スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドレンタカーの旅④地理で学んだフィヨルド@ミルフォードサウンド(day93)

※7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月10日(day93)


朝一のクルーズ船に乗る為に5時に出発。
のんびり行って3時間かからないぐらいの道のり。


早く着き過ぎて船のオフィスはまだ開いていなかった。


外で待っていると小さい虫がまとわりついてくる。


悪名高い“サンドフライ”


ブヨぐらいの虫で刺されると痛くてめっちゃ痒いという最悪の虫。

NZのドラッグストアとかではどこでもこいつ除けのスプレーが売っている。


でも高い。1,000円以上する。


手が出ず、インドネシアの虫除けでいっか、と思っていた我々にテ・アナウの
YHAで出会った、オークランド留学中のケイタ君が「もう使わないので」
とスプレーをくれた。


ケイタ君、その節はありがとう!!


スプレーの効果はてきめん!!

おかげで刺されずに済んだよ。お礼が遅くなって申し訳ない!



sound1.jpg



オフィスが開いたのでチェックイン。
“Go Orange!”もちゃんとオフィスを構えてた。



sound2.jpg



定刻出船。



sound4.jpg



隣の船は値段が高かったやつ。さすがに豪勢。



sound3.jpg


他はあんまりサイズ変わらへん感じ。



ミルフォードサウンドはフィヨルドランド国立公園の一部。


世界遺産にもなっている。


“フィヨルド”

氷河が削った地形。地理の勉強で必ず出てくる単語。
有名なのは北欧にあるやつやったと記憶してるけど初めて見られるので楽しみ。



以下写真中心で書きます。

のっけから滝滝滝。


sound5.jpg



sound6.jpg



sound8.jpg



sound12.jpg



全て○○滝って名前がついてるけど忘れてしまった。


断崖から直接落ちてくるのでどこが水源か分からへん。不思議。

雲が断崖にかかってて幻想的な雰囲気。


sound10.jpg



sound9.jpg



sound7.jpg



これぞフィヨルド!なんかな??


伊勢エビ?ロブスター?を捕る仕掛けを引き上げる。


sound11.jpg



今日は取れなかったようだ。
運が良ければかかってるらしいが、捕れたエビをどうするかは不明。

みんな期待感MAXで船縁に押しかけていたが取れてへんって分かった瞬間
サーっと散って行った笑


オットセイのコロニー。
人生初の野生な海の獣やったからここは興奮した。



sound13.jpg



sound14.jpg



sound15.jpg




メインは滝への突っ込み



sound16.jpg



寒いのにめっちゃ濡れる。


でも一番前に行ってしまうねんなー。



sound17.jpg



sound18.jpg



sound19.jpg



sound22.jpg



自分らの後の船が突っ込んでるところ。



sound20.jpg



sound21.jpg



リーズナブルで小型の船は突っ込めるけど、高級な大型船は小回りがきかへんから
突っ込まへんらしい。


崖を真下から眺めた図。



sound23.jpg



sound24.jpg




自分、崖好きかもしれへん。フィヨルドの全体像よりどーんと立ってる
崖の方が興奮する。


これは後からさらに感じることになる。


クルーズ自体は1時間半強で終了。



sound25.jpg


感想は、正直「これがフィヨルドかー…」というモノでした。
もうひとつ迫ってくるものが無かったかな。


ま、教科書上のモノを体感できたのは面白かった。


(特に南米にも合わせて行く人へ)
アシカ→南米でも見られる
伊勢エビ→どこでも見られる
滝→どこでも見られる
滝への突っ込み→イグアスでもっと激しく突っ込める


フィヨルドに興味があり、かつ、クルーズで見たいって人にはいいかも。


マウントクック削るならここ削った方がいいと思います。


天気がもひとつやったからかな。


スカッと晴れもせず、大雨で滝がガンガン流れてる訳でもなくただ曇り、みたいな。

と、いうことにしとこ。


船を降りてから撮ったフィヨルド。



sound26.jpg




おかしいなー。



船に乗って見たやつより良く見える(笑)



クルーズしーひんくてよかったんちゃうかな。。。



なーんかモヤモヤしながら帰路についたけど、度肝抜かれる光景が待ち受けていた。



“The絶壁”がどーーーーん!!!



sound30.jpg



sound31.jpg



sound33.jpg



sound32.jpg




トンネルがあって一通なので信号待ちしないといけないのですが、
そのトンネル付近に見たことも無い直立した崖があった。


これまた水源が謎な滝がいくつも流れている。

これにはまいった!


崖に惚れてしまいました(笑)

信号待ち結構長いけど何回もスルーして見とれてしまった。

正直ミルフォードサウンドよりこの崖が良かったなー。

帰りは行きにスルーしたハイキングコースをせっかくやから散策しながら帰った。


“The Chasm”(ザ・キャズム)



sound27.jpg



sound28.jpg



sound29.jpg




原生林と穴がボコボコ開いてる滝を見るコース。

ケイタ君が見たって言ってたNZ固有の鳥、ケアが見られると思ったけど
この日はいーひんかった。残念。


“Mirror Lake”

たぶん世界中にミラーレイクってあると思うけど、その中の1つ。
湖面に写って読めるように看板が反転してる。
笑ってしまうぐらいミラーじゃなかったけど。


sound34.jpg


sound35.jpg



というような、ミルフォードロードを通ってまたテ・アナウに帰りました。

ミルフォードサウンドはたぶんもう来ーひんと思うけど、近くにある“世界一美しい
トラック”って言われてる“ミルフォードトラック”はいつかトレッキングしに来たいなー。


【ミルフォードサウンドクルーズ船情報】

“Go Orange!”

文中にも書いたけど一番最安のクルーズ会社。
船もキレイで他と遜色ない上に、クルーズ時間が他社よりも15分〜20分長かった。
コーヒーとサンドイッチ付き。
新興の会社やから情報があんまりないのかも。
テ・アナウに着くまでフライヤーは見かけなかった。
安く行くなら絶対朝一です!(どの会社でも)



↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×9
世界遺産 ☆×17 テ・ワヒポウナム(ミルフォードサウンド含む)追加
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。