スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドレンタカーの旅⑨フランツジョセフ〜アーサーズパス(day99)

※約7ヶ月遅れの更新になります。

※スマホ版は写真がズレるという現象が発生しております。見にくいですがその場合はPC版に切り替えてご覧頂ければ幸いです。


2013年12月16日(day99)



無料の氷河を楽しんだフランツジョセフ、フォックスを後にして次に向かうは
アーサーズパス。

特に目的がある訳じゃないけどクライストチャーチへの中継点。

道のりはこれまで最長の620km。

序盤はこれまでと違って海沿いを走っていく。


オットセイとかアシカとか見られる“かもしれない”海岸はあったけど
時間がないのでスルー。
もっと北まで行けばたくさんいるらしいけど。


だいぶ北上してから、次は山越え。
グネグネ道をだいぶ時間かけてアーサーズパス到着。



アーサーズ3



アーサーズ6


既に夕方前。


ここでもYHA、“Mountain House”にチェックイン。


アーサーズパスは山に囲まれた村、と言っても人が生活している感が
全然無い。


しーーーーーーーーん、としている。


宿泊している人も寡黙な雰囲気な人が多いし、設備もいい感じにレトロで
何十年前にタイムスリップしたみたい。


何かこの感じ、好きやわー。


雨が上がったので辺りを散策。


うーん、人気がない。時間が止まっている。
たまに車が通り過ぎると、「あぁ止まってない」って感じる。


駅があったので行ってみることに。
ちょうど電車が停まってた。

“KIWI RAIL”



アーサーズ4



アーサーズ5




後で“歩き方”みたら、クライストチャーチとグレイマウス間を結んでるらしい。


クライストチャーチから日帰りで来られるそうな。
ただ、電車にも駅にも人気はなく、貨物車やったみたい。


その人気の無い駅に潜入してみた。



アーサーズ7


電車停まってるのに駅員さんとか誰もおらず。

でも駅舎は入れた。

そこの天井にあった地図。



アーサーズ8



そしてNZジョーク。
不覚にも笑ってしまった。。。



アーサーズ9



ここベンチとかあるし、もし夜も解放されているなら泊まれると思います。

まぁいいや。


どうしてもバスとか飛行機とか車とかの移動になってしまうけど、
電車での旅もしてみたい!


この旅だけじゃなくて日本でも新幹線以外ほとんど乗らへんもんなー。


でもやっぱり絵になるもん、電車!!


鉄っちゃんではないけど、みんな少なからず電車に乗りたいって思ってるはず。
そうじゃなかったら“世界の車窓から”があんな長寿番組になってへんやろうし。


“マレー鉄道”や“ザ・ガン”に乗り損ねたので特にそう思うんかもしらんけど。


駅から引き返して歩いていると、遠くにヒョコッヒョコッと歩く物体が。



アーサーズ10



むむ、何あれ??





近づいてみるとなんと“ケア”!
(NZ固有の鳥でNZ唯一のオウム)




アーサーズ11



アーサーズ12




こんなところで見られるとは!!

一見地味やけど全体的に緑のグラデーションで渋い色をしている。


ヒョコッヒョコッと近づいてくる。


あぁ、こうされたらエサやりたい衝動が止まらへん。
いつもネコにエサやってsmileに怒られんねんなー。


しかーーーし!


NZにはケアにエサをやってはいけない明確な決まりがある。

なんでも一度エサをもらってしまうとそれに慣れて自然界でエサを捕らなくなり、
やがて餓死してしまうらしい。


よかれと思っても絶対アカン!


心を鬼にしてエサはやらない!


ただ、こいつ、ネコとかみたいにがっつりすり寄ってくる訳じゃなくて、
ある程度近くまで来たらプイッと横向いて地面とか蹴り出す仕草をしやがる。


「どうせ僕エサもらえないんでしょー?あーあ、でもお腹減ったなぁ…」


的な。


うぅ、心の声が聞こえる。


あかんねん、お前が死んでまうねん、分かってくれ…


と伝わる可能性ゼロのテレパシーを送って別れた。


なんとも切ない感じがしたが、次の日この村がケアにやりたい放題されている
ことを知るのである…。



【アーサーズパス安宿情報】★★★★★★★☆☆☆山小屋感Good!

“YHA Mountain House”(マウンテンハウス)”



アーサーズ1



アーサーズ2



7人ドミ:2段&平置きベッド(26.5NZドル/pax)、ユース会員のみwifi無料、
タオル無し、共同シャワー、キッチン有り、手洗い洗濯可、干し場有り、
駐車場有り、謎だが日本語書籍多数有り、

キッチン広い、冷蔵庫大きい、ただ、村にスーパーは無いので手前の大きい街で
食料は仕入れていく方がいい。

何とも静かな雰囲気で心が休まる。

なんと、本棚に日本の小説が5,6冊あった。エクスチェンジはしてないと
注意書きがあるが、管理人に頼んだらさせてくれた。

シャワーが若干使いにくいのとドミ部屋に荷物スペースがあまりないので7点。
でもかなり好きな宿です。




↓ブログランキングに参加しています↓
↓応援してもいい!と思われた方、下の日の丸をクリックしてください!↓
↓開くページが完全に読み込んだ時点で順位があがるみたいです↓


↓↓ここをクリック♪↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


訪れた国 ☆×9
世界遺産 ☆×17
関連記事

テーマ世界一周 ジャンル旅行
Comments


検索フォーム
プロフィール

310

Author:310
310
性別:男(夫)
年齢:33歳
前職:MR

smile
性別:女(妻)
年齢:34歳
前職:薬剤師

2013年8月に夫婦で仕事を辞め世界一周に挑戦します。
期間は1年半を予定してます。

ランキング
アクセスカウンター

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。