライヤーとか置いてあったけど
近くまで来ればもっと安いの見つかるかなー、と思って。

実際ありました。
ここに来るまで全く見たことない会社が。しかも一番安い。
そしてネットに情報が全然出ていない。


嬉しい反面、逆に「何で?」という気になる。
この気持ち、旅してる人はみんなそうやと思うけど。


YHAのスタッフに聞くと「別にどこも変わらないし安いからおすすめだよ」
と言うので信じて申し込んだ。


会社は“Go Orange!”
値段は50NZドル(4,188円)/pax(デイクルーズ)。
他よりも5〜15ドルぐらい安かったかな。

船の出航時間に寄っても値段が違う。
レンタカーなら辛くても早起きして朝一の船狙いがベスト!
一番安いし。

天気重要かなーと思って日程を悩んでたけど、YHAスタッフの
「僕は雨の日をおすすめするよ。滝の本数も水量も増えるからね」と言われたので、
どっちに転んでもいっかということで翌日のを申し込んだ。

そもそも天気はめっちゃ不安定で読めないそうですが。

22時過ぎてもまだ外が明るいし寒い。
さすが南極に近いだけあるなー。


【テ・アナウ宿情報】★★★★★★★☆☆☆おすすめ

“Te Anau YHA”

10人ドミ:2段ベッド(27NZドル/pax)、ユース会員のみwifi無料、
タオル無し、共同シャワー(数十分)、キッチン有り、
共有スペース屋内外広い、駐車場有り、手洗い洗濯可、干し場有り

非常に清潔なYHA。たまたまかもしれないが年齢層も高めで、
次の日トレッキングなど朝早い人が多いので夜静か。
キッチンが広くて使いやすい。
庭が広くて気持ちがいい。NZのYHAはwifiが無料(会員のみだが)。
ラリアのYHAも見習って欲しい。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×9
世界遺産 ☆×16
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。